ブレインストーミングとは?

2019.07.03ビジネス豆知識
Pocket

ブレインストーミング、略してブレストとも言われます。新しいアイデアを出すための方法のことですが、よく分からないという方もいるでしょう。そこで今回はブレインストーミングについて紹介します。

ブレインストーミングとは

最近は多くの企業で導入されているブレインストーミング。一つのテーマについてみんなで色々な意見を出し合う会議のことです。会議では参加者が自由なアイデアを出していきます。そのアイデア出しが上手く作用すると革新的なアイデアを生み出せます。アイデアがもっと素晴らしいアイデアを生み出してくれます。これがブレインストーミングの特徴です。一人で考えるよりもいいアイデアが出てきますし、一人では絶対に思いつかないアイデアがでるのもブレインストーミングの良いところです。

ブレインストーミング

ブレインストーミングのメリット

素晴らしいアイデアが生まれる

参加者が自由な発想でアイデアを出し合うことで相乗効果が発生して素晴らしいアイデアが生まれる可能性があります。素晴らしいアイデアを生むためには、ブレインストーミングの決まり事をしっかり守ってやることが条件です。

参加者同士の交流ができる

ブレインストーミングで気軽な意見交換をすることによって参加者同士の交流が期待できます。また、自由な発想でアイデアを出し合うことは参加者同士の理解を深めることにも繋がります。

参加者が成長できる

自分一人では思いつくことがなかったアイデアを他の参加者から聞くことができるブレインストーミング。他者の素晴らしい意見を聞くことは視野が広がり自分の成長に繋げることができます。

ブレインストーミングのデメリット

問題解決に繋がらない

本来は問題解決に向けて斬新なアイデアをひねり出すのがブレインストーミングですが、ブレインストーミングをすることが目的になっている場合があります。また、素晴らしいアイデアが出たとしても現実的に実現不可能な場合も出てきます。これはブレインストーミングにとっての課題ともいえる問題ですが、これを解決しようとすれば素晴らしいアイデアを生むブレインストーミングの魅力が無くなってしまいます。

妥協が発生する可能性がある

ブレインストーミングをするメンバーがいつも同じだとなれ合いになる可能性が出てきます。参加者の緊張感が少ないブレインストーミングの会議では、出てきたアイデアを更に高めることができず、中途半端なアイデアで妥協してしまうことがあります。自由な雰囲気は大切ですが、緊張感のないブレインストーミングは良くありません。

ブレインストーミングの決まり事

ブレインストーミングはただ単にみんなで集まってアイデアを出せばよいということでもありません。決まったルールがあります。これを守ってやらなければ上手くいくはずのアイデア出しが失敗に終わる可能性もあります。アイデアの数は多ければ多い方が良いです。質よりも量です。

批判、否定をしない

他者が出した意見を批判する、また否定することをしてはいけません。自分の意見が批判されたり否定されたりすると発言しにくくなるからです。発言のハードルを上げることに繋がります。そうなると自由な意見も素晴らしいアイデアも生まれにくくなりブレインストーミングの良い面が失われてしまいます。アイデアに対して積極的に肯定をする方が良い結果に繋がります。

自由な発想で意見を出す

ブレインストーミングでは誰も思いつかないようなアイデアが歓迎されます。自分の発想を自分で処理してダメだと決めつけるのではなく、馬鹿げた意見だと自分で決めつけることなく自由に発言しましょう。笑われるくらいのアイデアでもいいのです。

とにかくアイデアを出す

ブレインストーミングではアイデアの数が大切です。質は気にしなくても良いです。どれだけ多くのアイデアが出されたかによって、ブレインストーミングが上手くいくか行かないかが決まります。ブレインストーミングはたくさんのアイデアを発展させることによって質を高めていくものです。

時間厳守でアイデアには便乗する

ブレインストーミングは集中力が大切です。時間厳守でやりましょう。アイデアを発展させていくことが大切ですから、他者が出したアイデアに便乗することも重要です。他者が出したアイデアにあなたのアイデアをミックスすることも良いことです。

ブレインストーミングの方法

司会者1名、初期1名を決定します。司会者はコミュニケーション能力が高い人がなると良いでしょう。ブレインストーミング参加者は5名から10名くらいまでの少人数がベストです。時間は集中力が切れないように

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ