夏が終わると気分が落ち込む?秋の不調の改善方法

2019.10.22スタッフブログ
Pocket

季節の変わり目には体調を崩す方が多くなります。特に秋は、冬へ向けて徐々に気温が下がったり、日照時間が短くなったりすることから、不調を感じやすくなる時期です。今回は、鬱々とした気持ちを抱えて仕事へのモチベーションが下がってしまったときの対処法をご紹介します。セルフケアの方法や身の回りの方への接し方について確認しておきましょう。

落ち込むサラリーマン

秋の不調の原因は?

季節の変わり目に起こる体調不良のなかでも、秋に起こるものを「秋バテ」や「9月病」と呼ぶことがあります。心身が気候や仕事環境の変化についていけず、調子を崩してしまうことで、体調不良が起こってしまうのです。

夏から秋にかけての時期は、少しずつ気温が下がります。特に近年は、真夏に猛暑日が続くことで心身への負担が大きく、疲れを溜め込みやすい傾向にあります。秋になって過ごしやすくなると、一気に疲れが押し寄せる様に感じる方も少なくないでしょう。

また、秋は日照時間が短くなるほか、台風による気圧の変化の影響も受けやすくなります。太陽光には脳内で「セロトニン」と呼ばれる物質を分泌し、自律神経を整えるはたらきがあります。日照時間が短いと、このバランスが崩れて憂鬱になりやすいのです。

秋の不調は、この様に日本独特の気候が関係していると考えられています。また、夏季休暇で長期的に休みをとった場合や、異動で仕事環境が変化した場合は、生活スタイルの変化による影響も懸念されます。さまざまな原因が秋の不調を引き起こすため注意が必要です。

 

秋によくある不調の症状

秋の不調の代表的な症状をご紹介します。夏の終わりから心当たりのある症状があれば、生活習慣を見直して、調子を取り戻すための対策を始めると良いでしょう。まず、体に表れる症状としては、以下の様な例が挙げられます。

◇だるさ
◇頭痛
◇食欲不振
◇むくみ

常に体がだるい感じがして、元気が出ないことがないでしょうか。なかでも気をつけておきたいのは食欲不振です。秋の不調では胃腸の調子が悪くなることがあります。こうして食事がおろそかになると、栄養不足からさらに体調の悪化をまねく可能性があります。

一方で、心に現れる症状としては、以下の様な例が起こりやすいためお気をつけ下さい。

◇モチベーション低下
◇いらつき
◇気分の落ち込み
◇不安

秋に入ってから仕事のやる気が出ないときは、心身の調子に問題があるかもしれません。これらのメンタルに現れる症状は、悪化すると長引いたり、心の病気につながったりするリスクがあります。仕事だけでなく私生活にも影響をおよぼすため、自分の心の健康状態を見極めて、必要であれば医療機関の受診も視野に入れましょう。

 

自分でもできる秋の不調対策

秋の不調を感じたら、自分でできる対策を始めるタイミングです。基本的な体調管理と合わせて、秋の不調ならではの対策も採り入れてみて下さい。

 

生活習慣の改善

規則正しい生活習慣を続けることは、秋の不調対策としても有効です。基本的には、栄養バランスのとれた食生活、適度な運動、十分な睡眠を確保するよう意識しましょう。

秋の不調は、日照時間が短いことが原因のひとつとして考えられています。不足しがちなセロトニンを補うために、セロトニンの生成にかかわる必須アミノ酸「トリプトファン」を意識的に摂りましょう。トリプトファンが含まれている代表的な食材としては、大豆製品・乳製品・穀類などが挙げられます。

また、運動不足は体調不良につながると考えられています。無理にスポーツや激しい運動に取り組まなくても、日常生活で少しずつ体を動かすところから始めてみましょう。移動に階段を使ったり、通勤時に少し多めに歩いたりするだけで、手軽に運動ができます。

睡眠時間は毎日6~7時間を確保するのが理想です。就寝前にスマートフォンやPCの画面を見るのは、脳が刺激を受けて寝付きにくくなるため避けましょう。

 

太陽光を浴びる

日照時間が短くセロトニンの分泌が少なくなりがちな秋は、意識的に外出して太陽光を浴びる時間を増やしましょう。たとえば、休日に近所を散歩したり、仕事の休憩時間に外出したりと、できるだけ太陽の光に当たるように工夫してみて下さい。外の空気を吸うことでリフレッシュしやすく、気分転換にもつながるかもしれません。

 

モチベーションを高める対処法

秋の不調でモチベーションが低下したとき、仕事に取り組むためのポイントをご紹介します。仕事の調子が上下するのは誰にでも起こりうることです。季節の変わり目でも自分のペースを保つために、ご紹介する対処法を参考にしてみて下さい。

 

理想と現実のギャップを減らす

仕事をするうえで、つい自分に対する理想が高くなりすぎていないでしょうか。

「売り上げ目標を達成して成績1位になりたいのに、今の自分にはできていない・・・」
「全員から頼られる上司でいたいのに、思う様に部下から評価されていない・・・」

成長するためには適度な理想がなくてはなりませんが、反対に高すぎる理想が自分を苦しめてしまうことがあります。理想と現実のギャップが大きくなると、いくら頑張っても理想にまったく到達できない失望感から、モチベーションの低下につながりやすいのです。

秋の不調でなかなか調子が出ないときは、少し理想から離れて今の自分の現実を客観的に見つめてみましょう。まずは、高望みせず今の自分にできることに取り組むのが大切です。理想と現実のギャップを減らすと、着実な努力がしやすくなります。

 

チームワークを大切にする

ひとつの仕事はたくさんの人が協力しながら成り立っています。いつも一緒に働いている同僚とのチームワークを大切にして、仕事のやりがいを再確認しましょう。

チームで仕事に取り組むと、個別で仕事に取り組む場合よりも、モチベーションが向上するといわれています。たとえばある大きな仕事に取り組むとき、一人ひとりが個別のタスクに取り組んでいると考えるよりも、全員が大きな仕事の一部に取り組んでいると考えたほうが、よりメンバーのやる気が刺激されやすいのです。

また、仕事で身の回りにいる方と交流することで、程よい緊張感が生まれたり、困った時に相談しやすくなったりします。仕事でモチベーションの低下を感じた時は、自分だけでなく仲間の存在を意識し、チームワークを高めましょう。

 

 

周囲の方が不調の場合は

秋の不調は自分だけでなく、自分の身の回りの方も陥る可能性があります。本人が不調に気づけない場合もあるため、周囲の方の不調のサインを見つけたらサポートを行いましょう。同僚の不調を見抜く時は、以下の様なポイントをチェックします。

◇いつもと違うミスをよくする
◇元気のない表情をしている
◇遅刻や居眠りをすることが増えた
◇身だしなみが乱れている

仕事上のミスや遅刻は、周囲からは単なる不注意の様に見えることがありますが、実際には心身の不調が関係している可能性があります。秋の不調が原因である場合は、本人を叱咤激励するよりも、健康状態を心配して声がけを行いましょう。

まずは相手の話を聞き、状況を確認します。場合によってはストレスや過重労働が関係しているかもしれません。健康状態に問題が疑われる時は、医療機関の受診を提案したり、社内の産業医やヘルスケアの担当者へ相談したりといった対応をしましょう。

 

季節の変わり目に引き起こされる心身の不調は、早めにケアをして長引かせないことが大切です。秋の不調は誰にでも起こりうるという意識を持ち、周囲の方にも配慮して下さい。

 

参考:

https://news.livedoor.com/article/detail/17011043/

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO91255010S5A900C1000000/

https://www.news-postseven.com/archives/20160921_449972.html

https://liginc.co.jp/life/useful-info/152424

https://biz-shinri.com/willingness-5661

https://kokoro.mhlw.go.jp/attentive/atv004/

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ