個人でECサイトを運営するメリット・デメリット

2022.09.06 更新日:2022.09.27電話代行

個人ECサイト運営メリット・デメリット

近年、ECサイトは1人でも簡単に始めやすくなりました。ただし、ECサイトの運営にはメリットばかりではなく、多少のデメリットも伴います。サイトを開設しようと考えている方は、良い点も悪い点も把握しておくことが大切です。また、多忙のあまり電話対応が後回しになっている場合、電話代行を活用する方法があります。今回は、個人でECサイトを運営するメリット・デメリットや、電話代行がもたらす効果をご紹介します

個人でサイト運営するメリット

個人でサイト運営するメリット

個人でサイト運営する大きなメリットは、コストの抑えやすさです。人間関係に悩まされず、自分好みに事業展開できるという利点もあります。

コスト削減に効果的

ECサイトを1人で運営するスタイルは、人件費や固定費をはじめ、諸々のコストを削減するのに効果的です。サイト運営に限らず、人件費は諸経費のなかで多くの割合を占めます。運営スタッフが自分1人だけなら人件費は可能な限り抑えられ、大幅なコストカット、さらには利益の確保につながります。

人員が少ない場合、広い事務所は不要です。場合によっては、自宅を仕事場として利用しても差し支えないでしょう。事務所の維持・管理費や光熱費に多くの費用はかからず、人件費以外でもコスト負担を軽くできます。個人によるサイト運営は経費節減に大きな効果があるため、ネットショップの開設時などにはコスト面の不安を減らすのに役立つでしょう。

人間関係に悩まされない

ECサイトの運営者が自分1人だけの時は、他のスタッフとの人間関係に悩まされずに済みます。ひとつの職場で複数の人員が一緒に働いていると、仕事に対する考えや業務の進め方で意見が食い違うことは少なくありません。あるいは性格が合わず、社内の人間関係が悪くなるケースも見られます。

自分以外にスタッフがいない場合、基本的に職場での意見の衝突とは無縁です。また業務中に上司の顔色をうかがう必要はなく、周りの同僚にも余計な気を回さず自分のペースで日々の業務に臨めるでしょう。人間関係の悩みから解放され気楽にサイト運営を進められれば、仕事上のストレスは軽減すると予想されます。

自分好みに事業展開

個人によるECサイト運営は、自分好みに事業展開できるところも大きなメリットのひとつです。近年は以前よりECサイトの開設が容易になり、副業として小規模に運営するケースも増えました。新たに起業する際は、最初にショップで何を販売するか決める必要があります。

運営スタッフが何人もいると、意見はぶつかるかもしれません。一方、自分だけで販売内容を考えられる状況であれば、周りとの対立は避けられ、個人の好みに合わせて決定できます。複数人で運営する場合に比べると、自分のイメージ通りに事業展開できるところは、個人のECサイトならではのメリットといえるでしょう。

個人運営に伴うデメリット

個人運営に伴うデメリット

個人運営のECサイトのデメリットは、主に仕事量の多さです。いろいろな作業を1人で担当していると、業務全体に手が回らなくなる事態も招きます。

仕事量が多く休めない

ECサイトを自分1人で運営する場合、仕事量は多くなりがちです。他のスタッフに分担できないと、サイトが小規模でも休みを取りにくくなります。サイト運営で必要な業務は、広範囲に及びます。基本的な作業だけ見ても、次の通り多種多様です。

  • サイトのページ作成
  • 商品探しや仕入れ
  • 在庫管理や顧客管理
  • 受注・梱包・発送
  • 問い合わせ対応
  • 会計・経理の手続き

第一に1人だけでサイトを開設する必要があり、これらの業務も他のスタッフの手を借りずに処理しなければいけません。一通りの作業を自分で進めていると、定休日を決めても簡単には休めないと指摘されています。

業務全体に手が回らない

すべての仕事を個人で処理している場合、時間が足りず業務全体に手が回らなくなることは珍しくありません。大量の仕事を抱えていると、どれほど手際よく業務を進めても時間が不足するケースは多く見られます。誰かと一緒に作業していれば、必要に応じて手伝ってもらうこともあるでしょう。

それに対し、個人がECサイトを運営している状況では、たいてい周りのサポートを望めません。誰のフォローも得られないと、業務によっては時間がなく処理が間に合わなくなる可能性もあります。その意味で、人間関係によるストレスは小さいものの、業務負担は重くなりやすいといわれています。

電話対応も難しい

仕事を周りと分担できない個人運営のECサイトは、電話対応の難しさも代表的なデメリットです。ECサイトは、返品やクレーム関係の電話が多く寄せられます。ネット掲載された商品は実店舗と異なり、購入時に手に取れないためです。購入者が手元に届いてからイメージ通りでないと感じ、返品やクレーム対応を求める傾向が見られます。

自分1人が運営するサイトでは、電話対応を周りのスタッフに頼めません。仕事の時間が限られるなか、受注品の梱包作業や発送業務に追われていると、着信時に受付対応できないまま取りこぼすケースもあるでしょう。返品やクレームの処理が遅れるとサイトのイメージ低下を招くため、信頼性を保つには電話の受付体制を整える必要があると考えられます。

電話対応の問題を解決するには

電話対応の問題を解決するには

個人運営のECサイトで電話対応の問題を解決するには、電話代行を活用する方法がおすすめです。業務負担を軽減できるうえ、着信の取りこぼし防止また丁寧・親切な応対による信頼性の向上も目指せます。

業務負担を軽減

電話代行は着信があれば一通り応対するサービスであり、サイト運営者の業務負担を減らすのに有効です。具体的な業務内容としては、商品・サービスの案内や受注・返品対応、さらにクレームの受付などが挙げられます。とくに用件を問わず着信時の電話対応を引き受けるところは、このサービスの大きな特徴です

現在、いろいろな作業を周りと分担できず多忙になっている場合、電話代行に着信対応を一任すると運営者の負担は軽くなると期待できます。普段の仕事量が減れば、これまでより休みを取りやすくなるでしょう。個人によるサイト運営で時間的に余裕がないなら、電話代行の活用は少しでも現状を改善するのに適しています。

着信の取りこぼし防止

いろいろな業務に追われ電話対応まで手が回らない時、電話代行は着信の取りこぼし防止に効果的なサービスです。たいていの電話代行会社では、普段のコール数などをふまえ適度な人員を配置するため、着信を取りこぼす心配はありません。ECサイトの運営業務が忙しいなかでも、電話はつながりやすくなります。

電話窓口の受付体制が整えられて取りこぼしが減ると、ビジネスチャンスが拡大する可能性もあります。これまでネット注文の受付がメインであったなら、今後は電話注文への対応もスムーズに進められるかもしれません。電話代行は、着信の取りこぼし防止で電話がつながりやすくなるだけでなく、サイトの売上増進にも貢献できるサービスといえるでしょう

サイトの信頼性向上

電話代行は、丁寧・親切な着信対応によりECサイトの信頼性向上にも大きな効果が期待できます。実際に受付業務を担当するオペレーターは、入社時の研修や日常的な指導を通してスキルを磨いています。いたずら電話や間違い電話であっても、普段と変わらず冷静に対応する姿勢を忘れません。

ECサイトに返品の要望やクレームがあった際も、お客様の訴えに耳を傾けながら通話を進めます。いきなり電話口で怒鳴られることもありますが、常に思いやりのある対応を心がけます。経験豊富なオペレーターはストレスで言葉遣いが乱暴になる恐れはなく、迅速かつ的確な電話対応によりサイトの信頼性向上にも力を尽くします。

個人サイトで業務負担を減らしつつユーザーと信頼関係を築きたい時、様々な効果をもたらす,
弊社、電話代行サービスの「ネットショップ専門 電話代行」電話代行はおすすめのサービスです。

ネットショップ専門 電話代行

この記事を読まれている方へのオススメ

>>ECサイトのコンタクトセンターは外注すべき?
>>バーチャルオフィスでネットショップ開業は可能?
>>『ネットショップ専門 電話代行』の活用事例をご紹介!

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ