費用対効果に優れる電話受付の代行

2016.12.10スタッフブログ
Pocket

費用対効果に優れた電話代行を見抜く必要性

大阪のご婦人方は、買った物を安かったとよく自慢しあっています。しかしそれは、良いものを安く手に入れたという手腕を自慢しているのであって、安物を自慢したいわけではありません。安かろう悪かろうでは意味がありません。これは物に限った話ではなく、サービスでも同じです。もちろん電話受付の代行であっても、費用対効果に優れているほうが良いと言えます。

考えるサラリーマン

電話受付の代行を利用する、コスト上の明確なメリット

電話受付の代行にはもちろんメリットもデメリットも両方ありますが、明確な数字の計算で導入前からはっきりとわかるメリットがひとつあります。それが自社雇用と比較した時の低コスト化です。

自社で電話受付を雇用するなら、求人広告が大雑把に見て20万円。最近では、一度の求人では応募者が来なかったり、決まらないことも多くなりつつあります。仮に一度で決まったとしても、月給20万として、社会保険などでさらに会社の負担は増えます。そのスタッフ用のスペース、デスク、椅子、PCといった備品の購入代金をはじめ、教育にかかる時間も必要です。初期費用もランニングコストも決して小さくありません。

また、この求人に関わる求人活動を行った社員の労働時間分、本来の業務が遅れることにもなります。これらのコストと比較した場合、電話受付の代行を導入したほうが、遥かに早くて安く、何より即戦力として活躍する人材が担当につくことになります。どちらがコストパフォーマンスに優れているかは、火を見るより明らかです。

電話受付の代行導入を決めてからも、節減できるポイントがある

電話受付の代行料金で一番の落とし穴が、オプションの存在です。基本プランの料金は安いけれど、希望のサービスを受けようとするとオプションがいくつも必要になり、結果として高額になってしまうというパターンもあるようです。コストパフォーマンスにこだわるなら、この辺りの下調べは手を抜いてはいけません。会社にとって必要なサービスのみを厳選して選べば、オプション料金で高いと感じることなくサービスを選択できるはずです。

基本サービスの少なさを逆手に取る方法も

月額の基本料金が安い代行企業のからくりは、基本料金に含まれているサービスが少ないので安いという場合があります。この場合はオプションで会社に必要なものだけを選択し、完全に自分の会社専用のプランを構築することができるかもしれません。

しかし、別の可能性も存在しています。それは、オペレーターに対して資金を投入していないことです。つまり、オペレーターの数を最低限に抑えたり、安価なアルバイトなどを雇うことで、サービス料金を安くしている訳です。この結果、電話が鳴っても出ることができない、出たとしてもまともな対応ができないという可能性も考えられるのです。

値段は目に見えて分かりやすい基準ではありますが、それだけに惑わされることも多いでしょう。良いサービスを安く利用することはほとんど不可能ですが、下調べなどの手間を惜しまなければ、無駄な料金がかからずに済みます。会社にとって最良のサービスを見出すことができれば、必ずや良い結果になって返ってくることでしょう。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ