様々なシーンで利用される電話代行のメリット

2020.02.28電話代行
Pocket

働き方の多様性によって、様々な環境で電話が利用されている昨今。個人経営やネットショップの立ち上げによって店舗を持たない方、常にお客様の前で対応しないといけない専門職の方など多種多様です。電話に気を取られて本業に集中できないという方もいらっしゃると思います。

電話代行を利用して、時間を有効活用することができれば、電話を気にせず目の前の業務に集中することができます。今回は様々なシーンでの利用方法と電話代行のメリットをお伝えします。

オペレーター

 

スタートアップや中小企業の利用

少人数でビジネス展開をしていかなければならない、中小企業や会社のスタートアップ時には営業電話が多く、電話対応にかなりの時間を取られています。かといって一本の電話の取りこぼしが致命傷になってしまう可能性も十分に考えられます。コストを掛けて電話受付を雇うよりも、電話代行へ依頼をする方が、コストががなり抑えられます。取り次ぎのみであれば低価格からの利用ができるので人手不足で電話対応にお困りの方におすすめです。

 

美容室や整骨院での利用

美容室

美容室や整骨院では施術中の電話が大変気になります。

少人数での経営となればなおさらで、お客様への対応を中断して電話に向かわなければなりません。

電話代行を利用することで、電話への意識を激減させることができます。

お客様と面と向かって対応する職業の方にとってはストレスフリーとなり目の前の業務に集中できる最大のメリットを感じることができます。

また、予約受付代行サービスを利用して、営業時間外でも電話予約を取りこぼすことがなくなります。

売り上げの拡大につながる大きなメリットといえるでしょう。

 

インターネットで仕事を受注する方

現代ではネット上にショップを立ち上げて運営されている方はたくさんいます。

利用者は若者に限らず高齢の方まで幅広いです。

その中で、文字入力による注文よりも電話での注文を好む層が一定数あります。

その一定数を取りこぼさないためにも電話環境を整備し、受注を取ることで同業他社との差別化や売り上げの拡大につながります。

また、ネットでは相手の声や表情が見えないため、疑いから入ってしまう方もいらっしゃいます。

そういった方への安心材料として、固定電話番号の設置をおすすめします。

電話代行では固定電話番号取得サービスもやっています。

 

多くの従業員が働いている企業

オペレーター

近年の動きとしては法令違反によって従業員の労働基準監督署への駆け込みが多くなっています。特にセクハラやパワハラなど様々なハラスメントが問題視されています。大企業であれば従業員の相談窓口が設けられていますが、この窓口が正常に動いているとは限りません。結局のところ相談相手が社内の人事や総務であるので、自分が相談した内容が社内に回ってしまうかもしれないという不安が優先され、相談できずにいる従業員は数多くいるでしょう。そこで、電話代行では「コンプライアンス窓口サービス」をご利用いただけます。これは外部委託だからこそできる完全匿名性で、相談者を特定できる一切の情報を排除した上で、レポートとして報告するシステムとなっています。

従業員が気軽に安心して相談できる窓口としても利用いただけます。

 

おわりに

電話代行には電話秘書代行や予約受付代行、コンプライアンス窓口代行など様々な用途があります。不動産や士業などの専門職にも対応しているのも魅力です。訓練されたプロの代行スタッフが自社の受付であるかのように、自社の名前で応答もしてくれるので、安心した電話対応を任せることができます。自社専用にカスタマイズした専門オペレーターによる電話対応を持って、ビジネスの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ