一人親方として水道屋を目指すために必要なスキル

2022.07.26 更新日:2022.07.26秘書代行

水道屋一人親方

一人親方とは、被雇用者を雇わず自分や家族だけで事業を行う事業主のことです。成功すれば収入アップが狙えるため、独立を目指す人も増えているといいます。しかし、一人親方はメリットばかりというわけではありません。リスクや必要なスキルなどもしっかりと把握しておくことが大切です。今回は、一人親方として水道屋を開業するために必要なスキルやリスク、安定した収入を得るためのポイントなどをご紹介します

水道屋の一人親方とは?

水道屋の一人親方とは?

一人親方とは、労働者を雇わずに特定の事業を行う個人事業主を指します。業種は、厚生労働省によって建築業や林業、水産業などの7業種のみに定められています。

一人親方は、基本的には個人で仕事を請け負う必要があるため、労働者としてはみなされません。仕事量や仕事の進め方などは個人の技量や状況に応じて決められ、報酬は仕事が完了したことに対して支払われます。

同じように雇用契約を結ばず個人で仕事を請け負っている人で、特定の7業種に含まれない仕事をしている人は、総じて「フリーランス」と呼びます。

水道屋の一人親方の仕事内容

水道屋の一人親方の仕事内容

水道設備工事業の仕事内容は、大きく「給水管引込工事」「屋内配管工事」「下水道排水設備工事」の3種類に分けられます。似ているような印象を受けるかもしれませんが、仕事内容はすべて異なり、それぞれに専門業者が存在するほどです。ここでは、それぞれの仕事内容をご紹介します。

給水管引込工事

給水管引込工事とは、住宅や工場などの敷地内に水道を引き込む作業のことです。敷地に面する道路に埋め込まれた水道管から、敷地内の水道メーターまで水道管を引く作業を行います。「水道取り出し工事」と呼ばれることもあります。工事作業に必要な日数は、通常1日もかかりません。

屋内配管工事

屋内配管工事とは、水道メーターから屋内の水道の使用箇所まで配管を伸ばす作業のことで、給水管引込工事の次の工程です。蛇口の取り付けや、止水栓の取り付けなども作業内容に含まれます。蛇口の不具合や水漏れなどのチェックも行うため、作業に必要な日数は敷地の広さや蛇口の数によって異なります。一般的な大きさの住宅なら、給水管引込工事と合わせて2~3日程度です。

下水道排水設備工事

下水道排水設備工事とは、住宅や施設からの下水を排水するための設備を整える工事のことです。下水道に関わる管工事のため、土木一式工事に分類されます。一般的な大きさの住宅の場合でも、2~4日の日数を要します。

水道屋の一人親方になるメリット

水道屋の一人親方になるメリット

水道設備工事業に従事する人のなかには、独立後の収入アップを目指して一人親方になるケースも多いといいます。収入がアップするかどうかは、本人の働き方次第といえますが、収入面以外ではどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、水道屋の一人親方になるメリットをご紹介します

仕事に困らない

水道は、人が生活するうえで欠かせない公共施設のひとつです。そのため、水道屋は仕事に困ることが少なく、安定した収入が得られる職業といわれています。現在の日本で使用されている水道管は、老朽化が進んでいるため、管理修繕は避けられません。また、すぐに機械に取って代わられることがない職業ともいわれているため、急に仕事がなくなるということはないといえるでしょう。業界全体で高齢化が進んでいるため、人手不足も懸念されています。

1人でも作業可能

水道の配管工事は、基本的に1人で作業を行い、完了させることができます。ただし大規模な公共事業などの仕事は、従業員の多い水道工事業者に依頼されることが多いため仕事が受注できない可能性が高いかもしれません。一人親方として経営リスクを減らすか、社員を雇い大規模な会社として受注を増やすか、双方のメリット・デメリットを鑑みて計画しましょう。

独立しやすい

水道の配管整備などの仕事は特別な技術が必要なく、作業自体は初心者でも行いやすいとされています。そのため、未経験で入社しても数年で一人親方として独立する人も多いといいます。独立を目指しながら会社で経験を積み、知識と技術を磨ければ数年後の独立も夢ではありません。

水道屋の一人親方ならではのリスク

水道屋の一人親方ならではのリスク

時間や人間関係に縛られず働けて収入アップが期待できるため、一人親方を目指す人も多いようですが、もちろんメリットだけではありません。一人親方には、一人親方ならではのリスクがあります

収入リスク

一人親方として独立した場合、収入はすべて仕事の成果次第となります。つまり、仕事が受注できなければ、収入も得られないということです。少子高齢化やシニア世代の退職などの影響で、建築業界が慢性的に人手不足とされていますが、誰でも仕事が得られるとは限りません。

水道屋としての確かな技術力はもちろん、仕事を受注するための営業力や業界での人脈が必要となります。安定した収入を得るためには、独立前に営業でアピールできる技術と経験をしっかり積み、業界内でしっかり人脈を築いておきましょう。

保険や年金のリスク

個人事業主である一人親方は、会社員に比べて保険や年金の保護が厚くありません。公的な国民健康保険や国民年金のほかに、民間の保険への加入を検討し、万が一の場合に備えたほうが良いでしょう。また、会社員が労災保険への加入が必須なのに対し、一人親方は任意となっています。

仕事中どんなに気をつけていても、避けられない事故は起こってしまうものです。とくに一人親方と呼ばれる業種では、思わぬ事故も発生しやすいといえます。労災保険に未加入の場合、仕事中に事故に遭っても治療費が全額自己負担になってしまいます。万一の出費に備え、加入しておいたほうが良いでしょう。

ケガや病気のリスク

水道工事は、さまざまな機械や器具を使用したり屋外での作業が続いたりします。そのため、オフィスでデスクワークをする会社員に比べて、ケガや病気のリスクが高いといえるでしょう。一人親方の場合、仕事を代わってくれる従業員もいないため、ケガや病気で仕事を休めば、その分、仕事に穴をあけることになってしまいます。

仕事が完了できなければ収入は得られず、労災保険に未加入の場合、治療費は全額自己負担です。仕事が期日通りに終わらなければ、クライアントに迷惑がかかり、次の仕事のチャンスを逃してしまう可能性もあります。

水道屋の一人親方には電話代行の活用がおすすめ

電話代行の活用がおすすめ

一見するとメリットも多い水道屋の一人親方ですが、待っていれば仕事が入ってくるわけではありません。水道屋の一人親方として独立し、安定した収入を得るためには、安定した仕事の受注が必要不可欠です。一人親方の場合、仕事の受注も作業もすべて自分一人で担わなければなりません。作業中に受注の電話が入ってしまい、出られなかった場合は、失注につながるおそれがあります。

電話代行サービスの「水道修理専門 電話代行」なら、365日24時間体勢で電話対応が可能です。作業中に受注の電話がかかってきてもすぐに対応するため、取り逃しや失注のリスクを回避できます。緊急トラブルの電話も、水回り全般の知識を持つオペレーターが瞬時に状況を把握し的確に対応いたします

しっかり研修を受けた、電話対応のプロであるオペレーターが受け付けるため、電話対応に自信がない方にも安心です。応答率の高さはお客様に安心を与え、次の仕事につながる可能性もあるでしょう

まとめ

水道屋の一人親方として働くメリットやリスク、仕事内容などをご紹介しました。独立して一人親方として働く場合、収入アップが期待できますが、仕事が受注できなければ収入に結びつきません。工事作業中に電話での受注を取り逃してしまうことにお悩みの方は、ぜひ電話代行をご活用ください。電話の応答率をアップし、失注を防ぎましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ