ビジネスマナーとしても重要な挨拶

2016.10.19スタッフブログ
Pocket

挨拶をするという行動は社会性の表れと言ってもいいほど、日常生活でも当たり前のマナーですが、ビジネスシーンでも重要性が問われる行動です。今回は、ビジネスマナーとしての挨拶の注意すべきポイントをお伝えします。

挨拶の重要性

ビジネスシーンに限らず、挨拶をするのはとても重要です。幼稚園や小学校の頃から教わってきているはずですが、大人になると誰も注意などしてくれなくなり、ついないがしろにしてしまっているということはないでしょうか。ビジネスシーンで挨拶を怠っていると、それだけで多くのチャンスを逃していると言わざるを得ません。しっかり挨拶ができているということは、それだけで相手に絶大な信頼を与えます。

イメージアップに関して最短かつ最適な方法です。会社でだけ取り繕うのではなく、普段から家の近所の人などにも挨拶することを習慣づけておけば、ビジネスシーンでスムーズにしっかりした挨拶ができるだけでなく、社会的評価も高まります。

正しい挨拶ができるサラリーマン

目上の人に対する挨拶

挨拶の基本は、自分から、笑顔で、誰に対してもです。社内外で会う同僚や利害関係者はもちろんのこと、例えば社内の清掃を行ってくれている人や配送業者、面識が無い別の部署の人相手でも、して損はないという行為が挨拶です。

しかし目上の人に対して行う場合は、失礼がないように気をつける必要だけはあります。目上の人に対する挨拶では、言葉と同時に頭を下げる、立ち止まる、などの動作を行うのが基本です。正式には、通りすがりに会ったら相手が通り過ぎるまで立ち止まって頭を下げているのが正しいのですが、慇懃無礼にとられては元も子もありませんので、直属の上司などに対しては適切な距離感を保ちながら接するのが一番です。

言葉と動作

時間帯に合った言葉を選ぶなどのことは言うまでもありませんが、敬語などに関してもせっかく挨拶をするからには適切に使用したいものです。ただ、挨拶に関してはどういう言葉を選ぶか、よりもどれだけ気持ちを込められるかが大切になってくるでしょう。

どんなに丁寧な言葉遣いであっても、小声でそっぽを向きながら発されるのでは意味がありません。できる限り相手の目を見て、軽い頭の上下や手の動作を付けて行うのが適切です。またお辞儀に関しては通常言われるように会釈・敬礼・最敬礼の3段階が存在します。マナーとしては非常に初歩的なものになりますので、挨拶習慣と一緒に完璧に身につけておきましょう。

正しくしっかりと挨拶をされて、嫌な気持ちになる人はいません。何よりも手軽に始めることができるビジネスマナーの実践として、挨拶を習慣づけましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ