頑張れお母さん!キッチン蛇口の交換の仕方

2017.06.15 更新日:2022.05.02スタッフブログ

洗面台

キッチンの蛇口から水が止まらなくなったらすぐに業者へ電話!でも良いのですが、やっぱり業者にお願いすると料金が高くなるものです。「できれば少しでもお金を節約したい。」そんなお母さんたちにキッチンの蛇口の交換の仕方をご紹介します。

キッチンの台所にある蛇口の交換

止水栓を閉めよう

蛇口から水が止まらなくなってしまったら、止水栓を閉めましょう。
キッチンのワンホール水栓の場合は、止水栓が付いている場合が多いので、まずはお湯と水の止水栓を止めて下さい。見当たらない場合は家の元栓を止めて下さい。この止水栓は殆ど水道メータの中にあることが多いです。最初に止水栓を閉めておくことで、蛇口を取り外した時に水が吹き出して周辺が水浸しになる事態が避けられます。
また、水が流れている間にも水道代がかさんでしまう問題を回避できます。焦らずに止水栓を閉めに行きましょう。この止水栓を閉めることで出っぱなしの水は止まりますが、元栓を閉める場合は家全体の水が止まってしまうので、トイレなどは特に気をつけて下さい。

交換(ワンホール水栓の場合)

今回はワンホール水栓の場合の交換の仕方をご紹介します。
ワンホール水栓には大体、逆止弁というものがついています。これらを含む既設の配管を撤去します。次に蛇口の裏から固定している蛇口本体のナットを外します
メーカーごとにサイズが違ったりしますが、レンチなどで緩めた後手で回して外して下さい。既設の蛇口が外れたところで、新しい蛇口を付けます。そして逆止弁を取り付け、給水・給湯ホースを取り付けカチッと音がするまで差し込んで下さい。
また、止水栓を開いてきちんとしまっていることが確認できれば完了です。

どうしても分からない時は

どうしても交換の仕方や対処の仕方が分からないときは、結局、お金が発生してしまいますがプロの水道業者にお願いしましょう。
キッチン蛇口の施行費用は大体8000円(※2017年2月現在)からとされています。
お金をかけずに、と言いましたが、失敗してしまっては勿体無いので、どうしようもないときは業者さんにお願いしてみましょう。
また、作業してくれる業者さんによっては、割引などのサービスを行ってくれているところもあります。是非、使ってみて下さい。蛇口の交換は施行から10年が目安です。

今回は自宅のキッチンの蛇口交換の仕方についてご紹介しました。また、蛇口の種類も今回紹介したワンホールタイプ以外にも混合タイプがあります。少し難しいですが挑戦してみてはいかがでしょうか?

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ