ノックの回数とビジネスマナー

2017.10.17 更新日:2021.08.18スタッフブログ

ノックの国際標準ルールや叩き方のマナー

ドアノックにもビジネスマナーがあることをご存じでしょうか。例えば、就活の面接においては叩き方が第一印象を左右します。また、世界共通の国際ルールも定められており、日本とは違いが見られます。場面や相手によって使い分けが求められることも。そこで今回は、ドアノックの回数とマナーについて、日本と欧米の比較も含めてご説明します。

ドアノックの回数とマナーについて説明する男性

何回叩くのが適当?

日本では、いろいろな場面でドアを2回ノックする人が多いと思います。しかし日本のビジネスシーンでは、就活の面接も含めて3回が一般的なマナーです。正式な場において2回ノックは、トイレが空いているか確認するための回数とされています。普段の感覚のままビジネスシーンでも2回ノックすると、トイレを連想させるため避けなければいけません。

4回ノックしてもマナー違反ではありませんが、2回に慣れている人からは多いと思われるかもしれません。あくまで日本に限られますが、ビジネスなど礼儀を問われる場面では3回ノックが無難です。もし、4回ノックするなら、あまり間隔をあけず2回ずつに分けて叩くという方法もあります。

欧米のルールと国際標準

欧米のルールでは、2回はトイレのドアを叩く回数、3回は家族や友人など相手が親しい時、4回はビジネスシーンなど正式な場面と決まっています。そのうち4回は、ドイツの偉大なる作曲家、ベートーベンの『運命』に由来しているそうです。重要な交渉場面を“運命”と位置づける、ドイツ人らしい厳格さが垣間見られます。

国際標準ルールも基本的に欧米のルールと共通しますが、少し意味が異なります。2回は誰か中にいるか確認する意味があり、トイレにも適用されます。それに対して3回は、「中に入ります」という入室確認の意味が込められています。この様な世界共通のルールは、「プロトコールマナー」と呼ばれ、文化などの違いに関係なくスムーズに交流するために定められました。

叩き方のマナー

ドアの叩き方にもマナーがありますから、無造作に叩いてはいけません。まず手を握って中指の第二関節を少し突き出し、ドアノブの上を軽く叩きます。ドアの真ん中と思われがちですが、違います。ゲンコツのまま叩くと、「ドンドンドン」となる恐れがあります。急いでいても慌てずゆっくり、緊張していても力まずに叩きましょう。

denwadaikou_side1

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ