マーケティング手法の中に電話代行が関わる?

2013.02.06電話代行

電話代行サービスとマーケティング手法の関連性

本日は、データベースマーケティングに繋がる電話代行について紹介させていただきます。電話代行は会社の一員となり様々な電話に応対するサービスです。しかし、突然詳しい話に入っても、なかなか理解できるものでもありません。そこで、まずはしっかりと電話代行、データベースマーケティングについて説明をしたいと思います。

携帯で話すビジネスマン

電話代行とは

電話代行というのは、クライアントからの依頼で会社の一員となり、電話の応対をすることで、他にもコールセンターのような業務の代行に続き、ネットショップのお問い合わせなども行わせていただきます。様々な内容を取り扱っています。

データベースマーケティングとは

そして、もうひとつのデータベースマーケティングというのは、電話受付した顧客のニーズなどを取得した情報をデータベース化し、次の販売や新規サービスの広告などに役立てるための手法のことを言います。それらの情報を生かすことで、顧客一人一人のニーズに合わせた商品を提案できるようになり、いわゆるワンツーワンマーケティングの前提となるわけです。

弊社が提供するサービスには、電話代行だけではなく。データベースマーケティングを行えるような、コールセンター代行も行わせていただいております。

電話代行だけでない、御社にあった形での電話応対をお任せください。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社広報部
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ