IPアドレスとは?

2018.01.28 更新日:2022.05.06スタッフブログ

ネットに接続したスマホ

ネットワークの設定や、それらの機器の説明書に出てくる「IPアドレス」という言葉。意味がわからないままでも問題なくインターネットは利用できますが、トラブルが起きた時や、買い替えなどによって再設定時を迫られた時、意味がよくわからなくて困ったという方もいると思います。説明文を読んでも、理解できないかもしれません。そこで今回は、ネットワークの設定やセキュリティを考える上で必須なIPアドレスについて、わかりやすく噛み砕いて解説します

IPアドレスについて、わかりやすい記述をお探しの方へ

IPアドレスの概要

IPアドレスとは、ネットワークに接続された機器同士が、画像や文章など何らかのデータのやりとりを行う際に、送り先の機器を指定するために用いられる、いわば住所のようなものです。音楽をダウンロードするボタンを押したのに、隣の人のスマホや、全然知らない人のパソコンに送信されることがあっては困るでしょう。
IPアドレスは数字の羅列で表されます。同じネットワークの中では、同じIPアドレスは存在せず、グローバルIPアドレスとローカルIPアドレスの2種類があります。そして、どちらも静的な割り当てと動的な割り当てに分けられます。

静的な割り当て、動的な割り当てとは

静的な割り当てとは、常時決まったIPアドレスが割り当てられている状態のことです。
それに対し、動的な割り当てとは、常時同じではなく、タイミングによっては違うIPアドレスが割り当てられる状態です。
動的な割り当てが採用される理由として、限りあるIPアドレスの有効活用が挙げられます。
普及しはじめてから徐々にネットワークが発展、今日となっては数えきれないほどの機器同士が接続され、グローバルIPアドレスの残数が逼迫しました。しかし、全部が常時稼動しているわけではないので、空いているIPアドレスをその時に稼動している機器に自動で割り当て、この問題をクリアするという発想です。
動的IPアドレスの副次的効果として、我々ユーザーのネットワーク設定が簡単になる、外部からのサイバー攻撃を受けづらくなる、費用が割安になるといった点も挙げられます。

グローバルIPアドレスとは

グローバルIPアドレスとは、インターネット回線に接続する際に用いられるもので、普通はプロバイダーから動的に割り当てられています。IPアドレスをチェックするサイトに接続すると、多くはこのグローバルIPアドレスが表示されます。
Webサイトにアクセスした際、文字や画像データが画面に表示されますが、これらのデータは、割り当てられたグローバルIPアドレスにより、こちらのスマートフォンやパソコンのネットワーク上の位置を特定し、送られてきます。そのため、グローバルIPアドレスは、ある意味で個人情報となります。

例えば、犯罪予告などの書き込みにより、逮捕されるといったニュースを聞くことがありますが、これはグローバルIPアドレスの解析によるものです。
犯罪予告が書き込まれた時間やグローバルIPアドレスを調べ、プロバイダーにその時間そのIPアドレスが割り当てられていたユーザーを特定してもらうという流れです。

自分の個人情報がネット上に保存されているのでは?と心配する方がいますが、それには及びません。しかるべき機関からの正当な手続きがなければ、プロバイダーはこのような個人情報は絶対に外部に開示することはなく、ごく普通の企業や個人が興味本位でグローバルIPアドレスと利用者を紐づけるのは不可能だからです。

ローカルIPアドレスとは

ローカルIPアドレスとは、その名前の通り、ある一定範囲内(ローカルエリアネットワークといいます)での接続に用いられるIPアドレスです。新たにネット回線を契約したり、ルーターを買い替えたりした場合、まずは「192.168.***.***」というアドレスにアクセスし、ネットの設定する場合が非常に多くありますが、これがローカルIPアドレスです。
通常の家庭では、インターネットは1回線のみ契約しています。このままだと、グローバールIPアドレスは1つのみで、スマホやパソコンは同時に1台しか接続できません。
そこで、自宅(もしくは限られた範囲)の中で各スマホやパソコンにローカルIPアドレスを割り当て、自宅の中でネットワークを構築、それぞれのローカルIPアドレスをグローバールIPアドレスに変換して、同時に何台も接続できるようにしています。

ローカルIPアドレスを割り当てられたことによって、メリットも生まれます。ローカルエリアに接続されている機器同士で、ファイルのやり取りができる点です。NASを設置して共有のファイル置き場を作ったり、DLNAでリビングのBDレコーダーの映像を、寝室のスマホでも観られる、といった使い方ができます。

他にも、グローバルIPアドレスの節約にもつながります。ある決められた範囲内だけのネットワークなので、同じIPアドレスはあちこち存在します。隣の家や、向かいのマンションの一室でも、同じローカルIPアドレスが使われているわけです。そのおかげで、4人家族が4台の機器でネットに接続しても、グローバルIPアドレスは1つだけで済むので、家庭(つまりローカルエリア)の数だけその恩恵が受けられます。

インターネットに接続する人

IPアドレスと密接なルーターの役割

IPアドレスを理解するのに必要なのは、やはりルーターの存在です。ルーターは、自身に接続されている機器にローカルIPアドレスを割り当て、グローバルIPアドレスとローカルIPアドレスを変換し、それらの機器をネットに接続するという、とても大事な役割を担っています。
先ほどの項目で、「192.168.***.***」というアドレスにアクセスするとありましたが、このアクセス先はルーターの設定画面です。

その前にもIDとパスワードを入力した、という方もいると思いますが、ひとつはルーターに備わっている無線LANのパスワードです。ルーターの裏側にあるシールや、付属の無線LAN接続カードなどに書いてあるものを入力します。無線は直接ケーブルを差す必要がなく、一定範囲に近付けば誰でもアクセスできてしまうので、パスワードは必須です。

もうひとつは、ルーター本体の設定を勝手に変更できないようにするパスワードです。ルーターは様々な機能を備えており、各機器のデータ送受信はもちろん、ローカルIPアドレスの管理、ファイヤーウォールの設定、不適切なサイトをブロックする機能、最近ではプリンターやUSBメモリなどを共有する機能もあり、ローカルエリアネットワークの中心的存在となっています。

これらの設定を勝手に変更されては、とても困ったことになります。ネットに接続できなくなったり、特に不適切なサイトをブロックする機能は、誰でも勝手に解除できれば全く意味がありません。
しかし、大抵は「password」であったり、入力なしでログインできるので、必要であれば変更し、忘れないよう説明書などにメモしておきましょう。

MACアドレス

ルーターがどのように機器を見分けているのかと言うと、「MACアドレス」です。
MACアドレスとは、機器それぞれの固有番号です。16進数で表され、スマホやパソコン、ゲーム機やオーディオプレーヤーに至るまで、ネットに接続できる機器の全てに割り当てられます。もちろん、ルーター本体にもMACアドレスが存在します。機器を廃棄するまで変わることがない番号なので、識別に役立ちます。
このMACアドレスによって、ルーターは動的にローカルIPアドレスを機器に割り当て、データを送受信しています。

様々な単語が次から次へと出てきましたが、ゆっくりとひとつずつ読み、わからない単語を丁寧に調べていけば、理解できるはずです。ネットワークの知識を深めれば、自然とサイバーセキュリティに対する知識も増え、危険を回避できます。今までよりも、さらに充実したインターネット接続が楽しめることでしょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ