不動産業界の定着率向上に電話代行が役立つ?

更新日:2023.03.06電話代行

不動産業界の定着率向上に電話代行が役立つ?

近年の不動産業界は、離職率の高さもあり多くの会社で人手不足が深刻です。その背景には、業務の忙しさや競合他社の多さがあるといわれています。これらの原因にもとづく人手不足を解消するには、労働環境の改善により従業員の会社への定着率を向上する必要があるでしょう。そこで今回は、不動産業界の定着率向上に有効な対策や電話代行を活用するメリットについてご紹介します

不動産業界の現状

不動産業界の現状

現在、不動産業界は深刻な人手不足に見舞われている状況です。業界全体で人手が足りない原因としては、離職率の高さが挙げられます。以下では、不動産業界の人手不足や離職率に関する現状についてご紹介します

深刻な人手不足

近年の実態調査によると、不動産業界は約9割が「人材が足りない」と回答するほど人手不足が深刻です。企業の人材不足については、2019年にネット関連のサービスを提供している会社がアンケート調査を実施しています。まず業種を問わず「現在、人材が不足している部門はあるか?」と聞いたところ、「ある」との回答は89%でした。

さらに「ある」との回答を業種別に見た場合、「不動産・建設関連」は「IT・情報処理・インターネット関連」「メーカー」と並んで91%に達しています。この数値は、業種別の回答ではトップの割合です。実態調査で「人材不足」との回答が9割を超え、他業種に比べて高い割合を示していることから、現在の不動産業界は深刻な人手不足の状況にあると判断できます。

高い離職率

企業の雇用動向に関する調査によれば、ここ数年の不動産業界は離職率が1割を超えている状況です。雇用動向の調査は、厚生労働省が実施しています。同省発表の「雇用動向調査結果の概要」を見ると、不動産業界の離職率は2018年に13.7%でした。2019年は15.1%、2020年は14.8%と3年にわたり1割超の結果です。

この調査で2020年に不動産業界より離職率が高かった業種は、「宿泊・飲食サービス業(26.9%)」「サービス業(19.3%)」「生活関連サービス・娯楽業(18.4%)」「教育・学習支援業(15.6%)」の4つです。宿泊・飲食サービス業に比べると、不動産業界の離職率は半分ほどの数値にとどまっています。ただし、ここ3年は全体の5~6番目と上位に位置し、離職率は比較的に高いと認識されています。

離職率が高い原因

離職率が高い原因

不動産業界の離職率が高い原因は、営業職を中心に業務が忙しいためです。競合他社が多いうえ、作業のIT化が進んでいないことも一因といわれています。以下では、これらの主要原因についてご紹介します

業務が忙しい

不動産業界の営業職を中心とした業務の忙しさは、業界内の離職率を高めている大きな原因です。不動産関係の業者は、会社の規模や事業内容により忙しさが異なります。また、同じ会社でも部署ごとに業務内容は差異があり、すべての従業員が離職を考えるほど多忙というわけではありません。

それでも営業職は、多くの会社において激務に追われています。営業職が他の職種より多忙になりやすい理由は、たいていの職場で簡単には達成できないノルマを課されるためです。また、飛び込み営業やテレアポに力を入れている職場も珍しくなく、営業職は普段から忙しく動き回っているケースが多く見られます。

競合他社が多い

競合他社の多さも、不動産業界の離職率が高くなっている主要原因の1例です。現在、不動産関係では多くの会社が運営しています。不動産流通推進センターが発表した「2021不動産業統計集」によると、金融業・保険業を除く業種のうち不動産業の会社が占める割合は12.3%です。

さらに同業界の会社数は、ここ数年の間に増加しました。多くの会社では、業界内で生き残るため、これまで以上に不動産売買や賃貸物件の契約件数を伸ばす必要が生じています。営業職も例外でなく、ノルマは厳しさを増し、より一層多忙になったことが高い離職率につながっています。

進まない作業のIT化

不動産業界で全体的に作業のIT化が進んでいない状況も、離職率が低くならない一因です。多くの不動産会社は、現在も膨大な不動産情報のデータ入力や契約関係の書類作成を手作業で処理しています。また、会社間の情報交換にFAXを使用している職場も少なくありません。

業務全般がIT化されず手作業で処理されている職場は、個々の作業を効率的に進めることが難しくなっています。いずれの作業にも多くの時間と労力がかかり、残業が避けにくい状況です。そのため営業職に限らず業務負担は重くなりやすく、離職率が低下しない事態を招いていると指摘されています。従業員の業務負担を軽減して会社への定着率を向上するには、労働環境の改善が不可欠と考えられます。

定着率を向上するための対策

定着率を向上するための対策

不動産業界が従業員の定着率を向上する対策として、職場におけるIT化の推進は効果的です。従業員の負担を軽減する場合、電話代行を活用する方法もあります。以下では、それぞれの対策がもたらすメリットなどをご紹介します

職場におけるIT化の推進

不動産会社の職場におけるIT化の推進は労働環境の改善につながり、会社への定着率の向上に有効です。不動産情報の入力作業や契約関係の書類作成がIT化された場合、すべて手作業で処理するのに比べると作業時間は大幅に短縮できます。業務全般に多くの時間がかからなくなれば、残業時間を減らせます。

また、データ入力や書類作成のIT化は、人為的なミスの防止にも有効です。業務上のミスの減少は、作業スピードを速めるだけでなくミスに伴うトラブルを避けるのにも効果があります。業務効率が上がり残業やトラブルが減れば、従業員の負担は軽くなり定着率の向上に結びつくでしょう。

電話代行の活用

電話代行の活用は、職場に電話がかかってきた時に従業員が着信を気にせず本来の担当業務に専念しやすくなる方法です。不動産会社には、多くの企業や学校が休みになる週末や祝日に顧客から多くの電話が寄せられます。人手の少ない職場では、従業員が着信を受けるために本来の業務を止める場面が目につきます。

その際、電話代行を活用すると、着信対応を代行業者に一任することが可能です。不動産会社の従業員は着信があっても作業の手を止めずに済み、本来の担当業務に専念しやすくなります。週末をはじめ、電話が殺到する曜日・時間帯に着信対応を電話代行に任せた場合も、従業員の業務負担は軽減され会社への定着率向上を期待できます。

「不動産専門 電話代行」の特長

電話代行サービス株式会社が提供する「不動産専門 電話代行」は、不動産関係に特化したサービスです。当サービスでは、不動産業務の基本的な知識を身につけたオペレーターが電話対応を担当します。業界用語にも慣れており、不動産情報や賃貸物件の空室状況を適切な表現でご案内できます。

また、必要があれば、24時間・365日の電話対応も選択可能です。賃貸物件では突然のトラブルに見舞われることもありますが、このオプションサービスを選んでおけば夜間の緊急連絡にも迅速に対応できます。応答率は98%以上であり、着信の取りこぼしによりビジネスチャンスを逃す心配はありません。さらに弊社のオペレーターは、常にビジネスマナーをふまえた親切・丁寧な電話対応を心がけているので、貴社の信頼度アップにも貢献できます。

貴社の電話対応の体制を整えて従業員の業務負担を減らし定着率向上につなげたいとお考えであれば、ぜひ弊社サービスの活用をご検討ください。

不動産専門|電話代行

この記事を読まれている方へのオススメ

>>優秀な社員の離職を防ごう!離職兆候を見ぬく方法
>>エグジットインタビューで離職率低下を目指そう!
>>減らない若者の早期離職。食い止める方法は?

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ