電話代行にかかる1コールの単価について

2016.09.13電話代行
Pocket

電話代行を利用する時の1コールの単価ってどれくらい?

電話代行のサービスでは、会社ごとに1コールあたりの単価がおおよそ決まっています。会社ごとの単価の違いや、それに伴ったその他の点の違いについてご紹介したいと思います。

woman_beside_telephone01

電話代行における1コールの単価

電話代行を依頼するにしても、1コールあたりの料金が発生しているのか気になると思います。電話代行の1コールの単価はおよそ100円〜200円程度が一般的で、格安料金をウリにしている会社のほとんどが1コール100円程度、その他の会社は単価150円前後になっていることが多いです。

料金形態による単価の違い

電話代行の料金形態として、月額制を採用していることが多いですが、中には1コールごとに料金が発生していく従量課金制を採用している会社もあります。従量課金制の会社にも2つの種類があり、1コールあたりの料金もサービスも決まっている会社と、サービスの質が異なるコースがいくつかあり、コースごとに1コールの値段が変わる会社です。

1コールあたりの料金もサービスも決まっている会社の場合、1コールあたり100円強が一般的な価格です。コースごとに1コールの値段が変わる会社は、一番安くて100円、高いと300円程度になります。

月額制の場合の1コール単価がどの程度か知りたいという場合は、ひと月に受け付けるコール数で月額料金を割ればおおよその1コール単価が分かります。また、最初に決まっているコール数をオーバーした場合の1コールごとの料金も、料金表などに記載されているはずなので、そこからでも1コールの単価が分かります。会社によっては月額料金が高額なコースほど、コール数をオーバーした場合の1コールあたりの単価が安くなるようにしていたりもします。

しかし、どうしてコール単価でこれほど料金が異なるのか。一つ言えることは、電話対応をするオペレーターの時給と密接に関わってくるという点です。料金が高くなればそれだけ対応するオペレーターの品質も良くなり、より良い対応を期待できます。

従量課金制と月額制どちらがいい?

月額制と従量課金制、どちらの方が自分に合っているのか分からず悩む方もいることでしょう。

会社を立ち上げたばかりの方の場合、毎月固定費が発生するのは苦しいという方が多いので、利用した分だけ料金を支払えばいい従量課金制の方が適しているかも知れません。また、月のコール数が不安定であったり、これから急激に増える可能性があるなど、ひと月あたりのコール数が定まっていない方の場合も従量課金制が良いと思われます。ひと月あたりのコール数がおおよそ決まっていて、安定している会社の場合は月額制がお勧めです。

電話代行のサービスにおける、1コールあたりの単価についてご紹介しました。単価は料金形態や会社、コースごとに異なっているため、料金表などにしっかり目を通して確認しておくようにしましょう。特に月額制の場合は規定のコール数をオーバーした際の1コール単価に注意しておきましょう。

タグ : No27 メインKW ヨタヨクト
Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ