「東京03」を借りる!電話番号貸出サービス

2020.05.08業界関連情報

「東京03」を借りる!電話番号貸出サービス

新しくビジネスを始めた場合や起業を計画中の場合、顧客などからの電話対応に悩まれる方も多いです。「東京でビジネスを展開したいが、事務所を借りる費用が高くて拠点を確保できない」という方もいるでしょう。

しかし、電話代行サービスで市外局番を借りたり、電話対応もしてもらえたりするととても安心です。本記事では、電話代行サービスを利用するメリットや活用シーンなど、電話代行サービスについて詳しく説明します。

ビジネスにおいて電話は必需品

ビジネスにおいて電話は必需品

ビジネスにおいては、多くの場面で電話が使われます。とくに、取引先とのコミュニケーションや顧客からの問い合わせ対応では重要でしょう。

1.取引先とのコミュニケーション

ビジネスの世界で電話が利用されるシーンとして多いのが、取引先とのコミュニケーションです。昨今の日本ではインターネットを利用した連絡や取引が一般的ですが、重要な案件をすぐに確認したいときは電話の方が適しています。緊急案件や複雑な内容などの確認も電話で話ができると安心です。

文章だけでは伝えることのできない内容や、トラブルを未然に防いだりするためには、電話を使って綿密な意思疎通を行う必要があるでしょう。

2.顧客からの問い合わせ対応

電話が使用されるシーンとして、顧客からの問い合わせ対応も重要です。近年、多くの企業がホームページからの問い合わせを受け付けています。しかし、何らかの問題を抱えている顧客側からすると、インターネットから問い合わせるのが面倒だと感じる人もいるでしょう。

機械音声ガイダンスも普及していますが、オペレーターが直に対応した方が顧客から喜ばれる傾向にあります。電話による顧客対応を重視する企業も少なくありません。

東京都の番号なら市外局番は「03」

電話番号の貸出サービスで東京都の番号を取得したいと考えるなら、おすすめの市外局番は「03」です。

同じ東京都内でも、地域によって市外局番が異なります。03は東京23区で使われる番号であり、名刺やホームページに掲載すれば都心部で活動している会社として認識してもらえます。

電話番号貸出サービスを利用することで、都心から離れた会社であっても「03」をレンタルして使用することが可能です。

電話番号貸出サービスとは

電話番号貸出サービスとは

電話番号の貸出サービスは、わずかな費用で早く固定電話やフリーダイヤルの番号を借りられるサービスです。携帯電話なら簡単な手続きで早く準備できますが、それよりも電話貸出サービスを利用して固定電話を用意する方がおすすめです。その理由について、以下で説明します。

固定電話は携帯電話よりも信頼性が高い

ビジネスでは、携帯電話よりも固定電話の方が信頼性は高くなります。なぜなら、携帯電話の契約や解約には手間はかかりませんが、変更されやすいのでプライベート使用のイメージが強くなりやすいからです。

一方固定電話を利用するには、工事などの準備と費用が必要です。そのため、携帯電話と違って、固定電話は携帯電話よりも信頼性が高いと考えられています。固定電話の使用によって顧客に安心感を与え、信頼感が高くなる効果も期待できるでしょう。

信頼感は会社の評価に直結する

ビジネスにおいて、信頼感は会社全体の評価に直結します。例えば、固定電話よりも信頼性が低い携帯電話しか用意していないと、ビジネスチャンスを逃すリスクも考えられます。

また、大企業では固定電話がないと取引してもらえない可能性もあるので注意が必要です。せっかく良い商品・サービスを販売していても、会社として認識してもらえなければ意味がありません。顧客から信頼された状態でビジネスを成功させるためには、きちんと固定電話の番号を用意した方が良いと言えるでしょう。
                                                                            

電話番号貸出サービスのメリット

電話番号貸出サービスには多くのメリットがあります。ここでは、以下にそのメリットについて解説します。

コスパ良く、信頼感を得られる

会社に固定電話を設置する場合、導入時にコストがかかるという問題があります。加入権として2~3万円必要なうえ、契約手数料や電話機なども合わせると、10万円程度必要です。

しかし、電話番号の貸出サービスを利用すれば、料金プランによっては固定電話を契約するよりもお得です。また、東京03などの市外局番をレンタルすれば、固定電話と同じように取引先などの信頼が得られます。

着信対応も依頼できる

電話番号貸出サービスは、レンタルした電話番号に着信があった場合に電話を携帯電話などに自動転送できます。また、オペレーターによって親切・丁寧な顧客対応の依頼も可能です。例えば、電話代行サービス㈱の全国電話番号貸出サービスであれば、こうした一連の依頼に対応してもらえます。

起業したばかりでもすぐにでも仕事を始められるでしょう。

個人情報保護の心配も不要

電話番号貸出サービスでレンタルした電話番号を業務専用に使えば、私用の携帯電話を使わずに済みます。もちろん、名刺やホームページなどに、レンタルした電話番号の掲載も可能です。

携帯番号を取引先などに教える必要がないので、個人の携帯番号などの個人情報の流出を心配しなくて良いのがポイントです。私用の携帯電話を仕事用として使っている人は、ぜひこの機会に電話番号貸出サービスの利用を検討してみてください。

携帯電話の番号よりも、お客様が電話をかけやすい

ビジネスで使用する番号を会社の携帯番号にしていると、顧客は電話をかけにくいと感じる人が多い傾向です。また、「事務所を持たないで仕事をしているのではないか」と疑われて信頼を失うリスクもあります。

レンタルの電話番号は固定電話と同じように信頼性を高めてくれるので、電話番号が原因でビジネスチャンスを逃す可能性を最低限に抑えられるでしょう。

電話代行サービスの活用シーンを紹介

先述まで電話代行サービスについて説明してきましたが、ここからは実際にどのような場合に利用すべきか解説します。

起業直後で事務所がない

起業直後は時間に追われやすい時期です。固定電話を契約できるまで待っているとビジネスチャンスを逃す可能性もあります。こうした場合に電話番号貸出サービスを利用すれば、事務所がなくてもすぐに営業活動を開始できます。

将来的に東京での業務展開を考えている

東京はビジネスチャンスが多い反面家賃相場が高く、事務所に利用する物件を見つけるのが難しい場所です。しかし、電話番号貸出サービスで東京03をレンタルすれば、事務所を東京におかなくても都内の電話番号を取得できます。

電話番号を私用と社用とで使い分けたい

電話番号貸出サービスでレンタルした電話番号を社用にしてホームページや広告、名刺などには掲載する方法が有効です。携帯電話を完全にプライベート用として使えるので、取引先などに私用の電話番号を公開せずに済みます。

全国電話番号貸出サービスとは?

電話代行サービス(株)が提供する全国電話番号貸出サービスでは、東京03を始め、全国各地の市外局番をレンタルできます。レンタルした電話番号に着信があれば、予め指定された固定電話や携帯電話に自動転送も可能です。

希望すれば、着信した電話にオペレーターが親切・丁寧な顧客対応をしてもらえるので非常に便利です。

利用可能な市外局番が多い

都内だけでも23区03、八王子市や立川市などの042、調布市・武蔵野市などの0422を選べます。主要都市の市外局番では、札幌011や仙台022、広島082、福岡092などがあります。利用できる市外局番は現在も拡大中です。

もちろん 「東京03」を借りられる

03は、東京23区で使われる番号です。ホームページや広告、名刺に掲載すると、都心部で活動している会社に見られるでしょう。

全国電話番号貸出サービスの利用手順を紹介

全国電話番号貸出サービスで電話代行サービスを導入するまでの利用手順は、次の通りです。

  1. 問い合わせ
  2. サービス内容の説明・提案
  3. 契約
  4. 電話代行のオペレーター研修
  5. 電話転送などのテスト
  6. サービス開始

電話の問い合わせ先は、0120-888-882です。「お見積り・お問い合わせフォーム」ならインターネット経由で問い合わせも可能です。

電話応対については、取り決めを細かく決められます。ロールプレイニングの実践などオペレーターの研修を行えるのもポイントです。

電話番号貸出サービスを利用しよう

電話番号貸出サービスを利用して固定電話を用意すると、固定電話を設置するよりもコストを抑えられます。また、顧客から高い信頼感が得られるなどのメリットも豊富です。

全国電話番号貸出サービスは、利用者の満足度が高く、オーダーメイド型プランを利用できます。加えて、30年以上にわたるノウハウがあるので、オペレーターの対応力に不安がありません。夜間・休日の対応も可能です。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ