コンセプチュアスキルとは

2020.05.06ビジネス豆知識
Pocket

組織マネジメントスキルはたくさんありますがその中で良く知られているものに「カッツ・モデル」があります。ロバート・カッツ教授が、管理者には「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」「コンセプチュアスキル」が必要だと提唱した理論です。その中で今回は「コンセプチュアスキル」について紹介します。

コンセプチュアスキル

 

「コンセプチュアスキル」

米国の経営学者でありハーバード大学教授でもあるロバート・L・カッツ教授が提唱した管理者に必要とされスキルの一つです。日本語では概念化能力と訳されます。管理者に求められる3つのスキルは、マネジメントを行う層によって各スキルの重要度バランスも変わってきます。コンセプチュアルスキルは管理者の中でも経営者層と呼ばれるトップマネジメント層に必要なスキルです。トップマネジメント層には、曖昧で抽象的な、どれが正解なのか分かりにくい事象に対しても論理的、創造的、そして俯瞰的に捉える必要があります。

取り組むべき課題の本質を理解し見極めるスキルが求められます。コンセプチュアルスキルの定義では「同類となる複数の対象物の共通項を洗い出すことによって概念と言える要素を見極めるスキル」とされています。分かりやすく一言で表すなら「物事の本質を見極めるスキル」のことです。今まで難しいと言われていた目標の達成や課題の解決もコンセプチュアルスキルが高くなると容易になります。なぜなら、物事をおおまかに捉え、事象の性質や条件などを正しく選別することができるからです。

答えのないことでもそこから答えを創り出していけるのがコンセプチュアルスキルです。また、コンセプチュアルスキルが高くなると、合理的に業務をこなすことが可能になりますので業務効率が上がります。

「テクニカルスキル」と「ヒューマンスキル」

ヒューマンスキルは対人関係能力です。ビジネスにおいて良好な関係を築くためには良好な人間関係作りが大切です。ビジネスマンにとってコミュニケーション能力は必須です。

テクニカルスキルは業務遂行能力です。現場で働くビジネスマンには業務を正しく的確に遂行することが求められます。与えられた業務を遂行するために必要な能力です。

カッツ・モデルに見るスキルのバランス

カッツ・モデルは全職位に適応できる非常にバランスのいいモデルです。経営幹部クラスに一番必要なのはコンセプチュアルスキルですが、それだけではなくヒューマンスキルもテクニカルスキルも必要です。管理者クラスにも一番求められるのは、経営幹部クラスほどではありませんがコンセプチュアルスキルです。

次いでヒューマンスキル、テクニカルスキルです。リーダークラス、一般社員クラスと現場に近づくにつれて、一番がテクニカルスキル次いでヒューマンスキル、コンセプチュアスキルと求められるスキルの度合いが変化します。但し、業務や職種によっては求められるスキルの度合いも変化します。コンサルティング業にはコンセプチュアルスキルは欠かせないです。

営業職に一番求められるのはヒューマンスキルです。人事職であれば一番必要なのはコンセプチュアルスキルです。ですが、コンセプチュアルスキルだけ完璧、ヒューマンスキルだけ完璧、テクニカルスキルだけ完璧。これでいいのかと問われるとそうではありません。どの業種、職種にも全てのスキルが必要です。ビジネスマンとしてのこれからを自分で事前設計して、どのスキルをいつまでに高める必要があるのかを知っておくことが必要です。優先順位を付けながら必要なスキルを習得していくことが大切です。

コンセプチュアルスキルの必要性

ビジネスマンとして成長していくために一番必要なのがコンセプチュアルスキルです。目標や課題達成、トラブル時にもコンセプチュアルスキルは役に立ちます。物事の事象などを正しく選別することができる能力はヒューマンスキル、テクニカルスキルと合わせて活用することで相乗効果を生んでくれます。一般社員からリーダー、管理職と出世するたびに、コンセプチュアルスキルを求められる度合いが大きくなります。逆に言うとコンセプチュアルスキルを高めることができないと出世の妨げになってしまう可能性があるということです。

また、コンセプチュアルスキルはイノベーションも生みだします。なぜなら、コンセプチュアルスキルを身に付けると、今までの概念にない新しい発想を行うことができるからです。先入観や固定概念はコンセプチュアルスキルを高めることで取り払うことが可能です。コンセプチュアルスキルが高くなると、正しい優先順位を設定することができるようになりますので、業務効率も上がりますし生産性も高まります。

現場における課題の洗い出し、作業工程の見直し等によって作業効率の改善もできます。損失を発生させないためのリスクマネジメントにもコンセプチュアルスキルは有効です。損失が発生することをできる限り少なくすることが可能です。

今回はカッツ・モデルの3つのスキルの内の一つであるコンセプチュアルスキルについて紹介しました。コンセプチュアルスキルを高めることでたくさんのメリットがあります。他の2つのスキル、ヒューマンスキル、テクニカルスキルとともにビジネスマンにとっては必須のスキルです。この機会にコンセプチュアルスキルを高めましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ