賃貸管理会社向け!24時間安心サポートには電話代行を

更新日:2024.04.03スタッフブログ

賃貸管理会社向け!24時間安心サポートには電話代行を

「24時間安心サポート」とは、賃貸物件の各種トラブルに備えられるサービスです。水回りなどに問題が起きると緊急対応してくれるため、物件の管理会社やオーナーは、入居者に快適な居住環境を提供しやすくなります。新たに同サポートを導入する場合、受付窓口に電話代行を活用すれば、緊急時の電話はつながりやすくなるでしょう。そこで今回は、24時間安心サポートの概要を解説し、このサポートサービスを導入するメリットや電話代行の選び方についてご紹介します

24時間安心サポートとは?

24時間安心サポートとは?

24時間安心サポートは、賃貸物件でトラブルが発生した時、安心を提供するため24時間にわたり問題解決に努めるサービスです。

マンションやアパートの各種トラブルに24時間体制で対応

マンションやアパートで設備トラブルが起きた場合、24時間安心サポートは、連絡があれば24時間体制で対応します。同サービスは、受付窓口にトラブル発生の緊急連絡が入ると、専門スタッフが現場に急行するシステムです。専門スタッフは、受付窓口で確認したトラブルの状況をふまえ、問題解決に向けて対処を進めます。適切な対処により各種トラブルを解決に導き、物件の入居者が安心して暮らせる居住環境を24時間365日にわたり提供します。

加入しておくと安心なサポート

24時間安心サポートは、様々なトラブルに対応できるため、賃貸物件の契約時に加入しておくと安心なサポートサービスです。賃貸契約で同サービスに加入するかどうかは必ずしも義務でなく、任意で選べるケースが多く見られます。ただし、契約時に加入しておかないと、トラブルが起きた時にどこへ連絡すればよいか迷うかもしれません。24時間安心サポートは対処可能なトラブルの範囲が広く、多くの問題に即時対応してくれる安心感があります。

また、物件の設備が故障した時に数回ほど専門業者に修理を頼むと、サポートサービスの加入金を上回る可能性は低くありません。修理の依頼を繰り返せば、それだけ出費は膨らむでしょう。この点をふまえた場合、賃貸契約で24時間安心サポートに加入しておくと、費用の節約にもなると期待できます。

サポート内容は?

サポート内容は?

24時間安心サポートが提供しているサポート内容は、物件設備のトラブル対応をはじめ多種多様です。設備トラブルの代表的な事例としては、水回り電気ガス鍵などの不具合が挙げられます。部屋で水漏れ・電気系統の不調・ガスコンロの故障や鍵の紛失が発生した場合、安心サポートに緊急連絡すれば、専門スタッフが応急処置してくれます。

また、自然災害居住トラブルも、24時間安心サポートの対応範囲に含まれる問題です。部屋のガラスが台風や地震で割れた時に対処してくれるほか、不審者・訪問販売といった居住トラブルが起きた場合も法律関係の相談を受け付けてもらえます。

さらには、物件関係のトラブルにとどまらず急な発病やパソコン関係の問題に対応しているケースもあり、24時間安心サポートのサポート内容は多岐にわたります。なお、設備トラブルのサポート内容は、基本的に応急処置の範囲です。本格的な修理が必要になると、別途料金がかかる場合もあります。

24時間安心サポートを導入するメリット

24時間安心サポートを導入するメリット

賃貸物件の管理会社やオーナーが24時間安心サポートを導入するメリットは、トラブル発生時の迅速対応が可能になり入居者の満足度向上などにつながる点です。

トラブルへの迅速な対応

トラブルが発生した時に迅速対応できるところは、物件管理において24時間安心サポートがもたらす大きなメリットです。賃貸物件の設備や居住環境に問題が起きた場合、ほとんどの入居者は、多少なりとも不安を感じます。その際、管理会社やオーナーは、問題解決に向けた迅速対応を求められるケースが一般的です。万一の事態に備えて24時間安心サポートを導入しておくと、いつトラブルに見舞われても、具体的な状況を速やかに確認できます。当日の解決が難しくても、入居者から連絡を受けて話を聞ければ、管理会社やオーナーは安心感を得られるでしょう。

入居者満足度の向上

物件管理で24時間安心サポートを導入した場合、居室に対する入居者の満足度を向上するのに効果的です。トラブル発生で入居者が不安を抱いた際、すぐに管理会社やオーナーと連絡を取れるだけで、不安感は和らぐでしょう。物件を管理する側が24時間体制で電話対応する窓口を用意すれば、入居者が安心できる居住環境の提供につながります。

緊急時も電話窓口に連絡がつきやすくなり入居者の安心感が増した場合、賃貸物件への満足度や評価は高まるでしょう。その結果、空室率が下がり居室の定着率が向上すれば、物件の収益もアップすると期待できます

管理会社やオーナーの負担軽減

24時間体制でトラブルに対処する安心サポートは、管理会社やオーナーの負担を軽減する方法としても有用です。賃貸物件では、通常、いつ問題が生じるか予測できません。室内設備の不具合は、平日の昼間だけでなく夜間や週末に起こる可能性もあります。管理会社やオーナー本人が夜間・土日も入居者から連絡を受けていると、作業負担は重くなります。

一方、トラブル対応を安心サポートに任せた場合、管理会社やオーナー自らが緊急連絡に応じる必要はありません。平日の夜間や土日に休みを取りやすくなれば、作業負担は軽減すると見込めます。なお、24時間体制で賃貸の入居者から連絡を受け付ける方法には、電話代行を活用する選択肢があります。

電話代行を活用する際の選び方

電話代行を活用する際の選び方

安心サポートの窓口として電話代行を活用する場合、代行会社を選ぶ時は、受電応答率24時間365日対応の可否について確認することが大切です。

受電応答率 

電話代行の受電応答率は、電話のつながりやすさに関わるチェックポイントです。賃貸物件でトラブルが起きて入居者から緊急連絡が入った時、受付窓口の電話がつながりにくいと、不満や苦情を招く原因になります。実際、「すぐ電話に出ない」「対応が遅い」などのクレームは、少なくないといわれています。これらのクレームを避けるうえで、電話代行の受電応答率が高いかどうかを確かめることは重要です。弊社は受電応答率「98%以上」を実現しており、緊急時も速やかに着信対応できます

24時間365日対応

24時間365日対応の可否は、緊急対応の迅速性に影響してくる要素です。最近、賃貸物件の入居者からは、万一の備えとして24時間体制の電話対応を求める声が増えてきました。様々な賃貸物件のトラブルを早期解決するには、深夜・早朝や休日でも緊急連絡に対応できる体制が必要になるためです。この現状をふまえた場合、電話代行を選ぶ際に、年中無休の着信対応が可能かどうかの確認は大切になってきます。

オペレーターの質

オペレーターの質は、入居者に安心感を提供するうえで重要なチェック項目です。居室のトラブル発生で不安を抱えた入居者は、落ち着いて連絡を入れられないケースが多く見られます。気持ちが焦ると、具体的なトラブルの状況を冷静に話せなくなりがちです。それでも、オペレーターが丁寧に話を聞けば、入居者は安心して状況を説明しやすくなると考えられます。トラブル発生時、入居者の気持ちに寄り添う電話対応は、不安感を和らげるのに役立つでしょう。

この点を考慮した場合、オペレーターには、親身に話を聞く姿勢が求められます。受電応答率が高く24時間対応365日対応できるうえ、オペレーターの質が優れている電話代行は、入居者の安心につながります。そのため、賃貸の管理会社やオーナーが24時間サポートの受付窓口として電話代行を選ぶ際、以上の3点に着目することが大切です。

この記事を読まれている方へのオススメ

>>24時間緊急駆けつけサービスのメリット・デメリット
>>24時間対応の電話代行!コストを抑えるには?
>>電話代行サービスは24時間受付可能?

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ