独立ならコワーキングスペースと電話代行を活用!

2021.06.08 更新日:2021.10.28電話代行

独立するために必要になる「拠点」。ビジネスを始めるためには物理的な拠点であるオフィス(事務所)と、ビジネスの拠点となる受付(連絡手段)が必要になります。コストパフォーマンス重視の開業を目指すなら、リーズナブルに始められるコワーキングスペースと電話代行の活用がおすすめです。今回は、コワーキングスペースの基礎知識や、独立時にコワーキングスペースと電話代行を併用するメリットなどをご紹介します。

コワーキングスペース

独立するために必要となる拠点

独立すると決めたら、まずはどこで仕事をするかについて考える必要があります。独立するために必要になる2つの「拠点」についてご説明します。

事務所・オフィス

まず必要となるのが、物理的な場所である事務所やオフィスです。インターネットの普及により、パソコンとネット環境があれば自宅やカフェなどでも仕事ができるようになっているため、独立時に事務所を借りない人も増えているようです。

ただし、自宅を事務所にする場合は、公私の区別がつきにくかったり、プライバシーが守られなかったりといった、さまざまなデメリットも考えられるため注意が必要です。

受付・連絡手段

もう1つ必要となるのが、ビジネスを始めるうえで重要な拠点である受付です。お客様や取引先、公的機関との連絡は、メールなどネット上で済ませられるものだけではないため、電話は必ず必要になると言えます。

ビジネスの常識は時の流れとともに目まぐるしく変化していますが、固定電話に対する信頼度の高さは昔から変わりません。フリーランスやスタートアップの起業家は、常に事務所に座っていられるわけではないため、受付業務を担ってくれる人がいると便利です。

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースの歴史は、2000年代初頭のアメリカから始まりました。こちらでは、コワーキングスペースの基礎知識をご紹介します。

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースは、英語で書くとCo-working spaceとなります。「Co」には「共同」という意味があり、直訳で「共同の仕事をする場所」という意味になります。

コワーキングスペースとは、その名の通りひとつの場所を個人やさまざまな企業と共同で使用し、それぞれ仕事をする場所です。ワークスペースはもちろん、会議室や打ち合わせスペースなどが共有できる場所もあります。日本では、2010年に神戸にオープンしたコワーキングスペースを筆頭に、都市部を中心にどんどん広まっていきました。

コワーキングスペース普及の背景には、情報通信技術の発展により「テレワーク」という新しい働き方が誕生したことがあると言われています。コワーキングスペースの利用者数は年々増加傾向にあります。その利用者は、フリーランスやスタートアップの起業家が大半を占めているようです。

コワーキングスペースの標準機能

コワーキングスペースと言っても、その場所によって機能や設備はさまざまです。ほとんどのコワーキングスペースに備わっている機能や設備をご紹介します。

  • ワークスペース

    コワーキングスペースには、フリーアドレスのワークスペースや、専用の固定席を持てるワークスペースがあります。場所によってどちらか一方の場合もあれば、両方用意されているところもあるようです。

  • 無料Wi-fi

    コワーキングスペースには、無料で使えるWi-fiが標準的に備わっている場合が多いでしょう。ただし、業務用回線を引いているか、家庭用の回線を引いているかによって速度が大きく変わります。実際に使ってみるか利用する前に問い合わせるなどして、不自由なくインターネットが使用できるかを確認してみましょう。

  • フリードリンク

    コワーキングスペースには、フリードリンクが設置されていることが多いようです。こだわりのドリンクが人気だったり、夕方以降になるとビールが飲み放題になったりするコワーキングスペースもあるようです。

コワーキングスペースのメリット

独立時にコワーキングスペースを利用することには、いくつかのメリットがあると考えられます。以下のメリットを踏まえ、自分に合った拠点を選びましょう。

起業時のコスト削減

独立時に事務所を借りようとすると、保証金として家賃の6カ月分以上のお金が必要になります。それに加えてデスクやイス、パソコンなどの事務機器をそろえたり、内装を整えたりする必要があります。コワーキングスペースをスタートアップ時に利用すれば、それらの初期費用をぐっと抑えることが可能です。さらに、月々の家賃やインターネット回線を引く費用、契約する手間なども必要ありません。

すぐに事業をスタートできる

事務所を借りる場合、ちょうどいい物件を探すところから始まり、契約するだけでもかなり時間がかかってしまうでしょう。そこから内装工事や電話とネットを引くなど、環境を整えるのに手間と時間がかかってなかなか事業が始められないこともあるようです。
コワーキングスペースなら、それらの手間も費用もかからず、早ければその日のうちに事業スタートさせることができます。起業が早ければ早いほど収益が発生する時期が早まる可能性が高くなるため、起業時はコワーキングスペースの活用が有利と言えるでしょう。

法人登記できる

起業時は法人登記するために住所が必要になります。ほとんどのコワーキングスペースでは、月極め料金で会社の住所を持つことができるため、法人登記が可能です。起業時は外出も増え、事務所にずっと座っていられるとも限らないので、新しい物件を借りるよりもリーズナブルに利用することができます。

他社とのコミュニケーションがとれる

コワーキングスペースには、業種も分野も全く違う者同士が集まります。他社とのコミュニケーションがとりやすいため、一人で仕事をするよりも競争心ややる気が刺激されるでしょう。コワーキングスペースの利用者同士が意気投合し、新しいビジネスがスタートするということも珍しくありません。なかには、定期的にセミナーや交流会を行っているコワーキングスペースもあるようです。

電話代行をプラスするのがおすすめ

独立時に必要になるもうひとつの拠点が「受付」です。コワーキングスペースは、場所によって電話転送サービスがない場合もあります。コワーキングスペースを拠点として事業をスタートさせる場合は、電話代行をプラスするのがおすすめです。

起業時にかかってくる電話はとても重要な内容が多いものの、外出する機会が多いため、電話に出られない可能性も高くなります。電話に出られなかっただけで、大切な仕事を失ってしまう可能性もあるでしょう。大切な電話を逃さないために受付として人を雇用するとすれば、求人や教育に手間もコストもかかってしまいます。

電話代行を利用すれば、契約者がどこにいようとも24時間365日電話のプロが必ず電話を受け付けます。業種や経営方針などに寄り添い、さまざまな要望に合わせたオーダーメイド対応も可能ですから、大切な電話も逃しません。また、固定電話番号と正しい言葉遣いの電話対応は、社会的信用にもつながると考えられます。

まだ売り上げがあがっていない起業時は、できるだけ出費を抑えて2つの拠点を築きたいものです。コワーキングスペースと電話代行を活用すれば、リーズナブルかつスピーディーに事業をスタートすることができます。電話代行サービス株式会社では、電話代行サービス郵便受付サービスなどを組み合わせてバーチャルオフィスを持つことも可能です。デスクや商談スペースが不要なお仕事で独立や開業、起業をお考えの方は、ぜひ一度ご検討ください。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ