ビジネスマンの印象をよくする髪型とは?

2017.11.07 更新日:2022.05.06スタッフブログ

レトロな店内の椅子理容室

ビジネスシーンにおいて、能力だけでなく見た目も大事です。第一印象は、見た目で決まるとも言われるくらいです。髪型も印象を大きく左右しますから、手を抜けません。そこで今回は、ビジネスシーンにおすすめのヘアスタイルと手入れ方法をご紹介します。

髪型にも配慮して良い印象を

おすすめのヘアスタイルはこれ!

ビジネスシーンでは、すっきりした髪型が歓迎されます。具体的には、目や耳が隠れず襟足の短いスタイルです。しかし短過ぎると個性を出せず、おしゃれも楽しめません。おすすめは、「ベリーショート」・「ソフトアシメショート」・「ビジネスレイヤー」です。

「ベリーショート」は、基本的に両サイドを刈りあげ頭頂部を少し長めに残します。耳周りや襟足が隠れず、すっきりとした仕上がりに。「ソフトアシメショート」は、左右の髪を非対称にカットしたスタイルです。たとえば前髪の長さが左右で違うため、見る方向によって印象が変わります。「ビジネスレイヤー」は、レイヤーカットがベースになっています。上の方は短くカットし、下の方を長めに残します。そのため髪に段差が生まれ、動きのあるスタイルに仕上がります。

いずれもワックスを使えばスタイルの幅が広がるので、プライベートでもおしゃれを楽しめるでしょう。

スーツに似合う髪型にしよう

すっきりとカットしても、まだ安心してはいけません。髪が乾燥していると清潔感が出にくく、いじり過ぎるとスーツに似合わなくなります。

まず、清潔感を増すためにはスタイリング剤が有効です。適量をつければツヤのある髪に仕上がり、好印象を与えられます。つけ過ぎると、ベタベタした感じになり逆効果です。また髪を動かすなら、毛先にとどめておくとスーツ姿でも問題ありません。全体のシルエットを変えてしまうと、スーツとのバランスが崩れる危険があるため注意が必要です。

あくまでビジネスシーンですから、過激なスタイルは禁物です。しかし、おしゃれ心を忘れてだらしない格好になったら意味がありません。流行を取り入れつつ、社会人として節度ある髪型を心がけましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ