変化の著しい時代にはグロースハックが役立つ?

2021.03.31ビジネス豆知識
Pocket

グロースハックは、マーケティング手法の一種です。常にユーザーの声を把握しながら商品・サービスの改善と成長に取り組むため、いつでも市場のニーズに応えられる可能性があります。いまは市場の変化が著しい時代ですが、そんな状況のなかでもグロースハックを導入すれば大いに役立つかもしれません。そこで今回は、グロースハックの基本情報とともに実際の導入方法や成功のポイントをご紹介します。

グロースハックの基本情報

グロースハックとは、商品やサービスの分析や検証を通じて商品価値やサービス品質の成長へと結びつけるマーケティング手法です。

言葉の意味

グロースハックは英語でGrowth Hackと表現され、「成長を維持し続ける」や「成長を推進し続ける」との意味合いを持ちます。

もともとGrowthは「成長」や「発育」、Hackは「たたき切る」や「森林を切り払って進む」さらにコンピュータ関連では「プログラミングに取り組む」や「不法に侵入し改変する」を意味する言葉です。

Huckからはハッカーやハッキングが連想され比較的にネガティブな印象があるものの、グロースハックの場合にはポジティブなニュアンスで使われ「継続的に成長させる」との意味が生まれました。

言葉の命名者は、アメリカの起業家でドロップボックス社の創業時にマーケティング部門を支えたことで知られるショーン・エリスです。

従来のマーケティングとの違い

グロースハックは、商品・サービスに成長や拡散へとつながる仕組みを取り入れているところが従来のマーケティングと大きく異なります。

従来の方式では、広告による宣伝活動やSEOを用いたアクセス解析が中心でした。これらの手法はグロースハックにも受け継がれ、これまでと変わりません。

グロースハックは、さらに商品・サービス自体が成長・拡散のための仕組みを含んでいる点が従来型との大きな違いです。具体的な仕組みとしては、タグ付けにより情報の拡散を促す機能が挙げられます。

この手法ではとくに商品やサービスの成長・拡散に力が入れられ、どんな仕組みを取り入れるかが重視されています。

いま注目される背景

最近、グロースハックが注目を集めている大きな要因はIT・Web業界の変化の激しさです。

これらの分野では商品やサービスの開発ペースが速く、新しいアプリやツールが次々に登場しています。新規参入しやすい領域では競合他社も多く、ユーザーはより便利なサービスにすぐ乗り換える傾向です。

かつて見られなかったほど著しく変化する業界で生き残るには、それに見合った手法が求められます。そこで目を向けられたのが、短期間で商品・サービスの分析から成長まで進められるグロースハックです。

ただ必ず成功する保証はなく、職場で採用する時には導入方法や成功のポイントを理解しておくことが望ましいと考えられます。

グロースハックの導入方法

グロースハックの導入時によく選ばれる方法は、「AARRR(アー)」と略されるフレームワークです。別に「スタートアップ・メトリクスモデル」の名もあり、5段階の流れに分かれます。

第1段階:「Acquisition(獲得)」

第1段階で最初のAが示すのは、Acquisition(獲得)です。まず、このステップでユーザーの獲得に取り組みます。

通常、Web上で商品・サービスを提供し始めたばかりであれば、その存在そのものを知られていないと考えられます。そこで自分たちが何を提供しているか広く知ってもらうのが、最初の段階です。

基本的には、ユーザーの新規登録や実際のアクセスを目指します。

第2段階:「Activation(活性化)」

第2段階で次のAが示すのは、Activation(活性化)です。このステップでは、ユーザーの利用による商品・サービスの活性化を進めます。

商品・サービスのもとへユーザーに訪れてもらえても、閲覧だけで終われば不十分です。新規登録やアクセスの後、さらに利用してもらうことが大切といえます。

そこで、この段階は商品・サービスの盛んな利用が目標になります。

第3段階:「Retention(継続)」

第3段階で最初のRが示すのは、Retention(継続)です。ここでは、商品・サービスの継続的な利用に向けた取り組みを始めます。

Activate(活性化)により一時的に利用者が増えても、すぐに離れていけば成長の維持は望めません。言葉通り成長を推進し続けるには、少しでも長く利用してもらう必要があります。

そのため、この段階では継続的な利用が重んじられます。

第4段階:「Referral(紹介)」

第4段階で次のRが示すのは、Referral(紹介)です。このステップに進んだら、既存の利用者から周囲への紹介を促します。

利用者を増やすにも、Web上でユーザーを待っているだけでは時間がかかります。グロースハックの場合、そこで用いられる仕組みが商品・サービス自体に取り入れられた成長・拡散のための機能です。

この段階は、グロースハック特有の機能で認知度アップを目指します。

第5段階:「Revenue(収益化)」

第5段階で末尾のRが示すのは、Revenue(収益化)です。最後の段階では、収益につながる商品・サービスの利用をユーザーに求めます。

商品・サービスの提供者にとって、最終的な目標は収益の獲得です。この目標を果たすため、グロースハックでは利用者の獲得や認知度アップに取り組みます。

ここまでの成果を活かし最後に目指すのが、収益化です。各段階を適切に進めれば、グロースハックを成功に導けると考えられています。

グロースハック成功のポイント

グロースハックに成功するうえで重要なポイントは、データ分析を通じた課題の発見、課題解決に用いた改善策の検証および効果的な改善策による商品・サービスの成長です。

データ分析を通じた課題の発見

グロースハックで成功するには、データ分析を通じた課題の発見が欠かせません。

通常、最初から何も問題のない商品やサービスをつくり出すことは難しい作業です。たいてい、開発当初には改善する必要のある課題が見つかります。

新しい商品・サービスが抱える課題を発見するには、ユーザーの反応やリピート率に関するデータ分析が不可欠です。どんな課題があるか明確になったら、問題解決に効果のある改善策を検討します。

課題解決に用いた改善策の検証

グロースハックは、さまざまな改善策の効果を繰り返し検証するところが特徴的です。

新たな商品・サービスに課題が見つかった場合、基本的に2~3回ほど改善するだけでは終わりません。さまざまな改善策を試みながら、いずれの方法が高い効果を発揮するか検証を繰り返します。

ただ、変化の激しい市場の動きに対応するには長い時間をかける余裕はありません。そのため、多くのコストをかけず短期間で検証作業を進めるところもグロースハックならではの特徴に挙げられます。

効果的な改善策による商品・サービスの成長

グロースハックでは効果の高かった改善策を次々に取り入れ、商品・サービスの成長を維持・推進します。

最初に述べた通り、グロースハックは「継続的に成長させる」との意味を持つマーケティング手法です。この意味にしたがい、商品・サービスの改善と成長はたいてい何度となく繰り返されます。

グロースハックの手法で常にユーザーの声をふまえながら改善と成長を継続すれば、市場の変化が激しくてもニーズに合わせた商品・サービスの提供が可能になると考えられます。

ユーザーのニーズが著しく変化するビジネスシーンで取り残されず対応していくには、グロースハックが少なからず役立つでしょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ