マーケティングで守るべきルールとは?

2017.11.15 更新日:2022.05.06スタッフブログ

電話で信頼を構築する社員

マーケティングとは、お客様が自ら商品を買いたくなる状態になる仕組みづくり、つまり「売れる仕組み」づくりのことを広義でマーケティングと呼びます。このことを実現するために、行うべきことや、守るべきルールがあります。そこで今回は、マーケティングにおいて不可欠となるポイントについてご説明します。

マーケティングでは信頼を得る手段をとることも大事

具体的オファーの提示

マーケティングにおいては、オファーの提示が必須です。商品やサービスを売るために、マーケティングを行っているからです。商品やサービスの価値を伝えなければ、お客様は買おうと思わないでしょう。

たとえば、限定販売のため急がないと売り切れてしまうと伝えます。再生産の予定もないことを付け加えて、商品に希少価値があることを提示するわけです。この価値にお客様が心を動かされれば、すぐに購入を決断してくれる可能性が高くなります。

お客様が希少価値に関心を持っていなければ、この提示方法は効果がありません。できれば、より多くのお客様にとって魅力的な価値を考えることが望まれます。また、お客様の心変わりを避けるために、より早い決断を促せた方が良いでしょう。

フォローアップ体制の構築

マーケティングとともに欠かせない作業が、フォローアップ体制の構築です。案内した商品をすぐに購入してもらえるとは限りませんから、お客様へのフォローも重要です。

マーケティングにおいて大切なことは、「お客様からの問い合わせはビジネスチャンス」と考えること。そのためには、電話を取り逃さない体制作りが求められます。また電話があった際には、お客様に確認する情報も決めておかなければなりません。名前や電話番号を聞きそびれて、折り返し連絡できないという事態も起こりかねないからです。

フォローアップを怠れば、マーケティングにより芽生えたお客様の興味が失われる恐れがあります。その興味を商品の売り上げにつなげるために、しっかりした体制の構築が不可欠です。

お客様とのコミュニケーションも大切

マーケティングでは、お客様とのコミュニケーションも、とても大切です。ソーシャルメディアを活用している場合、コメントの内容によって適切に対応すればユーザーとの関係を良好にします。

批判的なコメントに対しては、感謝の気持ちを示すことで相手の気持ちを和らげ、状況の悪化を防げます。また好意的なコメントであれば、内容を公開するという方法もあります。その場合、ユーザーの了解を忘れてはいけません。

いずれにしても、コミュニケーションを大切にしていると伝われば、お客様からの印象が良くなると考えられます。その結果、お客様と良好な関係が構築され、売り上げ向上も期待できるでしょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ