テレワーク移住に最適!全国対応の電話代行

2020.11.30 更新日:2021.10.25電話代行

新型コロナウイルスの感染拡大により、テレワーク中心となった方が地方に移るケースが増えています。オフィスに出社する機会が減ると、これまで通り電話対応するのは難しくなるかもしれません。その際、おすすめのサービスが電話代行です。誰かが出勤しなくても、オフィスで事務員が電話対応する体制を実現できます。そこで今回は、テレワーク移住した時に電話代行を利用するさまざまなメリットをご紹介します。

テレワーク

新型コロナウイルスが招いたビジネス界の変化

新型コロナウイルスが招いたビジネス界の大きな変化は、テレワーク導入事例の増加です。いま、この変化はテレワーク中心の労働者の地方移住や会社そのものの地方への移転を促しています。

テレワークの導入事例が増加

最近、ビジネス界では新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワークの導入事例が増加する傾向にあります。かつて多くの企業では、テレワークの導入にあまり積極的ではありませんでした。その背景として、従来の仕事の進め方や業務管理・人事評価の方法にテレワークが適さないといった要因が挙げられます。そんな職場環境は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で急速に変わりました。東京商工会議所の調査によれば、2020年5月末~6月初めの企業のテレワーク導入率は3月時点から41.3ポイント増加し67.3%となっています。

テレワーク中心の労働者が地方移住

企業のテレワーク導入が進むなか、テレワーク中心の労働者の間では地方に移住するケースが増えています。テレワークはいくつかの種類に分けられますが、最近の主流は在宅勤務です。自宅で働けるため、満員電車に揺られながらオフィスに出勤する必要はありません。住まい選びで通勤時間を考えなくてもよくなったこともあり、多くの方は首都圏より家賃などの負担が軽い地方への移住を選び始めていると考えられます。

会社そのものが地方へ移転

労働者の地方移住とともに、会社そのものが地方へ移転する事例も見られます。都心にオフィスをかまえると賃料や物件の維持・管理費が高く、コスト的には大きな負担です。さらに新型コロナウイルスの感染予防策として外出自粛が呼びかけられ、仕事も減る傾向にあります。そんな状況に対処するため、会社によってはオフィスの地方移転を選択しています。

働き方の変化を政府や自治体が支援

労働者や会社の地方移住・移転の増加を受けて、政府や自治体はさまざまな支援制度を用意し始めました。

政府による支援制度

政府が用意した支援制度は、東京でのテレワーク勤務を続けつつ地方に移住する方への資金補助です。支援対象は、移住するまでの10年間に通算で5年に及ぶ東京圏内での在住経験がある方です。そのうえで、直近の1年以上は23区に在住または勤務している必要があります。補助金額は移住のみで最大100万円、IT関連事業を起こすと最大300万円です。

自治体による支援制度

自治体による支援制度としては、静岡県静岡市や山梨県上野原市の事例が挙げられます。

静岡県静岡市のケース

静岡県静岡市では、数日間の「お試しテレワーク」を展開中です。静岡駅前を含むシェアハウスと連携し、オフィス使用料4,000円に加え最大で1万2,000円の新幹線代と1泊につき8,500円の宿泊費を補助します。この支援制度が導入された主な要因は、70万人を割り込む住民の少なさです。同市では、東京からの近さや自然の恵みをアピールしています。

山梨県上野原市などのケース

山梨県上野原市や岩手県西和賀町は、オンライン業務への支援に力を入れています。補助金の限度額は自治体ごとに異なり、最大100万円や最大300万円の設定です。地域によっては、作業環境を快適にするため空き家改修を支援するケースも見られます。山梨県上野原市は、会社の活動拠点として建物を5年以上にわたり利用する場合に通信環境整備費などを補助します。長崎県島原市では、島原城の近くにある邸宅をシェアハウス機能のある施設に改装しました。いろいろな地域の支援制度を把握しておくと、テレワーク移住の負担軽減に役立つでしょう。

電話対応には電話代行の利用がおすすめ

テレワーク中心の勤務態勢で電話対応する場合、電話代行の利用がおすすめです。

オフィスへの出社は不要

テレワーク勤務で電話対応する際、電話代行を利用すると出社の必要がありません。仕事関係の電話をテレワークの導入後もこれまで通りオフィスで受ける場合、誰かが出社することになります。新型コロナウイルスに感染するリスクを考えると、できるだけ避けたい状況です。電話代行を利用すれば、感染リスクがあるなか出社せずに済みます。リモート移住でオフィスから遠く離れていても、すべての電話対応を任せられます。

ビジネスチャンスは逃がさない

電話代行を利用すれば、忙しい時も欠かさず電話を受けられます。簡単にはビジネスチャンスを逃がしません。電話代行では、自分の仕事を進めながら着信に応じるのと異なり電話対応そのものが中心業務です。他の作業に追われているからと、電話対応が後回しになる心配はありません。最近は、新型コロナウイルスの影響で仕事の減った会社が多く見られます。そのため、仕事のお問い合わせの重要性が増加しているといえます。電話代行の利用により電話がつながりやすくなればビジネスチャンスの確保に効果的です。

安定の通信環境で電話対応

電話代行であれば、安定した通信環境のもとで電話対応できます。テレワーク勤務では、仕事の連絡を自宅で受けることが増えると考えられます。オフィスほど通信環境が安定していないと電話の声は聞こえにくくなる可能性があり、相手に迷惑をかけるかもしれません。通常、電話代行の職場は通信環境が整備されています。通話中に通信状態が不安定になるリスクは低く、お客様や取引先に不快感を与えるおそれはありません。

電話代行サービス(株)のメリット

電話代行サービス(株)の主なメリットは、全国各地で利用できるところです。さらに高い応答率でビジネスチャンスの確保をサポートし、高品質の電話対応でお客様や取引先からの信頼向上に貢献します。

全国各地で利用可能

電話代行サービス(株)が提供する各種サービスは、全国各地で利用可能です。基本サービスのうち秘書代行であれば、オペレーターが会社の事務員として電話対応します。従業員や会社が地方に移住・移転しても、オフィスに事務員が常駐する体制を実現できます。サービスの利用時間は、普通に事務員を雇うのと異なり会社の都合でオーダーメイドできるシステムです。とくに着信が集中する時間帯だけ利用すれば、人件費の節約を見込めます。

高い応答率でビジネスチャンス確保をサポート

弊社サービスの応答率は、平均98%以上を維持しています。いつでも高い応答率を保てる理由として、過不足のない人員配置が挙げられます。過去のデータをふまえ予想されるコール数に応じた人数のオペレーターを手配するため、ほぼ着信の取りこぼしを防げます。テレワーク勤務で主な連絡手段が電話になると、着信数は以前より増えるかもしれません。それでも電話がつながりにくくなる心配はなく、ビジネスチャンスの確保をサポートします。

高品質の電話対応で信頼向上に貢献

弊社サービスは、いずれも業務レベルが高品質です。オペレーターは、新人研修や日頃の指導を通じてスキルアップに励んでいます。正しい言葉遣いや基本的なビジネスマナーを習得し、思いやりの気持ちも忘れません。いつでも相手の心情に寄り添うため、お客様や取引先から喜ばれる可能性は高く、信頼向上に貢献できます。テレワーク移住しても高品質の電話対応を実現したい時は、弊社サービスの利用をご検討ください。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ