コアタイムは本当に必要?自社に合う方法とは

2021.07.27 更新日:2021.09.24ビジネス豆知識

コアタイムは、会社でフレックスタイム制を取り入れた際に従業員の勤務を義務づけられる時間帯です。ただ、この仕組みにはメリットだけでなくデメリットもあるため、導入していない職場も見られます。会社で導入する場合は、コアタイムについて一通り理解しておくのが望ましいでしょう。そこで今回は、コアタイムの概要、導入の目的やメリット・デメリットをご紹介します。

time

コアタイムの概要

コアタイムは、職場でフレックスタイム制を取り入れた際に従業員の勤務が義務となる時間帯です。

フレックスタイム制とは

フレックスタイム制は、従業員の勤務時間を職場の事情などに合わせ自由に設定できる制度です。
最近、ビジネスシーンでは従業員が働きやすい環境を整える動きが増える傾向にあります。さまざまな業種で人手不足が深刻化するなか、多くの企業では快適な職場づくりに積極的です。
フレックスタイム制は、そんな従業員に配慮した労働環境を提供する工夫のひとつに挙げられます。例えば、勤務時間を任意に決められるため、業務の開始時刻を遅らせれば従業員が通勤ラッシュを避けるのに効果的です。これまで従業員にとって当たり前であった出勤時のストレスを減らせると見込まれ、近年は職場で取り入れるケースが多く見られます。

コアタイムの仕組み

コアタイムは、フレックスタイム制のなかで従業員が必ず働いていることを求められる勤務時間です。
フレックスタイム制の場合、基本的に従業員が勤務する時間帯は自由に設定できます。通常、職場が決めた時間帯のうち、従業員は出勤時間を任意に選んで問題ありません。
ただ、会社側では勤務状況の把握やスムーズな仕事の引き継ぎが難しくなる場合もあります。これらの問題を避けるため、職場によってはコアタイムを導入しています。
コアタイムは、従業員が必ず勤務しなければならない時間帯を設ける仕組みです。一般的に全従業員が一緒に働いている間は、個別に勤務するより職場での業務管理や情報共有が容易になると見られています。
フレックスタイム制とコアタイムがいずれも効果的に機能すれば、会社と従業員の双方に利益がもたらされると期待できます。

コアタイムに関する法的規定

コアタイムは、フレックスタイム制のなかで従業員が必ず働いていることを求められる勤務時間です。
フレックスタイム制の場合、基本的に従業員が勤務する時間帯は自由に設定できます。通常、職場が決めた時間帯のうち、従業員は出勤時間を任意に選んで問題ありません。
ただ、会社側では勤務状況の把握やスムーズな仕事の引き継ぎが難しくなる場合もあります。これらの問題を避けるため、職場によってはコアタイムを導入しています。
コアタイムは、従業員が必ず勤務しなければならない時間帯を設ける仕組みです。一般的に全従業員が一緒に働いている間は、個別に勤務するより職場での業務管理や情報共有が容易になると見られています。
フレックスタイム制とコアタイムがいずれも効果的に機能すれば、会社と従業員の双方に利益がもたらされると期待できます。

コアタイムに関する法的規定

職場でコアタイムを導入する際は、トラブルを避けるため法的規定について理解しておきましょう。
まず、フレックスタイム制においてコアタイムの設定は義務づけられていません。時間帯の設定方法についても、会社と従業員の合意があれば職場で任意に決められます。
コアタイムに遅刻や早退があった場合、基本的にフレックスタイム制では減給対象になりません。業務に差し支えるレベルであれば、就業規則により制裁規定を設けられます。
いずれにしても、これらの仕組みを活用する時は、会社と従業員ともにメリットのある設定方法で導入することが望ましいといわれています。

コアタイム導入の目的

職場でコアタイムを導入する主な目的は、フレックスタイム制のもとで業務管理の負担を減らし従業員の連携を取りやすくするためです。それぞれ、スケジュール調整する時にも役立ちます。

業務管理の負担軽減

会社がフレックスタイム制を導入した際、よく頭を悩ませる問題が業務管理の難しさです。
従業員が自由に勤務できると、個々の勤務時間に多少の差異が生じることがあります。場合によっては、個人的な事情により勤務時間が大幅に早まる、あるいは遅くなるケースも見られます。
職場にとっては、従業員ごとに勤務時間の差異が大きくなるほど業務管理の負担は重くなるのが普通です。とくに従業員が残業や休日出勤した場合、給与計算が複雑になるとの声がよく聞かれます。
コアタイムを設けたら、勤務時間がコアタイムの前後に集中する傾向にあります。従業員ごとの差異は縮まり、業務管理が楽になると見込まれます。

従業員の連携を保持

職場でのコアタイム導入は、従業員同士の連携を保持するにも効果的とされる選択肢です。
それぞれの従業員で勤務時間が異なると、通常、一緒に働く時間は従来の勤務スタイルより短くなります。顔を合わせる時間が減れば、連携を取りにくくなっても不思議ではないでしょう。
事前にコアタイムを設けておくと、その時間帯は全従業員が出勤しなければなりません。お互いに情報を共有しやすくなり、従業員同士の連携保持につながります。
フレックスタイム制でも以前と変わらず従業員の連携関係を保てれば、仕事の引き継ぎに支障が生まれたり、生産効率が下がったりといったリスクが減ると考えられます。

スケジュール調整の利便性

フレックスタイム制で勤務時間が自由になると、いつ誰が働いているか分かりにくくなります。全員参加のミーティングを予定しても、日程を決めるのは簡単ではありません。
コアタイムにより決まった時間にすべての従業員が出勤を義務づけられていると、その時間内にミーティングを予定できます。また外出する際にも、誰に仕事を引き継ぐか悩まずに済むでしょう。
ほとんどの仕事は1人で進められないため、従業員が円滑に協力体制を築くにはコアタイム導入が有効と考えられています。

導入のメリット・デメリット

フレックスタイム制でコアタイムを導入する主なメリットは、個々の従業員の勤務状況を把握する負担が軽減されるところです。ただ従業員にとっては、勤務時間を自由に選べる範囲が制限を受けます。

導入のメリット

会社側の立場で見ると、コアタイムには従業員の勤務時間をはじめ職場のさまざまな業務を把握・管理しやすくなるメリットがあります。
すべての従業員で一緒に働く時間が長くなれば、それだけ勤務状況は確認しやすくなります。給与計算の面倒を減らすのにも効果的です。多少の残業や休日出勤があっても、重い負担にはならないでしょう。
従業員にとってのメリットとしては、お互いに連携を取りやすくなる点が挙げられます。また、必ず全員で働いている時間帯が分かっているとスケジュール調整するのも大きな手間ではなくなります。
これらのメリットをふまえた場合、フレックスタイム制にコアタイムが必要ないとはいえないかもしれません。

導入のデメリット

コアタイムの導入でデメリットとされる主な問題点は、従業員が勤務時間を自由に設定しにくくなるところです。
職場がフレックスタイム制でも、コアタイムが設定されていると従業員の意志で自由に選べる時間帯は減ります。早めに勤務を開始したい場合も、コアタイムから大きく離れた時間には働きにくいでしょう。
コアタイムの開始時刻が早過ぎると、従業員が通勤ラッシュを避けるのは困難です。また勤務時間の大半を占めるほど長くなれば、ほぼ従来の勤務スタイルと変わらなくなる可能性があります。
従業員の働きやすさに配慮する場合、勤務時間を選ぶ自由が大きく制限されるコアタイムは問題があると指摘されています。

コアタイムは必要か?

コアタイムにはメリットとデメリットがあり、必要かどうか判断するのは難しいでしょう。ただ職場で導入する場合には、従業員への配慮が不可欠と考えられています。
とくに注意したい点は、会社と従業員の双方に同じくらいメリットがあるかどうかです。一方の負担のみが重くなる時間設定は、望ましいとはいえません。
実際の導入例を見ると、よく選ばれている方法は多くの従業員が働いている時間帯を中心に設定するパターンです。またコアタイムに法的な義務はなく、無理に設定する必要はありません。
会社でコアタイムを導入する際は、職場の実情に合わせ、無理のない時間帯に設定する方法が適切と考えられます。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ