これからの社宅はテレワーク対応がおすすめ

2021.02.18ビジネス豆知識

ここ数カ月、新型コロナウイルスの影響で職場の導入例が増えたテレワーク。ただ通勤時の不安がない一方で、仕事とプライベートを区別しにくい問題も抱えています。いま社宅を探すなら、在宅での働きやすさを重視した物件がおすすめです。テレワークに対応していれば、仕事に集中できる環境を手に入れられるでしょう。そこで今回は、テレワーク対応の社宅がおすすめの理由や物件選びのポイントをご紹介します。

これからの社宅はテレワーク対応がおすすめ

なぜテレワーク対応の社宅がおすすめ?

今後は在宅勤務が定着すると予想されています。これからは、テレワーク対応の社宅を探していくことがおすすめです。

今後、テレワークは浸透する流れ

ビジネスシーンでは、今後、テレワークがさらに浸透すると考えられています。

国内では、新型コロナウイルスの感染が確認されてから、感染拡大を防ぐため外出自粛が求められてきました。そんな状況のもと推奨されている新しい働き方が、職場への出勤を必要としないテレワークです。

全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大したため、会社でテレワークを導入するケースが急速に増えました。いまも事態が収束に向かう気配は見られず、多くの職場ではテレワークを続けています。

テレワーク導入例の増加は、そのメリットが広く認識される好機になりました。そのため職場ではテレワークの継続を望む声が多く聞かれ、今後はさらに浸透する可能性があるといわれています。

メリットばかりではないテレワーク

テレワークは通勤の苦労やウイルス感染のリスクを減らせるものの、メリットばかりではありません。

この働き方が抱える大きな問題は、仕事とプライベートを区別する難しさです。在宅勤務の場合、職場に比べて仕事に集中しにくい傾向にあるといわれています。

在宅勤務中、仕事の妨げとなる主要原因は誘惑の多さです。自宅は職場と異なり、プライベート用品があふれています。趣味のグッズが視界に入ることもあるため、気になってしまうと仕事に集中するのは困難です。

また、周りとのコミュニケーションが取りにくく孤独を感じやすい点も、テレワークによく見られるデメリットとして指摘されています。

快適に働くにはテレワーク対応がおすすめ

テレワークがさまざまなデメリットを抱えるなか、少しでも快適に在宅勤務するにはテレワーク対応の社宅がおすすめといえます。

つい最近まで、住まい探しでは家賃の安さや職場からの近さが重視されていました。社宅とは、会社が従業員に貸与する家族向けの物件を指します。比較的安い家賃が、従業員にとっての大きな魅力に挙げられます。

現在、テレワークの浸透もあり、家の選び方には多少の変化が生じています。とくに最近、注目を集めている点は在宅で働きやすい環境かどうかです。社宅でも、テレワークに対応した物件が喜ばれるでしょう。

在宅勤務しやすい社宅選びのポイント

在宅勤務しやすい社宅を選ぶ時の大切なポイントは、作業スペースを確保できるか、仕事で使える共有施設があるか、インターネットが利用できるかの3点です。

作業スペースを確保できるか

部屋の間取りは、作業スペースを確保できる設計になっているかが重要といえます。

一般的に社宅は、会社が家族向けに用意している賃貸物件です。社宅でテレワークする社員は、家族と一緒に日常生活を送りながら自分の仕事も進めることになります。

仕事場には、ある程度の広さがあるリビングやダイニングが選ばれる傾向です。ただ、いずれも家族がよく集まる場所のため、仕事向きの環境とはいえないでしょう。

作業効率を考えるなら、自分1人になれる空間が望ましいと考えられます。書斎に使える部屋は理想的です。窓があると気分転換するのに役立ちます。

仕事で使える共有施設があるか

自宅以外で作業する場合、社宅内に仕事で使える共有施設があるかが重要なポイントです。

社宅に入居しても、作業スペースを確保できる部屋が見つかる保証はありません。人によっては、部屋の間取りに関係なく自宅では仕事に集中できないケースも見られます。

そんな場合には、社宅のなかに仕事向きの共有施設があれば便利です。最近は共有施設にワークスペースを設けている物件もあります。たいていは事務機器が備えられ、ネット環境も整っているのが魅力です。

共有施設のワークスペースには、周りの利用者と雑談して息抜きできるメリットもあります。自宅より働きやすく感じる可能性もあるでしょう。

インターネットが利用できるか

テレワークはオンライン方式での業務が増える傾向にあります。ネット環境のチェックは怠れません。

いまは新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため、ビジネスシーンでは直接対面しないオンライン会議や商談が主流になっています。テレワークが定着すれば、この傾向は今後も続くでしょう。

これからオンライン方式の業務がさらに多くなれば、インターネットが不可欠です。家選びにて、ネット環境を重視する人はますます増えるでしょ。

インターネットをスムーズに利用するには、通信速度が重要です。ネット環境のチェックでは、接続スピードを確認しておきましょう。また、社宅に備えられたネット環境を無料で使えると、経済的な負担を軽くできます。

現時点でテレワークが抱える問題点をふまえると、これらのポイントは見逃せません。さらに自分の要望があれば、個々のニーズにも見合った社宅を探すのがよいと考えられます。

賃貸住宅もバリエーションが豊かに

最近は、社宅以外の一般的な賃貸住宅にも、テレワークへの配慮が見られます。

間取りに見られる配慮

個々の部屋に目を向けると、間取りにテレワークへの配慮を感じられる物件が増えました。

たとえば、書斎に使える個室が取り入れられた間取りです。リビングの一角を、ワークスペースとして仕切っているケースも見られます。

室内設備も、いろいろ配慮を感じられるものが多くなりました。物件によっては、あらかじめ簡易テーブルや壁収納を考えた有孔ボードが備えられています。

中古物件も、テレワークに対応するためリニューアルしている例が増えたとのことです。これまでと変わらない間取りばかりではないので、新規物件にこだわらないなら目を向ける価値が大きいといえます。

共用スペースが充実

いまの賃貸物件は共用スペースも充実する流れにあります。

通常、賃貸物件の共用スペースといえば建物のエントランス、廊下や階段などです。実際、これまで多くの物件では、仕事場としての利用を意識したスペースは見かけませんでした。

かつて仕事と縁の遠かった共用スペースも、近頃はテレワーク時に使えるものが登場しています。この空間では作業中の使い勝手が考慮され、事務機器や個室に近い作業ブースが充実しています。

なかにはカフェが設置されているケースも見られ、ひと息つくにも不便しない充実具合です。

整備の進むネット環境

ネット環境は、社宅にとどまらず賃貸物件で盛んに整備が進められています。

これまでも賃貸物件では、ネット環境の整備に多くのニーズがありました。いまはテレワークの浸透により、さらにニーズが高まっているといえます。

そんな声に応え、Wi-Fiを完備している物件は増えています。通信速度やセキュリティ面に問題がなければ、オンラインでの会議や商談にも安心して使えるでしょう。

部屋の間取りや共用スペースとともにネット環境の整備も進み、賃貸物件の魅力は高まっていると考えられます。

今後も、テレワークは多くの職場に普及すると予想されます。これから社宅や一般的な賃貸物件を選ぶなら、快適に働ける環境を整えるためテレワークに対応したスタイルがおすすめです。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ