ドロップシッピングのデメリットに気をつけよう

2021.06.22電話代行

最近、ネットショップの新たなビジネスモデルとして着目されているドロップシッピング。さまざまなメリットがあるものの、デメリットも少なからず見られます。従来の方法を選ぶ場合も、ショップ運営の負担を減らすなら電話代行を活用するとよいでしょう。そこで今回は、ショップ運営に電話代行を活用する意味や、弊社の「ネットショップ専門 電話代行」の特長をご紹介します。

電話対応中のオペレーター

ドロップシッピングの仕組みとメリット

ドロップシッピングは、商品を仕入れず販売する方法です。そのため在庫を管理する面倒などがなく、ビジネスを手軽に始められるメリットがあります。

ドロップシッピングの仕組み

ドロップシッピングの仕組みを簡単に表現すると、商品の仕入れや在庫管理を伴わないネットショップの運営方法です。

販売したい商品が見つかった場合も、自らメーカーや卸売業者から仕入れることはありません。ネット上に開設したショップには、販売したい商品の情報を掲載します。

その後、ネット注文を受けた際に、ショップから商品を扱っているメーカーや卸売業者に受注内容を伝える仕組みです。その連絡を受けると、製造元のメーカーなどは受注された商品を購入者に直接発送します。

最終的にショップは、ネット上で商品を宣伝および販売したことに対して報酬を受け取ります。

ドロップシッピングの方法

ドロップシッピングの方法は、大きく分けると自分でメーカーや卸売業者を探すケースと仲介業者を活用するパターンの2種類です。

自分でメーカーや卸売業者を探す場合、ドロップシッピングの契約は取引先に選んだ相手と直に結びます。このタイプは、自分が気に入った商品を販売しやすいといわれています。

もうひとつのタイプで契約する相手は、ショップと製造元のメーカーなどを仲介する業者です。通常、ドロップシッピングやアフィリエイトのサービスを扱うプロバイダーが仲介業務を担当します。

仲介業者の多くは事前に複数メーカーと契約済みであり、ショップは仲介業者が用意したラインアップから商品を選ぶのが一般的です。

ドロップシッピングの主なメリット

ドロップシッピングがもたらす主なメリットは、ショップ運営に伴う負担の少なさです。

この方法の場合、ショップ運営は商品の販売が中心業務になります。実際に必要となる作業は、ネット上で販売したい商品を宣伝することと、注文の受付です。

ネットに商品情報を掲載する際、あらかじめ商品を仕入れる必要はありません。さらに、日頃の在庫管理ならびに注文を受けた後の商品の梱包や発送作業も不要です。

このサービスのプロバイダーが提供するプラットホームでショップを簡単に開設できる手軽さもあって、ドロップシッピングは増える傾向にあります。

ドロップシッピングで気をつけたいデメリット

ドロップシッピングはメリットばかりでなく、さまざまなデメリットがあることも指摘されています。特に気をつけたい点を挙げると、競合相手の多さや利益を上げる難しさです。

競合相手が多い

ドロップシッピングを始める際、多くの競合相手を避けて通ることはできません。ネットショップの開設や運営に大きな手間がかからないため、競合相手はどんどん増えていきます。これから新規参入するなら、ユーザーの興味を引くために、ほかのショップとの差別化が不可欠でしょう。

ただ、プロバイダーが用意した商品ラインアップを使う場合、他店との違いを示すのは容易でないと考えられます。

利益を上げるのが難しい

ドロップシッピングは、従来のネットショップなどに比べると大きな利益を上げるのは難しいと指摘されています。

この方法は商品の仕入れが必要なく、仕入れ価格も交渉しません。多くの競合相手と差別化するため販売価格を下げると、それだけ利益の減少につながるといわれています。

価格競争を展開しないなら、どんな方法で利益を向上するか頭を悩ませる必要があります。

在庫状況が分かりにくい

ドロップシッピングでは、在庫状況の分かりにくさも問題視されています。

このスタイルで運営するネットショップは、販売する商品の在庫を持ちません。基本的に自分で在庫管理しないため、注文を受けた時にどれくらい商品が残っているか把握するのは困難です。

場合によっては、ショップから製造元に発注した段階で品切れと判明するリスクが伴います。

販売商品が手元にない

ドロップシッピングの場合、通常、販売する商品そのものは手元にありません。

ショップは商品を宣伝する際、その情報をネット上に掲載すれば済みます。従来の方法と異なり写真撮影などは不要であり、手元に取り寄せる必要はなくなります。

受注後の発送作業も省かれるため、結果的に実物を見ないまま商品を宣伝することになる可能性があり注意が必要です。

トラブルに対処しにくい

商品の宣伝・販売が中心となるドロップシッピングは、トラブルが起きた時に対処しにくい問題も発生します。
このビジネスモデルは、多くの作業を外部に任せられるところが大きな利点です。一方、どこかでトラブルが起きても把握しにくい傾向が見られます。

すぐに対処しないとショップの信頼が損なわれる場合もあるため、できるだけ気をつけたいところと考えられます。

ドロップシッピングは手軽にショップ運営を始められるものの、必ずしも期待通りの利益を得られる保証はありません。この点をふまえると、どんな運営方法が自分に合っているかの検討が必要かもしれません。

電話代行を活用する意味

いずれの方法でネットショップを運営するとしても、迅速かつ適切な顧客対応は大切です。電話代行の活用には、電話やメールによる速やかな受付体制を整えられる意味があります

いつでも電話がつながりやすい

電話代行サービスは、いつでも電話がつながりやすいところが特長です。24時間365日対応するタイプであれば、夜間休日対応も問題ありません。

ネットショップを開設・運営する時、ユーザーから商品のお問い合わせや注文が寄せられる時間帯はよく問題点に挙げられます。ショップの運営者も本業を抱えている場合、夜間休日に殺到した連絡を手早く処理するのは難しいでしょう。そんな時は、電話代行を活用すると電話やメール着信の取りこぼしを防ぐのに役立ちます。

弊社サービスはいずれも応答率が平均98%以上であり、より多くの顧客獲得につながると期待できます。

受け答えは親切・丁寧

電話代行のオペレーターは、受け答えが親切・丁寧です。どんな用件でも、基本的にはユーザーの機嫌を損ねる心配がありません。

ネットショップ運営では、従来型とドロップシッピングともに商品の注文受付が不可欠です。仕入れや在庫管理の手間がなくても、人気商品の注文が殺到すると顧客対応は粗雑になるかもしれません。

いつでも印象のよい注文受付を維持したい場合、電話代行が適していると考えられます。オペレーターは親切・丁寧な言葉遣いを心がけているので、ユーザーの気分を害さずに済むでしょう。

特にオペレーターの教育体制が充実している弊社サービスなら、高品質のサービスを提供できます。

おすすめは「ネットショップ専門 電話代行」

ネットショップ運営に伴い電話代行を利用する場合、おすすめは「ネットショップ専門 電話代行」です。

「ネットショップ専門 電話代行」は、ネットショップに寄せられるお問い合わせへの電話対応に特化しています。ショップに受付窓口を設置しておくと、ユーザーに安心してもらうのに効果的です。

弊社サービスは、品質レベルの高さに大きな特長があります。商品のラインアップや販売価格がほかのショップと大差ない場合、高品質の電話対応により差別化できることがあります。

激しい価格競争で利益が減るのを避けつつ、ほかには見られないショップを目指すなら、良質な電話対応が実現可能な「ネットショップ専門 電話代行」の利用をご検討ください。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社広報部
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ