喉の痛みで電話がつらい!オペレーターの喉対策

2020.01.30 更新日:2022.03.08コールセンター

喉の不調を感じる女性

声が命のコールセンターのオペレーターにとって、喉のケアは非常に重要です。喉をケアする方法もいろいろありますが、この記事では、喉のケアが必要な人におすすめの方法を紹介します。また、をケアしてもなかなか症状が改善されない場合の対応策もあわせて紹介します。業務の課題解決に役立ててください。

そもそもコールセンターのオペレーターの喉が痛みやすい原因は?

咳の症状が続いて苦しい女性

コールセンターのオペレーターは喉を痛めやすい仕事ですが、その原因を知れば予防もできます

業務の疲れがたまっている

仕事で疲れがたまっていると、発熱や喉の痛みなどの慢性疲労症候群の症状が出やすくなります。疲れがたまると体内の免疫系や神経系などの体を守る働きを低下させ、体内に潜むウイルスが活性化する仕組みです。ウイルスが増えると、体が対抗するためサイトカインという免疫物質が大量につくられます。

この免疫物質が過剰につくられると慢性疲労症候群となり、発熱や喉の痛みの他、脳の血流の悪化、頭痛、集中力低下などの症状が出ることがあります。

喉を酷使している

コールセンターのオペレーターは仕事柄、長時間にわたって声を出し、喉を酷使します。声は声帯や下、唇などの発声器官を動かすことによって出しますが、中でも声帯はデリケートで疲れやすい部分です。そのため声の出し方や体質によっては、声帯を使い過ぎて炎症が起きやすくなり、喉が痛む原因となります。扁桃腺が腫れやすい体質の人の場合、オペレーターとして働くことによって喉を痛める可能性が高くなります。

空気が乾燥している

喉は粘膜で守られていますがエアコンなどによって空気が乾燥していると、喉が乾燥してウイルスや細菌などに侵入されやすくなり、炎症が起きやすくなります。オフィスの空調が常に効いているような場合や、オフィス内自体が空気が乾燥しやすい環境の場合は特に喉が痛みやすい環境といえるでしょう。エアコンをつけると、部屋の湿度は夏場で40~50%、冬場で20%程度となるので、適切な加湿が必要になります。

声の出し方の問題がある

声の出し方に問題があると、喉が痛みやすくなります。とくに、喉声が癖になっている場合、喉を痛める危険性があります。喉声は喉が閉じて力みが入るので、声の広がりがなく持続力がありません。声を仕事しているオペレーターで喉声になっている場合は、治す必要があります。

喉を痛めてしまったときのケア方法

喉を痛めてしまったときのケア方法にはさまざまな方法があります。順番に確認していきましょう。

マスクをつける

喉を痛めたときは、マスクをつけると保湿効果で喉を守れます。マスクは細菌やウイルスから喉を保護するだけでなく、周囲の乾燥した空気からも喉を守ってくれます。呼気に含まれる水分がマスク内の湿度を上げる保湿効果があり、喉が乾燥しにくくなるのです。喉のケアは日常的に行う必要があり、外出するときや加湿器のない部屋いるときは特に注意しなければいけません。保湿性の高さで選ぶなら、ガーゼマスクが最適です。

温める

喉に痛みを感じた場合は、温めることが大切です。細菌やウイルスは、温度が低くなるほど活発化します。一方、人間の体は、冷えると免疫力が低下します。反対に、体温が1度上がると免疫力は5倍に上がると言われています。このため喉を温めることが、細菌やウイルスから体を守ることにつながり、腫れや痛みの緩和となるのです。

喉を温める場合、ネックウォーマーやマフラーで首元を温めるとよいでしょう。それがない場合は、タオルなどを首に巻くだけでも効果を感じられます。

保湿する

喉の痛みは、加湿器で部屋の湿度を適度に保つことで和らぎます。空気が乾燥していると、ウイルスや細菌の活動が活発になって繁殖しやすくなります。喉の痛みや、咳が出る場合には保湿は有効な対処法です。理想的な湿度は50~60%といわれています。加湿器がないときは、濡れタオルや洗面器にお湯を入れて置いても効果があります。

水分をとる

水分をとることは喉の乾燥を防ぐだけでなく、喉や鼻の粘膜にある繊毛が活発になり、細菌やウイルスの除去に効果があります。水分補給には、常温のミネラルウォーターが最適です。ミネラルウォーターでは軟水が身体に浸透しやすく、喉の潤いも持続しやすいので良いといわれています。殺菌作用のあるカテキンを含む緑茶もおすすめです。紅茶は炎症抑制効果があるタンニンを含み、殺菌・消炎効果のあるハチミツを入れて飲むと喉の炎症に効果があります。

こまめにうがいする

こまめにうがいをするのもおすすめです。水道水でも効果はありますが、市販のうがい薬を使えばより効果的です。うがい薬がない場合は、カテキンによる免疫活性、殺菌効果のある緑茶で代用できます。食塩水でうがいをすることも風邪やウイルスなどの感染予防に効果があります。食塩水は0.9%程度の食塩水が良いとされています。食塩水の濃度が高いと、かえって喉を痛めてしまうので注意が必要です。

喉の痛みに良い食べ物を食べる

喉が痛みによい食べ物を食べることも行ってみましょう。殺菌作用のある代表的な食べ物としては、しょうが、ねぎ、大根、れんこん、ゆず、はちみつなどがあります。体を温める成分や炎症を抑える成分を含んだ食材です。たとえば、はちみつと大根でつくる「はちみつ大根」は、さいの目に切った大根をはちみつに一晩漬けるだけで簡単につくれます。手軽に手に入れられる喉飴を仕事中や外出先で舐めているだけでも、口内の乾燥を防げます。

できるだけ安静にする

喉が痛い場合は十分な睡眠や休養をとって、できるだけ安静にすることが重要です。痛みがあるときに声を出して喉に負担をかけると、一層痛みが増します。ストレスや疲れが体に残っていれば、喉の腫れも良くなりません。体を使わない方が治りは早いので、できれば仕事を休んで、安静にしていることをおすすめします。

病院に行く

以上のようなマスクをする、喉を温める、部屋を保湿する、水分をとる、こまめにうがいをするなどの対処法をとっても回復せず、喉の痛みが長引くようであれば、病院に行くことをおすすめします。早めに病院へ行けば早く回復できます。

喉に痛みがあるときのNG行為

喉に痛みがあるときに、喉を刺激して負担をかけるような食べ物や飲み物を摂取することは避ける必要があります。避けたい飲み物は喉の粘膜に負担をかけてしまう炭酸飲料やアルコールです。カフェインを含むものも飲み過ぎると、水分補給どころか脱水症状を起こす可能性があります。コショウや唐辛子の効いた食べ物やわさびなどの刺激物の摂取も控える必要があります。また、タバコも喉や肺にはよくないので避けましょう。

喉を痛めないための予防策

コールセンターでは、普段から喉を痛めないための予防策が重要です。予防策としては、オペレーターが交代で喉を休める時間をとる、加湿器の設置などでオフィスの空気の乾燥を防ぐ、喉を鍛えるために口を開けて舌を出し入れしたり、首回りの筋肉をほぐしたり、首を大きく回すなどのストレッチをおこなうなどが効果あります。

スタッフの喉の痛みが気になるなら、電話代行サービス(株)に依頼しよう

喉に違和感を感じる人

コールセンターのオペレーターは喉を痛めやすく、痛めたときの喉のケアが大切です。対策としてはマスクをする、乾燥対策に加湿器を使う、喉をマフラーなどで温める、水分をとる、こまめにうがいをする、喉によい食べ物を食べる、安静にする、などの対処があります。

オペレーターが喉を酷使している状況に悩んでいるなら、電話代行サービス(株)に依頼するのも1つの解決方法です。

電話代行サービス(株)なら、お客様の業種や経営方針などにあわせたオーダーメイド型のサービスを利用できます。日中の電話代行はもちろん、夜間・休日の対応も可能です。30年以上にわたって培ってきたノウハウがあるため、オペレーターの対応品質も確かです。ぜひこの機会に利用を検討してみてください。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ