電話代行サービス(株)のコールセンター代行はここが違う!

2018.03.11 更新日:2022.05.06コールセンター

納得のいくコールセンター代行を見つけた男性

イベントやセミナーの予約窓口、パソコン修理のカスタマーサポート、あるいは事務局の連絡窓口と、幅広い用途に対応できる電話代行サービス(株)のコールセンター代行。品質とコスト、いずれも犠牲にすることなく、良質なオペレーション・サービスの提供に努めています。今回は、弊社コールセンター代行の他社にはない特長と利点をご紹介。「大規模コールセンターを利用する余裕はないけど、格安業者の利用は何となく怖い」との理由でコールセンター代行選びに迷われている事業者様は、ぜひご一読下さい。

フレキシブルで丁寧な対応ができるコールセンター代行

月間100件から対応可能!

弊社のコールセンター代行では、月間コール数100件から承っています。また、オペレーター個々のスキルの安定感はもちろん、互いに足りないところを補強し合うチーム体制で、大量のコール数への対応も可能としています。

100件前後のコール数は、主にサポートセンター部門の立ち上げ時や、中小企業・個人事業主の方を中心に利用されています。コール数は事業や組織の規模にともない変動するため、大企業や大量レスポンスを前提とするところであれば、それに見合ったコール数設定が可能です。月に1,000件以上のコール数対応はもちろん、月間10,000件でも対応可能な体制が整っています。コール数に関するご相談も、ぜひお気軽にご相談下さい。

・大規模コールセンターでは、少ないコール数は断られるケースも
事業規模や業務内容に応じてフレキシブルにコール数の設定・変更ができるのが、弊社コールセンター代行の強みであり、メリットです。100件程度とコール数が比較的少なめの場合でも、そのコール数に合った値段でのサービス利用が可能です。

規模の大きいコールセンターでは、そうはいきません。最低コール数が月間500件、あるいは1,000件など、大量コールが見込まれることを前提としているため、コール数が少ないケースでは断られる例も少なくないのです。弊社のコールセンター代行は、月間コール数100件~と対応の幅が広いことから、より利便性を感じられるサービス内容となっています。

きめ細かい対応マニュアル

電話代行サービス(株)のオペレーションサービスは、オーダーメイドでのご利用が基本です。そこで大切なのは、「事業者様がどのようなかたちでの電話応対をお望みか」を正確に理解すること。事業者様とのお打ち合わせのなかで、ご要望の点を詳しく聴取し、その内容を反映させた対応マニュアルを作成。オペレーターの日々の応対業務に活かされます。

対応マニュアルには、要望点だけでなく、さまざまなシミュレーションを想定して文言を練っていくため、状況の違いで戸惑う恐れはありません。常に安定感のあるオペレーションが期待できます。

サービス利用後に、「やはり、あいさつの言葉はもう少しコンパクトにしたい」「大口の顧客ができたので、そのお客様だけ個別の対応をして欲しい」など、対応内容の変更・追加も出てくるでしょう。その際も、遠慮なくご相談いただければ、フレキシブルに対応いたします

60名の在籍スタッフ、チームは8~12人体制

電話代行サービス(株)には約60名のスタッフが在籍しており、コールセンター代行では8~12人体制でチームを組んで電話受付業務に従事しております。余裕を持たせたチーム編成は、サービス品質やパフォーマンスに良い影響をもたらします。

例えば、応答率。コールセンター代行では、応答率98%以上の高さを確保しています。これには、着信ログを曜日や時間帯ごとに集計・分析して、オペレーターを適切に配置していることが大きいのですが、それを可能とするのは、スキルをもったオペレーターによるチーム編成に他なりません。他社のコールセンター代行では、応答率が80%前後というところが多く、どうしても電話の取りこぼしリスクが高くなる点は否めません。

オペレーター教育にも力を入れている弊社では、個々のスキルアップも重視しています。どんなベテランや熟練スタッフでも、定期的にアセスメントを行い、個人面談・個人研修を実施します。現時点でのスキルを客観評価してもらうと同時に、応対品質やコミュニケーション能力をさらに引き上げるための実地訓練も怠りません。現状維持に甘んじることなく、レベルアップを促進する環境が整っているからこそ、個々のパフォーマンスの向上につながり、チームを組んだ時その力が倍加されるのです。

効率的な仕事を行うことができるチーム

大規模コールセンターよりすぐれたコストパフォーマンス

弊社ではオペレーション品質と人への投資を重視しているため、「激安」「格安」と呼べる様な料金設定ではありません。しかし、作業手順のシステム化と緻密なデータ分析に基づく人員の適正配置を実現したことにより、可能な限りコストの削減に成功しています。

そもそも、コスト対策としてコールセンター代行を利用される企業が多いのが現実。その点を踏まえれば、できるだけリーズナブルな料金で安定的な電話受付窓口の構築が望まれます。当社のコールセンター代行は、徹底した企業努力により、サービス品質に満足しつつ、コストパフォーマンスの良さも実感いただけるサービスとなっています。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ