温厚で物腰の柔らかい人はリーダーに向いている?

2019.11.02スタッフブログ
Pocket

温厚で物腰の柔らかな方は、周囲とのコミュニケーションがうまくいきやすく、リーダーに向いているといわれます。集団やチームで何かをする場合には欠かせない存在です。今回は、物腰が柔らかい方の特徴やメリットをご紹介します。

温厚な人

 

物腰の柔らかい方の特徴

「物腰が柔らかい」という表現は、誰かを褒める際に使われるのが一般的です。ただ、具体的にどんな方が物腰柔らかいのか考えることは少ないでしょう。以下では、物腰が柔らかい方の特徴を6つ列挙します。

 

感情の起伏が少ない

物腰の柔らかな方に対して多くの方が抱く感情が、「穏やか」ではないでしょうか。物腰が柔らかい方は感情の起伏が少なく、声を荒らげることがほとんどないため、穏やかに感じるのです。

穏やかに見える方は、話しかけやすいイメージを抱かせるため、何かあった際に相談されることも多くなります。その結果、周りからの信頼を得られるでしょう。

 

自分に自信がある

物腰の柔らかい方は、一歩間違えると「気弱な方」と勘違いされるかもしれません。しかし、それは違います。自分に自信を持っているからこそ、どんな時でも、誰に対しても穏やかに接することができるのです。

本当に気弱な方なら、自分を守ることに精一杯で、アクシデントや逆境の場面で冷静でいるのは難しいかもしれません。

 

他者を攻撃しない

物腰の柔らかい方は、他者を攻撃することはありません。多少ウマの合わない方がいても、感情的になることもなく、うまく相手に自分を合わせます。性格的に合わない方とも、いつの間にか仲良くなっていることがあるのが物腰柔らかな方の特徴です。

 

考えてから行動する

何事も思い付きで行動する方は、予測不能な事態に対して弱く、周囲の人間にきつく接してしまうケースも珍しくありません。

物腰の柔らかい方は思慮深く、何事もしっかりと検討してから行動します。そのため、不測の事態にも柔軟に対応でき、他者から信頼を得られやすくなるでしょう。

 

他人の話に耳を傾ける

物事をスムーズにこなすためには、時には誰かにアドバイスを乞う必要もあるでしょう。物腰の柔らかい方は、他人の話に耳を傾けることに抵抗がなく、上司や部下関係なくアドバイスを受けます。

 

誰とでも平等に接する

物腰柔らかな方は、好き嫌い関係なく誰とでも平等に接します。そのため周囲の方に不満が溜まりにくく、仕事の場面では全員が協力する様になります。チームにひとり物腰の柔らかい方がいると、仕事がスムーズに進むでしょう。

 

物腰が柔らかいことで得られるメリット

物腰が柔らかい方は、さまざまな場面で重宝されます。特に仕事では、物腰の柔らかい方と一緒に働きたいと思っている方も多いでしょう。そこで次は、物腰が柔らかいことで得られるメリットをご紹介します。

 

社会的な信用を得られやすい

物腰の柔らかい方は、社会的な信用を得られやすい傾向にあります。誰とでも協力して仕事を行い、平等に接するため、プロジェクトを成功に導く可能性が高まります。その結果、社会的な信用を獲得し、より多くの方が集まってくるでしょう。

 

責任ある仕事を任される

物腰の柔らかな方が仕事で結果を残せるのは前述のとおりです。結果を残せる方が出世し、さらに責任のある仕事を任されるのは当然でしょう。今より責任のある仕事をしたい、出世したいという方は、物腰柔らかく他人と接すると良いかもしれません。

 

リーダーに向いている

物腰の柔らかい方は、リーダーに向いているといわれます。誰とでも分け隔てなく接することができ、他者を攻撃しないため、チームをまとめることができます。物腰の柔らかい方がリーダーになると、よりスムーズに仕事を進められるはずです。

 

物腰が柔らかい方がリーダーに向いている理由

上記で紹介したとおり、物腰が柔らかい方はリーダーに向いているといわれます。なぜ物腰柔らかな方にリーダー適性があるといわれているのでしょうか。具体的な理由をご紹介します。

 

笑顔が多い

「仏頂面でいつも怒っている方」と「いつも微笑んでいて、こちらの話に耳を傾けている方」なら、どちらと一緒に仕事をしたいと考えるでしょうか。おそらく、ほとんどの方が後者でしょう。

物腰の柔らかい方は心に余裕があり、基本的に笑顔で人と接するためコミュニケーションを円滑に進められます。誰かの上に立つことで、自分だけでなくチーム内のバランスを整えられるはずです。

 

周りの方に配慮できる

人の上に立つ方は、自分本位に動くだけではチームをまとめられません。困っている方には手を差し伸べ、行き詰まった時には自らリーダーシップを発揮するなど、周りに配慮する能力が求められます。

温厚で物腰柔らかな方は、常に周りの方に気を配り、自分だけでなくチーム全員が働きやすい環境を作っています。気配りができる方と一緒に働きたいという方は多いのではないでしょうか。

 

謙虚な姿勢

自分の成功や名声をひけらかすことなく、謙虚な姿勢で他者と接する方は、周りからも信頼される傾向にあります。自分のことだけでなく、チームの成功を祈り、全力を注いでくれると考えられているからでしょう。

物腰の柔らかな方は、自分の意見自体は持っていますが、それを他人に押し付けることなく他者の意見を聞くこともできます。相手の意見も尊重できる謙虚な姿勢が、物腰の柔らかい方がリーダーに向いているといわれる理由です。

 

人を褒められる

自分のことを褒められて嫌な気持ちになる方は多くありません。褒められることでやる気が出るという方もいるでしょう。

物腰の柔らかい方は、いつでも冷静に状況や人を観察しています。そのため、相手の良い点や褒めるべき点を見つけ、メンバーのモチベーションを上手に上げていきます。プロジェクトの成功には、リーダーからの叱咤激励だけでなく、褒められることによるモチベーションの向上が欠かせません。

 

「怒る」と「叱る」の区別ができている

たびたび話題になるのが「怒る」と「叱る」の区別です。ビジネスシーンで適切に指導するには、怒るのではなく叱ることが求められる場合があります。

物腰の柔らかい方は、相手のことを尊重して接することができるため、無駄に怒りません。注意する場合も適切に叱り、後にしこりを残さない工夫が得意です。そのため部下からも信頼され、リーダーシップを発揮できるでしょう。

 

物腰の柔らかい方になるための秘訣

上記で紹介した様に、物腰の柔らかい方は周りからの信頼を獲得し、時にリーダーとしてチームを率いる存在になります。その結果として出世することも少なくありません。そのため、今からでも物腰の柔らかい方になりたいと思う方もいるでしょう。

物腰の柔らかい方になるためには、以下の3点を意識することが大切です。

◇笑顔でいること
◇常に感謝の気持ちを忘れないこと
◇挨拶をすること

常にピリピリしている方と比べて、笑顔の多い方のもとには人が集まり、相談もしやすい空気が作られます。物腰の柔らかい方になるには、まず常に笑顔でいることを意識しましょう。

また、挨拶や感謝の気持ちを持ち続けることも物腰の柔らかい方になるためには大切です。当たり前のことですが、できないリーダーも多く、ストレスを抱えながら働いている方も少なくないはずです。

 

温厚で物腰が柔らかいからこそリーダーに向いている!

ひとつ間違えると「気弱で穏やかすぎる」印象を持たれてしまう温厚で物腰柔らかな方。しかし、相手のことを思いやり、どんな場面でも冷静に判断できるからこそ、人の上に立つリーダーに向いています。物腰の柔らかな方がひとりいるだけで、職場が和やかになるはずです。仕事でうまくいかないことがある時は、物腰の柔らかな方に相談するのもおすすめです。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ