保育園運営事務所の電話代行導入事例の紹介

2012.08.25電話代行
Pocket

保育園で利用される電話代行

電話代行は、様々な企業様で利用することが出来ますが、実際にはどのようなところで利用できるのか、自社でも利用できるのか、気になる方も少なからずいらっしゃると思います。今回は、「こんなところでも電話代行がサービスとして利用されているのか」と感じていただきたいため、保育園での導入事例をご紹介します。

保育園の電話代行導入事例

保育園へと電話代行サービスを導入された事例では、24時間対応できる保育園を2箇所で経営されているオーナー様となります。

弊社のオペレーターが対応しているのは、お迎えに関する連絡やお子様の様子が知りたいなどの問い合わせではありません。運営に関するお問い合わせなどがかかってくるオーナー様の自宅兼事務所の電話に関してです。電話代行のオペレーターは、保育園内部の様子をリアルタイムで把握することができないため、このような案内は困難だからです。

保育園に置かれた大型遊具

弊社で対応している内容は、求人の受付や、保護者からのクレームなどです。オーナー様は外出されることも多く、いつも自宅でゆっくり仕事をしているわけではないので、電話代行を導入したのです。

電話代行を利用して改善したポイント

  • 安心して外出できるようになった
  • クレームの電話にもオペレーターが最初に対応するので安心
  • 要件を文面で報告してくれるので、冷静に把握しその後の対応がしやすい

電話代行を契約することで、どのような用事ができてしまっても、電話を気にすることなく外出できるようになるので便利と言えます。出かける前に、電話代行サービス株式会社へ転送設定をするだけです。

クレーム処理に関しても、明確な問題部分を事前に弊社のオペレーターがヒヤリングするので、細かな情報を集めた上で、親身な対応をすることができると言えます。

電話代行サービスを導入する事例はいくつもあります。今後も他社様の事例を紹介できればと思います。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ