コロナ禍による病院の人手不足を電話代行で軽減

2021.02.15電話代行
Pocket

昨今は新型コロナウイルスの感染が収まらず、医療機関では人手不足が叫ばれています。厚労省は離職防止対策などを施行していますが、十分に人員が補われているとはいえません。病院では、電話対応まで人員を割り振れないところも少なくないでしょう。そんな問題の解消には、電話代行を活用すると効果があります。そこで今回は、新型コロナウイルスの影響で負担が増す病院の現状をふまえ、電話代行がどんな形でサポートできるかご紹介します。

コロナ禍による病院の人手不足を電話代行で軽減

いま病院の人手不足は深刻に

新型コロナウイルスの感染が収束しない影響もあり、病院の人手不足は深刻な状況です。

収束しない新型コロナウイルスの感染

現在、新型コロナウイルスの感染は全国各地に広がり、まだ収束の兆しは見えていません。

新型コロナウイルスの感染報告は、いまも全国から聞こえてきます。地域によって報告数の違いはあるものの、全国的に感染が収束に向かっているとはいえません。

とくに都市部では再び感染が拡大する傾向にあり、予断を許さない状況になっています。警戒レベルの高い地域では、再度、緊急事態宣言が発令されました。

そんな現状のもと、いまだに新型コロナウイルス感染症は各方面に影響を及ぼしています。

医療機関の負担は増加

新型コロナウイルスの感染拡大により、医療機関の負担は全国的に増加しました。

新型コロナウイルスは感染力が高いと考えられ、全国の医療機関は感染を広げないために、感染者への対応と通常の診察とで受診窓口を分ける必要に迫られています。

受診窓口の分け方は病院によって異なりますが、多くの医療現場では新型コロナウイルス感染症への処置と通常業務を同時に進めなければならず、負担が増しています。

政府は医療機関の負担軽減策を探っているものの、現時点では決定的といえる解決策を見出せていません。

医療現場は人手不足が深刻に

全国各地の医療機関の負担が増すなか、とくに深刻化している問題が人手不足です。

現在、多くの病院では新型コロナウイルスの感染が拡大するのを防ぐため、受診窓口だけでなく感染者を受け入れる病棟も一般病棟と区別しています。

医療従事者は2つの病棟の患者さんを、これまで通りの人数で分担しながら診察しなければならず、多くの医療現場では深刻な人手不足に見舞われています。

医療現場は仕事量が増える一方で人員の補充は進まず、支援を求める声が少なくありません。

人手不足は、医療従事者が背負う負担を重くするだけでなく、多くの医療業務を妨げる恐れもあります。病院で人手が足りず適切に医療行為を施せなくなれば、重大な問題と考えられます。医療は命と深く関わる仕事であり、病院の正常な機能を維持するうえで人手の足りない現場への人員の補充は急務といえるでしょう。

人手不足が招く問題

病院の人手不足により危ぶまれている問題は、感染者への対応が不十分になる事態です。一般病棟の診察にも影響が及び、電話対応も間に合わなくなるかもしれません。

感染者への対応が不十分に

病院で人手不足が進むと、新型コロナウイルスの感染した方への対応が不十分になる恐れがあります。

新型コロナウイルスは、これまでに知られるコロナウイルスの症例を簡単に当てはめられないといわれる感染症です。すでに、前例の見られないケースがいろいろ発生しています。

ただ病院は人手が足りず、無症状や軽症と見られる感染者を十分に受け入れられない状況です。感染者によっては、自宅で経過観察している間に症状が急変する事態に見舞われています。

いま政府は万全を期すため医療提供体制の確保を進めていますが、それでも感染者への対応が不十分になる可能性は否定できません。

一般病棟の診察にも影響

病院の人手不足は、一般病棟の診察にも大きな影響を及ぼす恐れがあります。

病院勤務は、新型コロナウイルスの感染が拡大する以前から苦労の多い職場として知られてきました。医療従事者の多くは、普段から昼夜を問わず業務に追われ時間的な余裕がありません。

とくに現在は新型コロナウイルス感染症への対応に人手をかける必要があるなか、医療機関では一般病棟でも人材の確保が難しくなっているとの声が聞こえ始めています。

このまま人手不足が改善されないと、一般病棟の診察に支障が出る可能性もあります。

電話対応が間に合わない

電話対応が間に合わなくなる事態も、人手不足が引き起こす恐れのある問題です。

病院の電話は、自宅や外出先で具合の悪くなった方から連絡を受けるための大切な窓口です。電話対応が間に合わないと、診察や治療の遅れにつながる場合もあり望ましくありません。

とはいえ新型コロナウイルス感染症は収束する気配がなく、まだ人手不足の解消は難しいと見られています。同時に、今後しばらくは感染が疑われる方からお問い合わせの電話が数多く寄せられると予想されます。

そんな現状をふまえると、病院の電話対応が人手不足のため間に合わなくなっても不思議ではないでしょう。

病院が正常に機能するには、人手不足が招く問題を放置できません。新型コロナウイルスの感染を収束させるためにも、何らかの対策が急がれます。電話対応の問題を解決するには、電話代行を利用するのがよいと考えられます。

電話代行で病院の負担軽減

電話代行は、人手不足に悩む病院の負担軽減に少なからず効果を見込めるサービスです。

電話対応の遅れを解消

電話代行は、24時間365日にわたり電話対応の遅れを解消するのに効果を発揮します。

そもそも電話代行は、クライアントの代わりに電話を受けるサービスです。主な業務内容は電話対応であり、いつでもオペレーターは着信があると速やかに電話をつなぎ応対を開始します。

多くの電話代行は、24時間対応のサービスを用意しています。病院は夜間に緊急外来の連絡が入るケースもよく見られますが、このサービスであれば基本的に電話対応が遅れる心配はありません。

電話代行は24時間態勢での電話受付を実現し、迅速かつ適切な診察・治療の実施をサポートします。

言葉遣いは丁寧親切

電話代行による電話対応は言葉遣いが丁寧親切であり、電話してきた方に安心感を抱いてもらうのに効果的です。

電話代行で業務を担当するオペレーターは、常に丁寧親切な言葉遣いを心がけています。夜間にお問い合わせがあっても、思いやりのある言葉で対応する姿勢を忘れません。

たいてい病院には、体調に不安を感じた方が時間帯を問わず電話をかけてきます。オペレーターは相手の心情に寄り添いながら言葉を選んで受け答えるので、電話してきた方の不安を和らげるには効果的です。

とくに新型コロナウイルスの感染が疑われ不安になる方が少なくないなか、丁寧親切な電話対応がもたらす効果は大きいと期待できます。

弊社サービスは話を傾聴

弊社が提供するサービスは、いずれも話を傾聴する方針です。オペレーターは、電話の用件をいつでも適切に聞き取ります。

電話対応では、どんな用件で連絡してきたか正確に確認する必要があります。とくに病院の場合、電話してきた方の症状について詳細に把握することは不可欠です。

弊社のオペレーターは、あらゆる用件にしっかり耳を傾けます。病院への電話であれば、どの辺りに体調不良があるか可能な限りの詳しい聴取を怠りません。

弊社サービスは電話してきた方の容態をできるだけ細かく聞き、適切な診察・治療への案内役を果たします。

電話代行は、速やかな電話対応や丁寧親切な言葉遣いで病院の負担軽減に力を発揮します。とくに弊社サービスは詳しく話を聞くことに努めますので、人手不足で電話対応が間に合わない時には、遠慮なくご利用ください。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社広報部
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ