副業の電話対応は難しい?信頼を失わない方法

2022.09.20 更新日:2022.09.27電話代行

副業の電話対応で信頼を失わない方法

個人的に副業する際、本業と同じく電話対応が必要になる場面は多く見られます。そのため、電話の受付体制を整えるため副業用に電話番号の取得を考えている方は少なくないでしょう。ただ、新たに番号を取得しても業務が忙しくなると、十分に電話対応できない可能性があります。この問題を解消するには電話代行がおすすめです。そこで今回は、電話番号を取得する方法や費用相場、副業で電話対応する難しさや電話代行を活用する効果などをご紹介します

電話番号の取得方法

電話番号の取得方法

現在、副業で電話番号を取得する方法は、主に固定電話の設置携帯電話の契約IP電話の導入の3種類です。それぞれ、番号を取得する時にかかる費用相場は多少の違いが見られます。

固定電話の設置

固定電話の設置は、副業用の電話番号を取得する代表的な方法です。お客様や取引先からの信頼を得るのに大きな効果を発揮することが期待できます。

副業の場合、自宅を仕事場に使うケースは多く見られます。すでに固定電話があるなら、追加費用を支払えば新しい電話番号が取得可能です。新規に設置する場合、別途工事する必要があります。

費用相場(いずれも税込)は、NTTから購入する電話加入権39,600円、電話回線の契約料880円、工事費用11,000円です。これらの他に、月々の基本利用料2,000円や通話料が発生します。固定電話を設置する大きなメリットは、信頼性の高さです。副業でも一定の資金力などがあると見なされ、契約を取りやすくなるといわれています。

携帯電話の契約

スマホの普及もあり、副業用に携帯電話を契約する人が増えました。最近は格安サービスが多くなったため、サービスを利用して出費を抑えることができます。携帯電話は、すぐに入手することができます。利用中の器体が故障した時なども、とくに機種にこだわらなければ即日で新しいものを購入できます。

副業用に2台目を新規契約する場合、端末代と月々の利用料が発生します。昔と異なり近年は無料プランが見当たらないため、安価な機種でも購入費は10,000円ほど必要でしょう。月額利用料の目安は、かけ放題プランで3,000円前後と見られています。

仕事で携帯電話を別途用意するメリットは、プライベートの連絡先と明確に区別できるところです。個人的な内容の電話を、仕事の取引先に間違ってかけてしまうトラブルも防ぎやすくなります。

IP電話の導入

固定電話の設置や携帯電話の契約以外に、IP電話を導入する方法もあります。IP電話は、インターネット回線を利用するタイプの電話です。ここ数年で、国内の通信環境が整備され、全国各地でインターネットへのアクセスが可能になりました。自宅で副業を行う際に、ネット回線がつながる状況であればIP電話を使えます。

ネット契約が済んでいる場合、新しい電話番号の取得にかかる工事費の相場は2,000円前後です。IP電話の導入後は月々の基本料金が500円ほど発生し、別途で通話料が必要になります。固定電話や携帯電話に比べると、IP電話は価格の安さが大きなメリットです。起業時など資金繰りが厳しい時は、コスト負担の軽減に役立つでしょう。

電話番号の取得に伴うデメリット

電話番号の取得に伴うデメリット

副業用に電話番号を取得した後に、頭を悩ませる主なデメリットは、スムーズに電話対応する難しさです。さまざまな業務を抱えると各作業をバランスよく進めるのは簡単ではなく、電話の利用料金などが高くなる恐れもあります。

スムーズに電話対応する難しさ

副業する場合、スムーズな電話対応が大きな課題となる場合があります。他の業務に追われて着信を取りこぼすと、ビジネスチャンスの喪失につながります。本業と並行しながら副業を始めると、初めのころは副業の作業を一通り自分で担当するしかありません。普段の職場と異なり、周りに手伝ってもらえないため、本業より副業の方が忙しくなるかもしれません。

すべての業務を1人で進めている場合、せっかく副業用に電話番号を取得しても、人手不足で電話対応は後回しになってしまうこともあります。副業を始めると多忙となり、スムーズに電話対応できないとの声は多く聞かれます。商品の注文や契約関係の電話を受けられないケースも見られ、着信対応の遅れからビジネスチャンスを逃す事態も生じています。

各作業をバランスよく進めにくい

副業の業務すべてを1人で処理していると、それぞれの作業をバランスよく進めるのも困難です。個人的な副業も、一定の成果を上げるにはお客様や取引先との信頼関係の構築が欠かせません。本業と同じく、あらゆる業務で手は抜けないでしょう。電話対応も、適切に処理することが求められます。

ただ他の業務を進めている時に着信を受けると、作業の手は止まります。また作業を継続すると、電話には出られません。自分1人で副業する時に電話対応と他の業務を同時進行するのは難しく、どちらかを後回しにするのが普通です。とくに急ぎの作業に追われていると電話対応は遅れる傾向にあり、バランスよく進めにくい状況が目につきます。

電話の利用料金が高くなる恐れも

副業で新たに電話番号を取得すると、現在の通信環境や契約内容によっては利用料金などが予想以上に高くなる恐れもあります。最近はスマホが普及した影響もあり、個人で固定電話を契約していないケースは珍しくありません。副業のため新たに設置すると追加費用だけでは済まず、電話機の購入や回線の引き込み工事が不可欠です。

携帯電話やIP電話は、固定電話に比べると導入費用を抑えやすいでしょう。とはいえ契約プランの内容は多様であり、必要性を考慮せず不用意に選ぶと余計な出費が増えるかもしれません。少しでもコスト負担を軽減するなら、どのプランを契約するか慎重に検討する必要があると考えられます。

副業での信頼獲得に電話代行

副業での信頼獲得に電話代行

電話代行は、副業での信頼獲得に効果のあるサービスです。仕事関係の電話がつながりやすくなり、比較的にリーズナブルな料金設定でビジネスチャンスの拡大にも貢献できます。

電話がつながりやすい

一般的に電話代行は、電話がつながりやすくなるところが特徴的です。副業でも、仕事関係の連絡が入った時にスムーズな着信対応を実現できます。電話代行のオペレーターは、着信があればいつでも速やかに受け付けます。その他の作業に追われ、応対業務が遅れる心配はありません。

どんな用件でも迅速かつ的確な電話対応を心がけていることも魅力のひとつです。急ぎの連絡が入った時も、お客様や取引先を電話口で長く待たせずに済みます。好感度アップや信頼獲得に大きな効果を発揮するでしょう。

料金設定はリーズナブル

電話代行の料金は、リーズナブルな設定が多く見られます。コスト面に不安がある時、少しでも出費を抑えるのに役立ちます。最近は、あまり初期費用をかけず手軽に始められる副業が増えました。その際、新しい電話番号の取得にかかる工事費や、月々の電話代は重い負担に感じられるかもしれません。

電話代行は、基本的にサービスを利用する曜日や時間帯だけ料金が発生する仕組みです。ニーズに合わせて契約プランを上手に活用すれば、無駄な出費は避けやすくなると見込めます。また、職場で従業員を雇うのと異なり、終日にわたって人件費が発生することもありません。その意味でも経費節減に効果的です。

ビジネスチャンスの拡大にも貢献

電話代行は、信頼獲得やコスト負担の軽減とともに、ビジネスチャンスの拡大にも貢献できます。サービスの利用時間中、担当オペレーターは一通りの電話に対応します。いたずら電話や間違い電話も、とくに区別しません。どんな用件も分け隔てなく、いつも通りに応じる姿勢で業務に臨んでいます。

お客様や取引先から受注や商談に関わる連絡が入った時、取りこぼしを防げればビジネスチャンスは広がるでしょう。そのため、これから副業で収益を伸ばしたい場合も電話代行サービスの「秘書代行」はおすすめです。副業を始める方はもちろん、さらに事業を拡大したい方も、ぜひご検討ください。

電話代行サービスの秘書代行

この記事を読まれている方へのオススメ

>>副業におすすめの物販ビジネスの種類と始め方
>>新時代の働き方|パラレルワークと副業の違い
>>多様な選択肢をかなえる「ビヨンド副業」とは

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ