スマホからガラケーに戻す時にかかる費用

2017.10.30 更新日:2022.05.06スタッフブログ

利用料金が高いスマートフォンやSIM

スマホはガラケーと異なり、携帯サイズのパソコンですから、通話以外の機能も充実しています。その反面、ガラケーを使用していた時より本体価格や通信料が高くなる傾向にあります。人によっては出費を抑えるためにスマホからガラケーへの機種変更を検討していますが、必要な費用については気になるところです。そこで今回は、手続きに伴う各種手数料や違約金について説明いたします。

月々の料金を軽減するためにかかる初期費用

頭金や手数料、登録料など

スマホからガラケーに戻す場合、基本的には通常の機種変更と同じです。購入する機種や申し込むプランを選び、使用中の端末、購入代金や本人確認ができる書類を用意します。その他に頭金、契約事務手数料や登録料など各種の手数料が発生しますが、変更する内容によって金額が変わります。

現在、スマホの新規契約や機種変更の際には頭金を支払いますが、これは一般的な前払い金とは異なり一種の手数料と言われています。手数料によっては携帯会社ごとに料金設定が異なり、たとえば同時に契約回線の種類も変わると、料金が高くなる場合があります。なお、店頭ではなくオンラインショップで手続きをすると、これらの手数料が免除されることもあります。

違約金は?

機種変更はいわば契約内容の変更ですから、条件によっては違約金が発生します。たとえば、一定期間の継続利用など何かしら縛りのあるプランを申し込んでいる人は、プランの変更を希望すると違約金を請求されます。また端末本体の料金を分割払いしている最中なら、支払い状況について販売店に問い合わせた方が良いでしょう。

スマホからガラケーに機種変更を検討されている場合、多くの方は利用料金を安くしたいと考えています。その主な理由のひとつが、スマホの通信料金の高さです。そのため、ガラケーに切り替える際には、スマホでは利用できないお得なプランを申し込まないと意味がありません

スマホからガラケーに戻す理由を考慮すると、プラン変更は避けられないと思います。利用中のプランを確認すれば、解約に当てはまる内容が含まれるか分かります。違約金が発生するか事前に把握できますから、調べておくと安心です。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ