デカルトの「困難は分割せよ」の意味とは?

2020.07.23スタッフブログ
Pocket

ルネ・デカルトは、フランス生まれの哲学者です。代表的な著書である『方法序説』や、そこに記された名言「我思う、ゆえに我あり」でご存知の方は少なくないでしょう。他にも多くの言葉を残しており、著作物のなかにはビジネスに活かせる記述も見つかります。そのうち複雑な問題やトラブルに直面した時、覚えておきたい名言が「困難は分割せよ」です。そこで今回は、この名言がもつ意味や仕事にもたらすメリットをご紹介します。仕事を進めるなかで行き詰まってしまったときは、ぜひこの思想を参考にしてみてください。

ルネ・デカルト

 

「困難は分割せよ」とは

「困難は分割せよ」は実際のところ井上ひさしの作品に登場する台詞ですが、ルネ・デカルトも同様の意味合いをもつと考えられる記述を残しました。そのため、この表現はデカルトの名言として扱われるケースもよく見られます。

 

ルネ・デカルトについて

ルネ・デカルトは、16世紀末にフランスで生まれた近世を代表する哲学者です。有名な「我思う、ゆえに我あり」という言葉を残し、近世哲学の祖として世界的に知られています。

今から420年ほど前の1596年、デカルトは中部フランスの西側の地で生まれました。フランス王アンリ4世が提供した邸宅として名高いラ・フレーシュ学院に10歳で入学し、1614年に18歳で卒業します。

学院を去ると学生時代の生活を離れ、1618年から各地を遍歴し始めました。22歳当時に訪れた地はオランダです。翌年にはドイツに旅立ち、イタリアにも足を向けます。この旅を終えた後、しばらくパリに住みますが1628年にはオランダに移住しました。

1649年にスウェーデン女王から招きを受けると首都ストックホルムを訪れますが、翌年には体調を崩します。1650年2月、ルネ・デカルトは53歳で他界しました。

 

「困難は分割せよ」の意味

ルネ・デカルトは、遍歴生活に移る1618年から亡くなる直前の1649年まで複数の書物を記しました。そのうち「困難は分割せよ」の意味合いをもつ言葉が述べられた著作は、オランダ移住後の1637年に公刊された『方法序説』です。

『方法序説』はもともと500ページを超える大著の序文に該当し、全6部で構成されています。第1部で学問に関する考察が示されてから、第2部のなかで「検討しようとする難問をよりよく理解するために、多数の小部分に分割すること」との表現が見られます。

「困難は分割せよ」という言葉そのものは、井上ひさし著『握手』でルロイ修道士が主人公に発したものです。その前に「仕事がうまくいかない時は、この言葉を思い出して下さい」とあり、さらに「問題を細かく割って一つ一つ地道に片付けて行くのです」と続きます。

この話の流れから、ルロイ博士の「困難は分割せよ」はデカルトが『方法序説』で示した難問を理解するための方法と同様の意味合いをもつといえるでしょう。

 

困難の分割がもたらすメリット

困難な問題にぶつかった時、それを細かく分割する方法はビジネスシーンに限らずいろいろな場面で役立ちます。

 

暗記作業は細分化が効果的

何かを記憶する際、スムーズに覚えるなら無闇に丸暗記するより細かく分けたほうが効果的といわれています。

どれくらい効果があるか物語る典型的な事例は、電話番号の記憶です。固定電話やスマートフォンの番号は基本的に7桁の数字で構成されますが、12345678910をそのまま暗記するより123-4567-8910とハイフンで区切ったほうが覚えやすいでしょう。

この記憶術は、心理学や脳科学の分野でチャンク化と呼ばれる方法です。仕事でも、覚える内容が多い時にはチャンク化すると暗記作業がはかどると見込めます。

 

複雑な作業は数段階に分割

一見すると複雑に感じる作業も、多くの場合に細かく分けると単純作業の集まりです。そのため、最初から一気に処理を試みず数段階に分ければ作業は楽になるといわれます。

このスタイルは、ピアノの練習でよく用いられる方法です。簡単な練習曲は、時間をかけなくても両手で演奏できるでしょう。難易度の高い楽曲になると、いきなり譜面通りに弾くのは厳しいかもしれません。そんな時には最初のうち片手ずつ練習し、慣れてから両手の動きを合わせます。

仕事でも複雑な機械操作は個別に分割し、それぞれの手順を体に馴染ませてからのほうが全体の流れを身に付けやすいと考えられます。

 

作業量が多ければ複数人で分担

日常的な家事から仕事まで、1人の手に負えるとは限りません。作業量が多い場合には、複数人で分担する方法があります。

家族が多いと、洗濯物は増えるでしょう。洗濯機のセッティングから干した衣類の片付けまで1人で行うには大変な作業ですが、家族が手伝ってくれると負担は減ります。自宅の掃除も、家族全員で着手したほうが時間はかかりません。

仕事も同様であり、1人で処理することが難しい時には職場で分担したほうが適切と考えられます。自分で抱えきれないほど多くの仕事を頼まれた場合、無理しても納期を守れないと問題です。

1人で解決できない局面にぶつかったら「困難は分割せよ」の言葉を思い出し、同僚と一緒に作業することをおすすめします。

 

ビジネスでの実践例

ビジネスシーンでは、アプリ開発やクレーム対応の場面で「困難は分割せよ」の実践例を確認できます。

 

アプリ開発での事例

新たなアプリの開発中には、時々、必要な機能をうまく追加できない事態が生じます。無理にプログラムを押し込もうと試みても、たいてい問題は解決しません。

そこで登場する対処法が、取り組むべき問題の分割です。アプリに機能を追加するケースでは、大まかに「どこにプログラムを導入できるか」と「どの機能を追加するか」の2つに分けて解決策を検討します。

この手順にしたがった場合、まず導入可能なライブラリの調査と追加機能のピックアップに着手すればよいと分かります。各々の項目が明確になれば、プログラムの容量に応じて余裕のあるライブラリにうまく機能を追加できるわけです。

この方法なら追加したい機能ごとに導入できるかどうか試行錯誤を繰り返さずに済み、手際よく作業を進められます。

 

クレーム対応での事例

多くの業種でクレームはつきものですが、対応を誤ると問題の肥大化につながり好ましくありません。クレーム処理も、問題を細かく整理すると迅速な解決に効果的です。実際、IT関連の大手企業では問題点を分割することで複雑なトラブルを収束に導いています。

クレームは、ソフトウェア開発を依頼したパソコンメーカーから舞い込みました。苦情を受けた点は、技術的な問題についてです。クライアントの怒りは激しく、現場は大きく混乱したといわれています。

そこで企業の責任者はどんな問題が起きているか詳しく調べ、クライアントの怒りの原因は業務担当者との性格の不一致にあると認識しました。この判断にもとづきクレームは「技術的問題」と「業務担当者の問題」に区別され、無事に解決しました。

このエピソードからは、「困難は分割せよ」の考え方がいくつもの原因が潜む複雑なクレームにも効果を発揮すると理解できます。

 

困難の分割は、仕事の優先順位を考えるうえでも有効といわれています。職場でさまざまな難問にぶつかったらルネ・デカルトならびにルロイ修道士が残した名言を思い出し、複雑な状況を解きほぐしながら慌てずに対処して下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ