これだけは最低知っておきたいビジネス文例

2016.10.06スタッフブログ
Pocket

知っていることでビジネス文章が書きやすくなるかも

ビジネスで文書を書く場合、独特の言い回しやルールが存在します。そのため、ビジネス文書を書く場合はルールを確認する必要があります。今回は最低限覚えて置かなければいけないビジネス文例についてご紹介いたします。

notepc_man_report02

拝啓と敬具の使い方

ビジネスに置いてよく使われるルールに独特の挨拶があります。その代表として広く知られているのが「拝啓・敬具」があります。こちらの言葉は手紙における挨拶として使われ、どちらもなたに敬意を払って申し上げますというような意味があります。やはり手紙という表情が伝わりにくいコミュニケーションツールなので、歴史の中でこの様なものが生まれたのだと思います。「前略・草々」など他にも組み合わせはありますが、「前略・敬具」さえ覚えておけば問題ないでしょう。

感謝を述べる際の文例

続いて使う機会の多い感謝を述べる際の文例をご紹介したいと思います。基本的には誠意を込めていれば問題ないですが、言葉の表現によって「言葉の重み」を調整することができます。

  • 「ありがとうございます」
  • 「心より感謝します」
  • 「深謝しております」
  • 「御恩は一生忘れません」
  • 「一生足を向けて寝ることができません」

この様に感謝の言葉には段階ごとで表現を変えることができます。よく使う感謝の言葉もバリエーションを覚えておくと便利です。

謝罪を述べる際の文例

続いて、残念ながらこちらも使用の機会も多い「謝罪を述べる言葉」についてご紹介します。こちらも感謝の言葉と同様段階ごとに表現があります。

  • 「すみません」
  • 「申し訳ございません」
  • 「心よりお詫び申し上げます」
  • 「深く反省しております」

お詫びの言葉は感謝の言葉と比べてきりがありません。それほど相手から許してもらうのが難しいということでしょうか。こちらも覚えて置くといざという時に安心です。

メールはあまり意識しなくても大丈夫!

最後に近年主流になっているメールによるコミュニケーションの場合をご説明しておきます。ビジネスメールの場合は文例を意識する必要はそこまでありません。メールでは読みやすさや、送信の際のマナーが重視されるので、必ずしも形式である必要がないということも合わせて覚えておきましょう。

他にも様々な文例がありますが、この3点についてはしっかりと覚えておきましょう!

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ