就活生が面接で印象を残す方法

2017.11.07 更新日:2022.05.06スタッフブログ

笑顔で就活生を迎える男性

就活生にとって、面接での自己アピールは大きな課題です。少しでも印象を残すために、強烈にアピールしたいところ。では、何をどの様にアピールすると良いのでしょうか? 今回は、人事の心をつかむアピール内容や効果的なアピール方法についてご説明します。

少しの工夫でより印象を残せる面接を

心をつかむアピール内容

面接で強くアピールするためには、まず会社が何を求めているか知る必要があります。会社は、必要な人材を獲得するために面接しているからです。

たとえば外資系の場合、語学に精通している人が求められます。英語だけでなく市場開拓を予定している地域の言葉も習得していれば、高い評価を得られるでしょう。またIT企業であれば、高いパソコンスキルはマスト条件と考えて良いでしょう。

会社のニーズに合致すれば、自分の長所を魅力的に感じてもらえます。アピールポイントが会社にとって有益と判断されるため、人事の心をつかめるわけです。

効果的なアピール方法

自己アピールは、分かりやすいほど印象に残ります。たとえば最初に結論を示すと、話の方向性がはっきりするので効果的です。

しかし、結論だけでは面接官を説得できません。自分の長所が会社の利益となる根拠や、長所が生かされた具体例を話すと、説得力は増すでしょう。語学力をアピールしたい時は、どの国・地域において市場開拓が可能かを伝えます。また、その地域を過去に訪れて現地の人と交流した経験があれば、具体的な裏付けにもなるでしょう。

自己アピールは、会社にとって有益なポイントを簡潔に伝えることが大切です。また自分の魅力を人事の心に響かせるためには、根拠や具体例の提示も忘れてはいけません。

逆質問もアピールのチャンス!

面接の最後、お約束とも言える「何か質問はありますか?」の問いかけ。多くの人は緊張しているため、質問せずに早く終わりたいと思うところでしょう、しかし、この瞬間も自己アピールできるチャンスです。ここで魅力的な逆質問をすれば、好印象を残せるかもしれません

たとえば「採用が決まったら、入社までに何を勉強すれば良いですか?」と反対に投げかければ、そこでも仕事への熱意を伝えられます。無理に質問する必要はありませんが、未練を残さないためにも最後まで力を尽くすことをおすすめします。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ