継続・リピート促進コール-テレマーケティング

2012.08.17スタッフブログ
Pocket

テレマーケティングで用いられる「継続・リピート促進コール」とは

今回は、アウトバウンドのテレマーケティング手法である「継続・リピート促進コール」についてご説明させていただきます。

ビジネスマンがレポートを使って検討

継続・リピート促進コールとは、商品やサービスのサンプル請求や資料請求があってから一定期間経過したのちに販売の促進をしたり、既存の顧客から継続的に購入して貰うようにフォローコールをするテレマーケティング手法です。

例えば、商品カタログを資料請求して頂いたお客様へとカタログに載っている商品について、分からないことがないか尋ねたり、以前に購入頂いている顧客に対して、新製品が出たり新商品が販売されたり、季節限定商品などがある場合には商品のアピールを行うために電話を行う訳です。

利点としては、資料請求や以前に購入頂いているなど、商品についての一定の興味や関心があることが裏付けられているので、購入いただける可能性が高いと言え、売上に繋がる可能性を秘めていると言えます。

テレマーケティングには注意点ももちろんあります。これまでの顧客だったり、資料請求をした相手に商品を紹介する訳ですから、その対象者が、企業に対して良い印象を持っていない場合には逆効果になりかねません。つまり、マイナスな印象を持っている人に対してセールスの電話を行った所で、怒りしか生み出すことがなく、結果として悪い影響を与えるという可能性もあります。

不満を抱えている方を除外し、興味を持ってくれている方へアピールすることができれば、より良い商品のPRとして利用することができるはずです。

固定電話の現象で変わってくる電話セールスの現状

最近では電話によるセールスというのはなかなか利用する機会がありません。その理由として、固定電話が家庭から姿を消しているからです。個人が携帯電話を利用するようになり、固定電話を設置しなくなったことで、電話セールスは時代遅れの手法となっています。

しかし、BtoBという企業間で行う取引の場合には、まだまだ固定電話が必要とされています。そのため、ある程度の効果は期待できます。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ