新入社員の心得とは?

2017.07.27 更新日:2021.08.10スタッフブログ

新入社員が早く1人前になるためには?

7月も下旬に差しかかり、4月入社の新入社員の方々も、だいぶ会社の雰囲気や仕事内容にも慣れた頃ではないでしょうか。
ただ、新入社員の方々は、いろいろな不安を抱えていると思います。それでも念願かなって入社できたのですから、少しでも実りある日々を送りたいものです。そこで今回は、1日でも早く1人前になるための、新入社員が常に肝に銘じておきたい心得をご紹介します。

落ち込むサラリーマン

感謝の気持ちを忘れない

新入社員が仕事ですぐに成果をあげることは不可能に近いですし、おそらく上司や会社もそれを望んではいません。最初のうちは周りから教わることばかりでも、教わったことを上手くできず迷惑をかけても、許されます。しかし、その際も感謝の気持ちだけは忘れてはいけません。

仕事を教わる時は、仕事を後回しにして面倒を見てくれる先輩に感謝しましょう。失敗して怒られたら、労力を惜しまず叱咤激励してくれる先輩に感謝しましょう。とにかく全てが勉強だと思って、「ありがとうございます」という気持ちを持って臨むのがベストです。

自分で考えて行動する習慣を身につける

最初のうちは、言われたことも満足にできない日々が続くでしょう。しかし、落ち込んでばかりではいけません。周りの人たちは、結果だけではなくプロセスも見ているからです。ただ機械的に作業しているのか、それとも頼まれた作業の意味を理解しているのかも、上からの評価ポイントとなります。

何か頼まれた時には漠然と始めるのではなく、その仕事の意味や目的を考えることが望ましいです。そうすれば、仕事の仕上がりは目的に沿ったものになりますし、無駄も少なくなり、作業効率も格段にアップすると思います。

ビジネスマナーをしっかり押さえる

たとえ新入社員であろうと立派な社会人の一員ですから、当然、いかなる場面でも社会人らしい振る舞いが求められます。そのためには、ビジネスマナーを身につけることが必要最低条件となります

ビジネスマンが重視すべきビジネスマナー

  • 基本的な挨拶
  • ビジネス文書の書き方
  • 名刺交換
  • 冠婚葬祭マナー など

ビジネスマナーは、社会人の素養を推し量るバロメーターでもあります。空いた時間を使って知識を身につけるなど、意識してマスターする様にして下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ