電話代行を不動産で利用、その利点を紹介

2012.11.20電話代行
Pocket

専門用語を使用する不動産向けの電話代行

弊社、電話代行サービス(株)のサービスを利用頂いているクライアント様の業種には「不動産業」というのが少なくありません。

不動産業

一言で「不動産業」といっても、オーナー会社さんや管理会社さんであったり、はたまた建売や売買専門の業者さんであったりとさまざまです。ネット上だけでサイト運営しながら、集客しているような不動仲介産業者さんもいらっしゃいます。

「不動産業」において、弊社の電話代行サービスは大変好評を得ております。利用される、物件資料に基づいた各種条件のご案内や各種設備などのご説明、物件資料の送信など、日頃、不動産業者様が行われているような電話応対を丸ごと、弊社へと行わせて頂いております。顧客の数が多かったり、抱えている物件の数が多いなどで、非常に多くのコール数を対応しなければならない不動産業様も対応させて頂いております。

そのため、笑い話という訳ではございませんが、オペレーター部署をのぞいてみると、電話対応を行っているオペレーターの多くが不動産関係の電話対応を行っているので、「不動産会社?」と思えるほどです。それほど電話代行を行っているため、オペレーターも自然と専門用語を使って案内が可能と言えます。

つまり、電話代行サービス(株)は不動産業の電話対応を行った実績ありという訳です。それが弊社に不動産の電話対応をお任せ頂く利点の1つになります。

不動産業の専門用語を使えることが利点

どうして、不動産業の専門用語が使えることが利点になるのでしょうか?「専門用語」というのは、使い慣れなければ危険なものです。そもそも「専門用語」とは、専門である人間と、専門ではない人間を分ける意味合いもあり、専門用語はある意味で、暗号とも言える側面があります。しっかりとした専門用語の言葉を理解し、それにあった応対ができる人間が電話対応しなければ、お客様を混乱させる対応をしてしまう危険があります。

例えば、不動産に詳細確認の電話をしたにも関わらず、レインズもわからず、間取りの名称も理解していない。専門用語を使って質問してみるが、返ってくるのは専門用語についての質問ばかり。などの対応が続いてしまっていては、不動産業者としての威厳に関わる問題です。

このような対応しかできないような業者と取引をしたいと思いますか?そういう意味でも、専門用語というのは重要な用件になるわけです。

そうならないために、弊社が利点として紹介している訳です。そのため、電話代行で扱う多さを利点として紹介している訳です。他の利点や、弊社がどれだけ不動産業者向けの電話代行サービスを提供させているのか、詳しい情報をまとめたページがありますので、下記のリンクからご興味のある方は一読頂ければと思います。

不動産事業者向け専門サービス

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ