引っ越し時に気をつけたいネット回線手続き

2017.05.21 更新日:2022.05.02スタッフブログ

引っ越し作業をする人

引っ越しとなれば、インターネット回線に関する諸々の手続きが必要となってきます。ネットを継続利用するにしろ、解約して新たなプロバイダと契約を結ぶにしろ、引っ越しに必要な手続きを確認しておきましょう。今回は、引っ越し時のネット回線に関する手続きと、新規プロバイダ契約の手順についてご説明します。

引っ越し時に注意しておきたいネット回線などの手続き

引っ越しの際、ネット回線に関する必要手続き

引っ越し先でもプロバイダを変えず、引き続き同じネット回線を利用するケースもあるでしょう。その時でも、必ず必要な手続きがあります。それは、旧住所での回線停止手続きです。そして、切り替え作業も同時に必要ですので、契約続行の場合もプロバイダに新居に引っ越す報告は忘れずに行って下さい。

必要な手続きや報告を済ませずに転居してしまうと、引っ越し先でインターネットが使えなくなってしまいます。転居先にネット回線が引かれていなければ開通工事も必要ですので、引っ越しの際はプロバイダのホームページを見て必要手続きの確認を必ず行う様にしましょう。

新規プロバイダの契約手順

引っ越しとともにこれまでのプロバイダ契約を解除し、別のパートナーとの契約を希望する場合、引っ越しする前に旧プロバイダとの解約手続きを済ませる必要があります。その後、新規契約の手続きに取りかかりましょう。

希望のプロバイダが決まっていれば、引っ越す前に、新居でその回線の引き込み工事が可能かどうか、確認することも忘れずに。マンションによっては、専属契約業者がいて、回線も固定となっている可能性があります。引っ越し先のネット環境は必ず確認する様にしましょう。

希望するプロバイダと新規契約を結んだ後、そのマンションに回線がなければ、開通工事をする必要があります。その場合、引っ越してすぐにインターネットの利用はできませんので、早めの手続きが大切です。

解約の注意点

プロバイダや契約内容によっては、契約期間中の解約が不可だったり、違約金を請求されたりするケースもあります。契約の際に言われたことでも解約の頃には忘れている可能性もあるので、契約内容の事前確認もしっかり行う様にして下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ