台風が来るとコールセンターが忙しくなるのはなぜ?

2014.08.13コールセンター
Pocket

台風の影響で電話応対は大忙し、この時期に起きやすいトラブル

お盆休みが近づいてきております。弊社が提供する電話代行は、24時間365日対応という年中無休での対応が可能のため、この時期にも関わらず、オペレーターが出勤し、電話応対をしております。

それでは本題に入ります。この時期というのは自然の猛威が日本列島を大きく巻き込みます。台風もそうですが、都市部になると最近ではゲリラ豪雨などという形で災害が発生することがあります。自然の猛威を受けると様々な対応が必要になってきます。それは修理依頼であったり、故障受付、緊急時対応などの形で電話を通してやってきます。

台風の時、傘を指すビジネスマン

台風やゲリラ豪雨などの災害に必要になる電話対応

台風やゲリラ豪雨などによる災害において、電話対応というのは必要な応対手段であると言えます。それでは過去にあった問い合わせを紹介します。

  • 強風で屋根瓦が剥がれかかっている修理の依頼をしたい
  • 台風で中柱が曲がってシャッターが上げられない故障の修理を依頼
  • 大雨で部屋の中に雨漏りしはじめたのですぐに対応をお願いしたい
  • 強風で物が飛んできて窓ガラスが割れた
  • 建設現場の足場が崩れかかっている

この時期の災害に対する緊急時対応が発生することになります。そのため、弊社が提供しているサービスで言いますと、「コールセンター代行」「夜間休日電話代行」では、修理や故障、不具合などのメンテナンス受付や緊急保守など、災害時なども含む対応を行っております。

そのため、この災害が発生しやすい時期というのは「コールセンター代行」や「夜間休日電話代行」などの入電件数が多くなり、オペレーターが忙しく応対に追われる時期と言えます。災害時に電話応対にて、修理や故障の依頼などができないと、お客様としては不満を覚えてしまうのです。

そういう意味では24時間対応できる弊社のような業者の場合には、繋がらないという不満が出にくいので、より良い対応ができるのかもしれません。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ