マーケティングを学ぶ実務検定について

2018.01.13 更新日:2022.05.06スタッフブログ

検定試験の講座を行う男性

どの業界の仕事でも、マーケティングについて学んでおけば業務に有効活用できます。そんなマーケティングについて勉強したいのであれば、マーケティングビジネス実務検定への挑戦がおすすめ。今回は、マーケティングビジネス実務検定についてご説明します。

マーケティングの知識を客観的に示せる資格

マーケティングビジネス実務検定の概要

マーケティングビジネス実務検定試験は、国際実務マーケティング協会が2005年から年に3回実施している検定資格です。試験では、マーケティングの基礎知識と技能が問われます。マーケティングビジネス実務検定を受験すれば、ビジネスシーンで求められるマーケティング知識の習得と同時に、所属企業のマーケティングレベルの把握と課題の発見にもつながるでしょう

マーケティングビジネス実務検定は、難易度に合わせてA級からC級に分かれています。

  • A級:戦略立案・意思決定ができるレベル
  • 準A級:管理業務ができるレベル
  • B級:マーケティング業務の運営ができるレベル
  • C級:ルーティンをこなす必須スキルがある

マーケティングビジネス実務検定の難易度は級により違いますが、全体的に合格が困難といえるレベルではありません。C級なら、勉強期間は1ヶ月間、1日1時間の継続で合格圏内に入ることができるといわれています。合格するための講座も開設されていますので、独学に不安を覚える方は受講してみましょう。

受験するにあたって

受験資格は特になく、誰でも受けることができます。受験料は、C級で5,980円、B級で7,150円となっています。
また、会社や学校単位などでの団体で申し込むことも可能で、その際は多少の割引があるようです。受験料の支払いに関しては、銀行振り込みやクレジットカードに対応しています。会場に関しては、東京、神奈川、名古屋、大阪となっています。当日は、筆記用具と受験票の他に、身分証明書が必要となりますので、忘れずに持参するようにしましょう。

目指す業界・職種に関係なく役立つ

マーケティングビジネス実務検定は、目指す業種・職種問わず、そのスキルが役立つ資格です。この資格取得で得られるのは、マーケティング理論や知識だけではなく、仕事にも役立つ実務知識です。また、同検定は企業に自分の実力を客観的に示すことができるため、取得していれば就職・転職活動に活かせる資格です。

マーケティングの企画・営業・販売、独立を目指す場合、マーケティングの知識と実務スキルの習得は欠かせません。資格を保有すれば就職・転職に有利に働く可能性もあり、採用されれば実務面で戦力となり得ます。ビジネスマンとしてステップアップを図る意味でも、積極的に受験して損はない資格といえるでしょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ