弁護士選びは電話の印象も重視される?

2021.03.08業界関連情報
Pocket

法律関係のトラブルに悩む方が弁護士を選ぶ時には、専門性・実績やコストとともに弁護士の人柄なども重視するといわれています。弁護士の人柄は電話の受け答えから伝わる可能性があります。事務所の第一印象をよくするには、電話対応の方法をしっかり考えておくことが大切でしょう。そこで今回は弁護士選びで重視されるポイントをふまえながら、電話での印象をよくする訓練方法や電話代行を利用するメリットなどをご紹介します。

弁護士選びは電話の印象も重視される?

弁護士選びで重視されるポイント

弁護士を選ぶ際、とくに重視されるポイントは専門性や実績、コストなどです。さらに、弁護士の人柄・信念・信条も注目されています。そのため事務所の第一印象を左右する電話対応は重要と考えられます。

専門性・実績やコストを重視する傾向

最近の調査によると、弁護士に業務を依頼する時には専門性・実績やコストが重視される傾向です。

2019年12月、弁護士関連サイトとリサーチ会社により、弁護士を選ぶ基準について、全国規模のアンケート調査が実施されました。調査対象は、全国各地の18~69歳の男女1,236人です。

調査によると、実際の弁護士選びでは専門性・実績を重視したとの回答が49.1%とトップを獲得しました。次いで、コスト(費用・初回相談が無料であること)が46.6%と続きます。

弁護士への依頼料は決して安くありません。調査結果からは、費用を無駄にせず、希望する成果を得たいと考えていることが見えてきます。

弁護士の人柄・信念・信条も注目されている

弁護士選びでは、弁護士の人柄・信念・信条を重視するとの声も少なくありません。

調査結果を見ると、これまで弁護士を探した経験がある場合、実際に人柄・信念・信条を重視したとの回答は41.4%であり、コストに続き3位になっています。

さらに過去に弁護士探しの経験がない場合、これから依頼する機会があれば重視するとの回答は51.4%に達しました。この割合はコスト40.5%を上回り、専門性・実績68.9%に次ぐ2位を獲得しています。

以上の結果からは、弁護士探しの経験の有無を問わず弁護士の人柄・信念・信条が、専門性・実績・コストと並んで非常に重視されていると分かります。

電話対応の第一印象は重要と考えられる

弁護士選びで人柄・信念・信条が重視されている点をふまえると、電話対応の第一印象は重要と考えられます。

電話対応している時、会話の内容だけが伝わるとは限りません。場合によっては、その言葉遣いや話し方から人柄まで感じ取られることもあります。

弁護士事務所の電話対応も、例外ではありません。着信時の電話の受け方や通話中の会話の進め方は、事務所の第一印象を大きく左右する可能性があります。

印象の良し悪しは、依頼を受けられるかどうかに多少なりとも影響するでしょう。そのため、少しでも好印象を与えるには電話対応が重要になると考えられます。

電話対応の第一印象をよくする練習

電話対応の第一印象をよくする際、どんな声で話すかは重要なポイントです。声で好印象を与えるには、舌の使い方や発音を練習すると効果があります。

舌の使い方のトレーニング

舌の使い方のトレーニングとしては、舌の筋肉のマッサージ、舌のストレッチや舌回しが挙げられます。

舌の筋肉のマッサージは、舌の根元の辺りの筋肉を動きやすくする方法です。顎が角張った辺りの骨の内側は舌の根元の筋肉に連動しているので、この部分を揉むと舌の根元の動きが軽くなります。

舌のストレッチは、滑舌をよくするのに効果的です。舌を前方にできるだけ突き出してから元に戻すと、舌の筋肉が伸ばされ適度にリラックスできます。

舌回しは、舌の動きをよくする時に有効です。口を閉じたまま唇と歯のすき間に舌先を入れ、唇に沿って1周させます。この動きを何回か繰り返すと、効果が高まります。

発音を練習する方法

発音の練習で高い効果を見込めるのは、特定の音を何度も連続で発声する方法です。

まず特定の音を、「サササササ」や「タタタタタ」といった具合に連続で発声します。この作業を一通り済ませると、どの音が発声しにくいか分かります。

次は、口の開け方や舌の動きのチェックです。口の形や舌の動きは、音によって多少は異なります。発声が苦手な音で適切な口の開け方や舌の動かし方を練習すれば、クリアな発音の習得につながります。

練習中は、母音だけでなく子音もはっきり発声できているか意識するとよいでしょう。

発声する時の表情や姿勢も大切

印象のよい声を練習する場合、発声する時の表情や姿勢に注意することも大切です。

表情については、いつでも笑顔を心がけるのが望ましいといわれています。意識的につくった場合でも表情は豊かになり、口の動きが大きくなるとともに普段より明るく聞き取りやすい声を出せるためです。

発声する時の姿勢は、「声の通り」に大きく影響します。電話対応では、イスに座って着信を受けるのが一般的です。座席には浅めに腰かけ背筋を伸ばすと呼吸が深くなり、通りのよい声を出しやすくなります。

発声練習でも、実際の業務をイメージしながら笑顔と正しい姿勢を意識すると、好印象な声を習得するのに有効です。

電話代行を利用するメリット

弁護士事務所で電話代行を利用すると、業務負担を減らせるとともに、好印象の電話対応を実現できるメリットがあります。

事務所の負担を軽減

電話代行の利用は、多くの業務を抱える事務所の負担軽減に効果のある方法です。

弁護士事務所は法律に絡むさまざまなトラブルを扱うため、業務内容は多岐にわたります。依頼者から相談を受けるだけでなく、どんな解決策が望ましいか検討しながら各種の資料もつくらなければなりません。

法律関係の作業に追われるなか、電話対応のスキルも磨くとなると事務所の負担は重くなるでしょう。電話代行を利用すれば、一通りの電話対応は外部業者に任せられます。

電話代行に電話対応を一任すると好印象の声の習得に時間をかけずに済みます。できるだけ法律業務に専念したい時には有効です。

第一印象のよい電話対応を実現

電話代行であれば、事務所の第一印象をよくする電話対応の実現に大きく貢献できます。

電話代行は、弁護士事務所が法律分野を専門にするのと同様に電話対応を専門的に扱うサービスです。多くの職場では、サービスの品質に強くこだわっています。

オペレーターは、たいてい入社した時の新人研修で基本的なビジネスマナーや正しい言葉遣いを習得済みです。さらに日頃から発声練習を欠かさず、笑顔での電話対応に努めています。

事務所で電話対応のスキル向上に時間をかける余裕がないなか第一印象をよくしたい時には、電話代行の利用がおすすめです。

弊社サービスを利用するなら

弁護士事務所が電話代行サービス(株)を利用するなら、『士業専門 電話代行』が適しています。

弁護士事務所は、法律関係の専門的な用件で電話を受けるケースが珍しくありません。電話代行の利用を検討している事務所からは、専門性を求められる質問に手間取らないか不安視する声がよく聞かれます。

弊社が提供する『士業専門 電話代行』には豊富な業務実績があり、用語研修も実施しています。オペレーターは専門的な用件でも適切に処理できるため、不信感を抱かれる心配はありません。

法律に絡むさまざまなお問い合わせに戸惑うことなく対応し、事務所の信頼性や好感度アップをサポートします。

電話対応で事務所の第一印象をよくするだけでなく、電話してきた相談者や関係先からの信頼も得たいとお考えであれば、弊社サービスの利用をご検討ください。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社広報部
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ