越境ECの基礎知識|運営を助けるサービスとは

2022.09.13 更新日:2022.09.27電話代行

越境ECの基礎知識

越境ECとは、海外展開するEC(電子商取引)のことです。日本の商品は以前から人気があり、世界的に注目されてきました。最近はコロナ禍の影響から、さらに需要は増しているといわれます。ただ、ユーザーは海外に滞在するため、お問い合わせ対応では言葉の問題などに直面するかもしれません。そんな場合、外国語にも強い電話代行の活用がおすすめです。そこで今回は、越境ECの概要や、運営の難しさ、電話代行を活用するメリットをご紹介します

越境ECの概要

越境ECの概要

越境ECは、ネット通販を海外向けに展開する事業スタイルです。運営方法の基本は国内ECと共通しますが、市場規模などに違いが見られます。

越境ECの主な種類

現在、越境ECを始める時のプラットフォームは、「自社サイト型」と「モール型」の2種類が代表的です。自社サイト型は、自社でサイトを開発するタイプを指します。ネットショップを開設する際、ドメインの決定やショッピングカートの構築が必要です。

自社サイト型は、これらを他社に依存せず自分たちで設定します。モール型は、ECサイトが特定のモールに参加するタイプです。実店舗が、百貨店やショッピングモールにテナントとして出店するイメージに近いといわれます。参加方法などは、選択したモールのルールに従います。

自社サイト型は、自由度の高さが大きな特徴です。一方、モール型は集客ノウハウがなくても顧客獲得のツールを利用できるメリットがあります。

越境ECの始め方

越境ECは、自社サイト型とモール型のどちらを選ぶかによりショップ運営の始め方が異なります。自社サイト型は、その名の通り自社によるサイト作成が不可欠です。サイトの作成方法は、ドメインを取得してから自分たちでシステムを構築する方法のほかに、ネット上のクラウドサービスを活用するパターンもあります。

越境ECでモール型を選ぶ場合、まず販売対象となる国や地域でプラットフォームとして利用できるモールの把握が欠かせません。、それぞれのモールの特徴を理解しておくと自分たちのニーズに合った出店先を見つけるのに役立ちます

これまでECサイトを運営した経験がないと、最初から自社サイトを作成するのは難しいかもしれません。その際は先にモール型で始め、ショップ運営に慣れたら両者を併用するのがよいといわれています。

世界的な市場規模

越境ECは、以前から世界的に多くの注目を集めてきました。さらに昨今は、コロナ禍の影響もあり需要が高まっています。世界各地のユーザーにとって海外向けのネットショップは、身近で手に入らない商品をネット上で簡単に購入できるところが大きな魅力です。そのため、越境ECは幅広い地域で人気がありました。

最近、これまで以上に注目されている主な要因は世界的に流行したコロナ禍です。さまざまな国や地域で人々は外出自粛を迫られ、海外旅行にも行きづらくなったため越境ECの需要は全体的に上昇しています。需要増の傾向は今後も続くと見られ、これまで以上に市場規模は拡大すると期待されています。

越境ECの難しさ

越境ECの難しさ

越境ECの運営に伴う難しさは、顧客となるユーザーが海外に滞在している点です。サイト運営では、販売対象となる国・地域の言葉や国内事情について理解を深めておくことが望ましいと考えられています。

言葉の問題

顧客となるユーザーとはスムーズに取引を進めたいところです。言葉の違いによるトラブルは、好ましくありません。語学のスキルが高ければ、その能力は越境ECの運営でも大いに活かせます。ただ、誰もが外国後に通じているわけではないでしょう。外国語に自信がない場合、何らかの対策が必要になります。

ひとつは、日本語によるサポートが充実しているモールを見つける方法です。日本の商品は海外での人気が高いといわれており、サポート体制が整っているケースは珍しくありません。そのほかには、顧客対応を外部業者に委託する選択肢もあります。語学に通じた業者を選べば、言葉をめぐるトラブルは避けやすくなるでしょう。

各国の国内事情

海外は、必ずしも日本の常識が通用するとは限りません。越境ECの運営でも、言葉とともに国内事情への理解が大切です。ビジネスマナーを含め、日本の文化や価値観は海外から見るとユニークとの声が多く聞かれます。越境ECも例外ではなく、国内で当たり前となっている運営方法が受け入れられない可能性はあります。

その意味で海外向けにショップ運営する場合、それぞれの国・地域の事情を理解しておくことは重要です。とくにスムーズな事業展開を実現するうえで、ターゲットとなる国の市場動向の把握は怠れません。ここでも運営者自身に余裕がなければ、海外の事情に通じた外部業者を活用する方法があります。自分たちで適切に対処できない時は、外注を検討してもよいでしょう

人手やコスト

越境ECも、国内のECサイトと同じく人手やコストの問題と無縁ではありません。とくに小規模なサイトは、人手が不足しがちといわれています。個人で運営するECサイトをはじめ、小規模なネットショップは大手サイトに比べると1人あたりの仕事の負担は重くなりがちです。予定通りに休みを取れないほど、多忙になるとも指摘されています。

十分に人手を確保できていないサイトは、お問い合わせ対応が後回しになりやすい傾向です。ネットショップは実店舗と異なり返品やクレームが少なくありませんが、迅速な対応が難しいと悩む声がよく聞かれます。ただ、コストの問題があり、人手不足でも必要に応じて人員を補充できない状況にあるといわれています。

越境ECに強い電話代行のメリット

越境ECに強い電話代行のメリット

越境ECの運営で外国語対応や人手不足が問題になっている場合、おすすめのサービスは電話代行です。とくに、越境ECに特化したサービスを選ぶと良いでしょう

外国語に強い

外国語に強いサービスの代表例は、バイリンガル電話代行です。ECサイトを海外展開する際も、スムーズな顧客対応を実現するのに適しています。

バイリンガル電話代行は、英語をはじめ語学に通じたオペレーターが着信対応するシステムです。例えば、海外進出によりビジネス英語を使う場面が生じた際、英語のネイティブスピーカーであるスタッフが丁寧に電話を受けます。

越境ECの場合も、海外ユーザーからの連絡に戸惑う心配はありません。専門性の高い用件で難解なビジネス英語が使われても、ベテランのオペレーターが速やかに通話を進めます。

自社での英語対応に不安がある場合、外国語対応に慣れたスタッフがいる電話代行の活用はおすすめです。ただし、対応できる言語はサービスごとに異なります。希望する言語に対応しているかどうかを調べておきましょう。

手頃な価格設定

電話代行の多くは、手頃な価格設定も魅力的な特徴のひとつです。コスト面に余裕のない越境サイトなども、出資を抑えつつ人手を補えます。通常、職場で新規に人材採用する際は、さまざまなコストが発生します。募集広告の作成やネット掲載などの費用のほか、採用後は終日にわたり人件費がかかります。

電話代行を活用すると、依頼を受けた業者が人員を手配します。ECサイト側は、運営者自身による人材募集や面接が不要です。人件費は電話対応する曜日・時間帯のみ発生するため、経費節減につながります。また、オペレーターは新人研修などで必要なビジネスマナーを習得しているため、改めて教育指導する手間もかかりません。

海外向けに展開する越境ECは、顧客対応で国内のECサイトに見られない言葉の問題などが伴う事業です。小規模サイトで受付窓口の整備が間に合っていなければ、コスト面の負担が少ないリーズナブルな料金で活用できる電話代行をおすすめします。目的に合うサービスを探してみましょう。

この記事を読まれている方へのオススメ

>>個人でECサイトを運営するメリット・デメリット
>>ECサイトのコンタクトセンターは外注すべき?
>>バーチャルオフィスでネットショップ開業は可能?

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ