通販業界でも利用される電話代行

2016.09.08 更新日:2021.07.14電話代行

ネット通販事業で電話代行を利用する際は、慎重に業者選びを!

よく電話を利用する業界の1つに、「ネット通販業界」があります。ネット通販業界では電話で注文を受けたり、問い合わせに回答したり、アフターサポートを行ったり、様々な場面で電話を必要とします。しかし、スタッフを自社で雇用するとなると事務所の面積などの制約もありますし、多くの人件費がかかる場合があります。

また、ある程度の規模になると一定の問い合わせがあるので、自社雇用することの費用対効果を上げることができる場合もありますが、小規模だと人経費を賄えない場合もあります。この様な際は、電話代行を利用するメリットがあるといえます。

段ボールとテープ

ネット通販事業でも電話代行を利用することができるの?

電話代行のサービス内容にもよりますが、受付方法や対応方法のカスタマイズができるものであれば、ネット通販事業でも利用することは十分に可能だと思います。受注業務、問い合わせ対応、返品交換対応など、細かく分けて設定している業者もある様です。ただし、どこの業者でもカスタマイズに対応しているわけではないので、業者選びには気を付ける必要があります。ちなみに、弊社ではネットショップ専門の電話代行サービスを展開しています。詳しくはネットショップ専門 電話代行をご覧下さい。

ネットショップが電話代行を利用する際のメリット・デメリット

ネット通販事業者様が電話代行を利用する際のメリットとしては、経費が安くあがる可能性があるという点です。自社で新たに人材を雇う場合、人件費はもちろんですが、パソコンや電話などの設備を導入しなければなりませんし、採用するとなると求人広告費などの採用コストもかかります

その点、電話代行を利用すると、これらのコストがかかりませんので結果的に安くなる場合が多いのです。逆にデメリットですが、やはり外部に委託すると言うことは、質の高いサービスになるかどうかは依頼してみなければ分からないという点もあります。

ネット通販業界においては電話対応の質、担当者の知識やホスピタリティなどが評判に直結します。この様なことからも、しっかりと対応してくれるサービス選びが重要になってきます。ネット通販で電話代行を利用する際は、メリットと同時にデメリットをしっかり理解して検討していく必要があります。

電話代行をネット通販業界で使う、というテーマで書かせてもらいました。ネット通販事業の中でも季節需要の多い商品をメインで取り扱っている場合や、立ち上げたばかりの新しいネット通販サービスの場合、また、自社の人員ではまかないきれないけど新しく人を雇うほどでも無いといった場合、先々のリスクを考えると電話代行を使うという選択肢も重要になってきます。ただ、消費者からの評価に直結する電話対応となりますので、慎重に導入を検討する必要がある点も理解しておきましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ