英語を話せる人材なら『バイリンガル電話代行』を

2017.11.02 更新日:2022.05.06スタッフブログ

英語で電話対応をする男性

昨今のグローバル化や、外資系の進出、訪日外国人の増加などを見れば、外国人を対象としたマーケットは成長が予想され、それに伴い英語スキルを持つ人材が厳しい競争社会を勝ち抜くキーになるかもしれません。しかし、日本語を母国とした日本において、英語力の習得は一朝一夕ではいかないでしょう。今回は、英検やTOEICの難易度を説明するとともに、人材を生かす有効な方法として『バイリンガル 電話代行』をご紹介します。

英語が通じるだけで企業イメージは上がる

英語スキルを磨く資格

リスニングやリーディングなど、英語関連のスキルを取得するための資格や検定試験の代表格と言えば、英語検定(英検)とTOEICでしょう。

下記は、センター試験の点数と比較し、英検とTOEICの難易度を示した表です。

TOEIC 英検 センター試験
500点 準2級 140点
600点 2級 160点
700点 2級 180点
800点 準1級 200点(満点)
900点 準1級
950点 1級

TOEICの900点以上の獲得者は、超がつくほどの上級レベルと言われます。リスニング・リーディングともに90%の正答率が求められるほど、その難易度は群を抜いて高いです。

TOEICで900点以上の高得点を狙うなら、約1,550時間以上の勉学が必要と言われます。800点から900点にアップするだけでも、必要学習時間はおよそ325時間。ビジネスの現場で外国人に通用する英語力を身につけるにも、これくらいの勉強量は当然必要となってくるでしょう。

即戦力が電話オペレーティングする『バイリンガル 電話代行』

何の準備もしていないのに、海外からのお客さまが急速に増えて人材を育てている時間も余裕もない。そんな状況を解決するソリューションとなるのが、『バイリンガル 電話代行』です。

こちらのサービスは、英語スキルを備えたスタッフが電話受付業務を代行し、海外のお客さまに対しても日本人相手と変わらない親切で的確、丁寧な対応に努めます。英語が通じると分かれば、それだけで外国人のお客さまも安心するでしょう。企業に対する信頼向上、イメージアップにもつながります。

人件費の増大で経営が圧迫されることもありません。海外からのお客さま対応には、低コストで便利に利用できる『バイリンガル 電話代行』をお役立て下さい。

※弊社では「バイリンガル 電話代行」のサービスを終了いたしました。ご了承くださいませ。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ