副収入源のネットショップ運営を安定させるには

2021.01.19 更新日:2021.10.26電話代行

近年は、副業でネットショップを始めるケースが増えています。ただ十分に時間や人手を確保できず、運営が安定しないケースは少なくありません。安定的にショップ運営するには、ユーザーとの窓口となる電話受付の整備が欠かせないでしょう。あまりコストをかけず電話窓口を充実させるなら、電話代行がおすすめです。そこで今回は、ネットショップが抱える問題などをご紹介したうえで電話代行に見込めるメリットを解説いたします。

ネットショップ運営

副業でのネットショップ運営が増加

最近はネットショップの開設ツールが手軽になったためもあり、副業でショップ運営するケースが増加中です。

副業のネットショップは小規模運営が多い

会社員などが副業で開設したネットショップは、小規模運営するスタイルが多く見られます。ネットショップ作成サービスを提供している会社が実施した調査によれば、サービス利用者の約8割が個人でネットショップを運営する体制でした。このネットショップの運営体制に関する調査は、2020年に実施されています。調査対象は、上述のサービスを利用する加盟店です。詳しい結果を見ると、法人運営22.9%に対し個人運営は77.3%に及んでいます。さらに商品製作しながらショップ運営するケースが7割であり、好きなことから小さく始めるパターンが多いと分かります。

副業によるショップ運営が増えた背景

最近までに副業でのネットショップ運営が増えた主な要因は、開設ツールの手軽さです。近年は、ネット環境が整っていれば簡単にネットショップを開設できるツールが数多く用意されました。かつてほど開店準備に多くの手間をかける面倒がなく、ネットショップの増加に大きく貢献しています。2020年に入ってからの主要原因としては、新型コロナウイルスの感染拡大が挙げられます。同年9月に実施されたアンケート調査によると、新型コロナウイルスの影響で副業を始めたケースは45%です。具体的な業種として、ショップ運営は第2位を獲得しています。これらの調査結果から、少なくとも2020年に限れば新型コロナウイルスはネットショップ増加への影響力が小さくないと判断できます。

参考元:BASE」がオーナーズ調査2020を実施 9割以上が「4名以下」の少人数で運営 -好きなことを小さく始めて将来の可能性を広げる時代に-

副業でショップ運営する難しさ

副業でショップ運営する場合、よく難しいといわれる点は十分な時間の確保です。多くの運営者からは、本業ほど時間を取れず作業に追われるなか、電話対応まで手が回らないとの声が聞かれます。

本業ほど時間を取れない

副業でネットショップを運営している事業者の多くは、十分に業務時間を取れず頭を悩ませています。上記のアンケートが示す通り、副業でネットショップを運営する事業者の多くは個人です。会社に勤務しているケースも珍しくなく、ショップの業務に費やせる時間は帰宅後か週末が中心になります。本業以外の時間を、すべて副業に使えるわけではありません。家事や趣味の合間だけ副業する場合が少なからず見られ、作業時間はかなり限られているのが現状です。とはいえ副業に多くの時間を費やすことは簡単でなく、少ない時間でもショップ運営を続けるには何らかの対策が必要と考えられます。

作業に追われ運営が安定しない

個人的に副業でショップ運営している場合、多くの作業に追われることも大きな悩みの種です。個人でショップ運営していると、運営業務に伴う作業は基本的に1人で進めなければなりません。家族や知人に手伝ってもらうとしても、多くの人手は得られないでしょう。その一方で、運営業務に伴う作業は多岐にわたります。受注内容の確認、商品発送の準備から、入金されているかどうかのチェックなどまで含まれます。少人数体制で作業に追われるなか運営状況を安定させるのは、簡単ではありません。個々の負担を減らすには、多少でも作業を分担することが望ましいといえます。

電話対応まで手が回らない

個人や少人数でショップ運営していると、電話対応まで手が回らない事態にも見舞われます。ネットショップの場合、主なお問い合わせ窓口はメールです。ただ、メールはお客様が返信を受け取るまでに時間がかかる場合も見られ、急いでいる時には電話が選ばれる傾向にあります。十分に人手がないなか多くの作業に追われていると、なかなか電話対応まで手が回りません。少人数体制のネットショップでは、電話による受付体制の整備が課題になっているケースも多く見られます。

ショップ運営を安定させるには

個人的なネットショップで運営状況を安定させるには、リピート率の上昇を目指すと効果的です。成功例によく見られる共通点も、参考材料として役立ちます。

目標はリピート率の上昇

ネットショップを運営するうえで、リピート率の上昇は重要です。ネットショップの場合、たくさん商品が売れていても赤字になるケースが見られます。この現象は、リピート率が低いために起こるショップ運営の落とし穴として知られています。この問題を解決するうえで有効な対策が、リピート率の上昇です。そのため、リピーターの増加はネットショップ運営のひとつのゴールといわれています。ネットショップで望まれるリピート率の目標値は、およそ30%です。運営状況を安定させるなら、まずリピーターの確保や増加を心がけるとよいでしょう。

成功例の共通点を参考にする

ネットショップの成功例によく見られる共通点は、運営状況を安定させるうえで大いに役立つ参考材料になります。多くの成功例に見られる共通点は、電話番号、顔写真、利用ガイド、決済方法の表示と後払い決済の導入です。これらは、ショップを訪れたユーザーに安心感を与える効果が大きいと考えられています。なかでも重要性が高いと考えられるのは、電話番号の表示です。ネットショップでは商品が手元に届いてから問題が見つかるケースも多く、その場合、ユーザーはすぐ連絡を取りたいと考えています。電話番号を表示しておけばユーザーにはいつでも電話できると思ってもらえるため、安心感を与えるのに効果的です。

電話代行で顧客対応を充実

副業で個人的にショップ運営している場合、電話代行を利用すると顧客対応の充実に大きな効果を発揮します。

電話代行で応答率を向上

応答率の向上は、電話代行を利用した際に期待できる主な効果のひとつです。電話代行では電話対応を主要業務としているため、基本的に着信があればすべて受けます。電話がつながりやすくなると、多くのユーザーに安心感を抱いてもらえます。販売した商品に問題が見つかった時、すぐ連絡が取れれば信頼を得られ、リピーターの確保につながるでしょう。

親切丁寧な対応で信頼度アップ

多くの電話代行は、親切丁寧な電話対応が特徴的です。一般的に電話代行のオペレーターは、いつでもビジネスマナーをふまえた親切丁寧な電話対応を心がけています。どんな用件の電話でも、感情的にならず落ち着いて対処するのが基本です。ネットショップの場合、商品トラブルからクレームを受けても冷静な電話対応を望めます。オペレーターがきちんとユーザーの話を聞き、適切に受け答えできれば、ショップの信頼度アップにつながるでしょう。

「ネットショップ専門 電話代行」のメリット

電話代行サービス(株)では、ネットショップ関係に特化したサービスとして「ネットショップ専門 電話代行」を用意しています。このサービスを活用すれば平均98%以上の応答率で高品質の電話対応を実現できます。臨機応変に対応できるところも弊社ならではのメリットです。コール数が少なくても、月間50件程度からお引き受けします。コストを抑えつつ良質の電話窓口を設置するなら、弊社サービスの活用をおすすめします。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ