ビジネスマン必見!読書術をアップする方法

2020.02.20ビジネス豆知識
Pocket

仕事が忙しいと、読書の時間を見つけるのは難しくなります。ビジネスパーソンにとって読書は大事です。仕事にも多くのメリットをもたらすので、少しでも読書するのは意味があると考えられます。そこで今回は読書のメリットをふまえつつ、読書時間の確保方法や読書術アップのコツ、効率的な読書方法などをご紹介します。

読書する男性

読書のメリット

ビジネスマンにとって読書がもたらす代表的なメリットは、語彙の増加やコミュニケーション能力の向上です。時にはストレス解消になり、想像力が刺激されるほか、多彩な人生を疑似体験できる面白さもあります。

語彙が増える

本には数多くの言葉がつまっており、読めば馴染みのない表現にもたくさん出会います。その意味で読書は、語彙を増やすには格好の材料です。

ビジネス書や趣味関連の本は、各ジャンルの専門用語が多用されています。小説の場合、作者によっては好んで難解な表現を選んでいる場合が見られます。多少は手間ですが、意味を調べながら読み進めると語彙力を鍛えられるはずです。

コミュニケーション能力が向上

本を読むうえで、読解力は不可欠です。文脈に沿って各文章の意味を正しく理解できると、筆者が伝えたいことを的確に読み解けます。

文章読解の力は、会話で発言内容を理解する力につながります。読解力がつくと,話し相手が何を聞いてほしいか把握するのに苦労しません。返答の際も分かりやすい表現を心がけられ、スムーズにコミュニケーションできる様になります。

ストレス解消に

読書は、単純に内容を楽しめるところも大きな魅力です。仕事で疲れた時には、寝る前に本を読んで楽しい時間を過ごせば、ストレスを解消できます。

読書を楽しむなら、頭を悩まさずに読めるものを選ぶとよいでしょう。難しい専門書は、さらにストレスを増やすこともあるため気をつけなければいけません。会社のお昼休みや帰宅時、気楽に読める1冊を書店で探してみるのはおすすめです。

想像力が刺激される

本の内容は多岐にわたりますが、ジャンルによっては想像力を刺激してくれます。その効果が高い代表例は、小説です。

小説では、さまざまな事件が起こる舞台、登場人物の容姿や心理、事件の経過まですべて言葉で描写されます。文字を頼りにどこで誰が何をしているかイメージすることになり、想像力が非常に刺激されるわけです。

多彩な人生を疑似体験

本の筆者は、ビジネス関係の専門家や小説家ばかりではありません。さまざまな人生を歩んできた方が書いており、読めば多彩な人生を疑似体験できます。

これまで、ドキュメンタリーや旅行記を始めとしていろいろな体験を記した本が数多く出版されました。最近は、各種の職業の舞台裏を紹介した書物も増えています。ジャンルを問わず読めば、疑似的とはいえ人生経験の幅も広げられるでしょう。

読書術をアップするには

読書術をアップするには、忙しいからと読書を避けず目的をもって短時間でも読み進めることが大切なコツです。

読書時間の確保方法

社会人になると、これまで本を読む習慣があった場合でも十分に読書時間を確保するのは難しくなります。

朝、身支度を済ませた後、家を出るまで5分しか残っていないから読書は無理と諦めている方は多いかもしれません。そんな時は、5分あるから少しは読めるといった具合に考え方を変えてみましょう。

「5分では数ページしか読めない」ではなく、「5分あれば数ページは読める」と考えるわけです。出勤前では電車に乗り遅れないか心配で落ち着かない場合、会社に到着してから始業するまでの間や休憩時間でもかまいません。

たいてい短時間には本の内容があまり進展しませんが、確実に読み進められます。読書時間を確保するなら、1日5分でも読書することをおすすめします。

途中から読んでも問題なし

本は最初から読むばかりが正解ではなく、仕事に追われているビジネスマンは途中から読み始めても問題ありません。

この読み方が特に適しているといわれるジャンルは、ビジネス書です。ビジネス書を読む時には、スキルアップや仕事のノウハウの習得を考えているケースが多く見られます。必要な情報が書かれている部分を読めば、十分に目的を果たせるわけです。

ただ、最初から最後まで読まないと気持ち悪く感じる可能性はあります。その場合には、必要性の低い部分を後回しにすると良いかもしれません。まず目次を確認し、優先順位をつけるのは有効な対処法です。

重要な部分さえ読み終えていれば残りはおまけの追加情報になるため、時間がなくても無理せず気楽に目を通せます。

目的をもって読書する

ビジネスマンは多忙であり、自分のために使える時間は限られています。貴重なプライベートの時間を読書に費やすなら、少しでもメリットを得たいと考えるでしょう。

その欲求を満たすには、目的をもって読書する姿勢が大切です。仕事に活かせる知識を増やす、頭を柔らかくする、あるいは飲み会で盛り上がる雑学情報を集めるなど目的がはっきりすると、短時間の読書でも集中しやすくなります。

目的を達成したら、行動に移すことも忘れてはいけません。本から得た知識や情報は、普段の業務や飲み会で実際に使ってみましょう。どれくらい頭が柔らかくなったか試すなら、新しい企画の考案などが適しているといえます。

本で読んだ内容がいろいろな場面で効果を発揮すれば、読書は無駄でなかったと実感できるでしょう。

効率的な読書方法とは

仕事が忙しくても、読書に励んでいる方は大勢います。以下にご紹介するのは、そんな方々が実践している効率的な読書方法の実例です。

思考を止めない

本の内容を効率よく頭に入れる工夫として、思考を止めない方法があります。書かれている事柄について常に考えながら、読書するスタイルです。

この方法では「読んでは止まり考える」を繰り返し、時には感想をツイートしながら先へ進みます。記載内容を職場のプロジェクトや自分の業務に当てはめながら考えていくと、思考の結果は仕事にも活きてきます。

30分ごとに内容をまとめる

読書時間が限られるなかでも実践しやすいと考えられるのが、30分ごとに内容をまとめる方法です。

30分間で可能な限り読み、一旦、内容をまとめるため中断します。その後、読書を再開するか他の作業を始めるかは自由です。30分あれば話はかなり進展するうえ、時間制限により集中しやすくなるといった効果も見込めます。

気になったらメモ

読書中、気になった部分をすべて記憶するのは大変です。文章に線を引く方法は一般的ですが、お気に入りの本に書き込みたくない場合には別途にメモする選択肢もあります。

あらかじめ用意するものは、ノートと筆記具です。覚えておきたい記述があれば、そのたびにノートにメモします。気になった部分を確認したい時にはノートを見返すだけで済み、本のなかを探す面倒はありません。

読書したらアウトプット

読んだ成果を必ずどこかにアウトプットすることで、読書に意味をもたせる方法も知られています。

読書を始める前に、アウトプットする場所を決めておきます。ミーティング資料、新企画の提案書、業務の改善プラン、いずれのケースでもかまいません。どんな形式であれ発表するとなれば、読んだ内容は自然と仕事に活かされます。

仲間や友人とペア読書

本の内容をしっかり記憶したい時、2人で一緒に取り組むペア読書は高い定着率を見込める方法です。

同じ本を2冊用意し、30分で読み、その後の30分で議論します。精読でなく要所だけ拾い読みすれば、長い時間はかかりません。それでも議論が前提になっているため、大切な部分は頭に残るとの話です。

読んだ身になる、あるいは仕事に活かせる効率的な読書術は、これらの方法にとどまりません。いろいろな読書術を試し、自分に合ったものを見つけてください。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ