ビジネス会話でのタブーとは?

2017.08.23スタッフブログ
Pocket

ビジネス上の良好な人間関係を維持するために

ビジネス上の良好な人間関係を維持するには、会社の同僚や先輩たち、取引先と日ごろどんな会話を心がけるかが大切です。休憩時間や飲み会の席で避けられている“タブー”にも気を配る必要があります。社会人として人間関係や職場環境を乱さないためにも、公私を弁えてコミュニケーションを取りましょう。

取引先と対話をする女性

政治、宗教、野球(スポーツ)の話はタブー

政治に対する意見や支持政党、信仰している宗教、そして応援する野球チームは人によって異なります。自分とは相容れない考え方を持っている人もいれば、宗派も人それぞれ、自分が応援している球団に興味のない人もいます。

たしかに話題が何であれ、意見や好みは分かれます。しかし政治の話は、安易な発言が会社の不利益を招くこともあります。例えば、取引相手がその様な話題を好まない場合、うっかり発言すれば浅はかな人間と見られ、会社に対するイメージは悪くなってしまうでしょう。また、宗教に関する話題は、意見が激しく対立してしまう恐れがあります。

これらとは別に、野球の話は感情的になる傾向があり、盛り上がると収拾がつきません。ライバル球団を応援する者同士が喧嘩して、仕事でも対立したら会社も迷惑です。そもそも野球に興味のない人は話題に参加できませんから、良好な職場環境を保つためにも避けることが望まれます。

プライベートな話題も控えめに

人はいろいろな事情を抱えていますから、プライベートな話題も控えるのが賢明です。例えば、学歴や家庭問題についてはタブーと言われています。

学歴は人によって異なり、好んで高学歴を披露すれば不快に感じられます。周りに知られたくない人は、話に参加せず席を外すでしょう。また、自分の母校と比較して、相手の出身校を批判などしたら、これまたトラブルの種となります。

家庭問題を話題にすることは、無意識に人を傷つけてしまいます。場合によっては、関連する言葉を口にするだけでも当事者は敏感に反応するでしょう。無神経な人でなければ話題にしても気を使うだけと分かっていますから、必要なければ口にしないのが無難です。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ