電話代行で働くのに向いているのはこんな人!

2020.03.27電話代行
Pocket

どんな仕事でも、仕事を探している時や実際に働いている時「自分はこの仕事に向いているのだろうか?」と考えることはあります。“未経験大歓迎”の文字が求人情報などでよく見られますが、本当だろうかと不安に思ってしまうものです。どんな仕事にも向き・不向きはあるものです。そこで、本記事では電話代行で働くのに向いている人物についてお伝えします。

オペレーター

声が聞きやすい人

電話代行の仕事は電話越しでの対応となりますので、はっきりしゃべることができる人や聞き取りやすい声をしている人は電話代行の仕事に向いているでしょう。しかし、元々声質に自信がないという方が電話代行で働くのに向いていないかというと、そうではありません。

聞き取りやすい声を出すためのトレーニングを行うことで声は改善できます。

例えば、腹から声を出すことでボリュームを大きくする、口を大きく開いて喋ることで滑舌を意識する、早口にならないように落ち着いて話すなど、日頃から喋り方を意識するだけでも十分なトレーニングを行えます。なので、声質については毎日の意識によって改善できる要素と言えます。そういった努力ができれば、電話代行の仕事に向いている人になれます。また、喉を痛めると声がかれてしまうため、喉のケアを含めた体調管理も大切です。

 

切り替えが早い人

オペレーター

電話代行で働く上でどうしても避けて通れないことの1つとして、クレームの対応が挙げられます。クレーム内容は多岐に亘りますが、どのような内容であったとしても電話先のお客様は不満を抱えています。お客様によっては、ストレートに厳しい意見をおっしゃることもあるでしょう。

仕事に真摯に向き合うことは大切ですが、真面目に受け取りすぎてストレスが溜まり、その後の対応に影響が出るようではいけません。

なので、1件ずつ柔軟に受け止め、次の対応に向けて上手く切り替えていく姿勢が電話代行で働くには必要です。切り替えが早くできることで仕事の質も向上するので、切り替えが早い人は電話代行で働くことで実力を発揮できるでしょう。

 

素直な人

電話代行に限ったことではありませんが、素直であればあるほど業務知識を上手く吸収し、早く成長します。研修の際には、先輩職員の話をしっかりと聞いて自分の力にすることが必要です。

また、時には上司への取り次ぎや多量の顧客対応、対応中にマニュアルにない不明点が出るなど、自分1人では対処しきれない事態が起こることがあります。そういった時に、素直に人に助けを求めることができ、対応後にきちんとお礼が言える人物は電話代行業で働くのに向いているといえるでしょう。

力の抜きどころが分かっている人

リラックス

電話は1日中ずっとかかってくる訳ではありません。時間帯によっては多忙となったり手空きとなったりとまちまちなため、この波に振り回されることもあるでしょう。

電話代行の仕事は、我慢強さと同時に力を抜くところが分かっている人が向いているといえます。

なぜなら、常に張り詰めた状態でいては平常心を持ち続けることは難しく、普段ならしないようなミスを引き起こしたり仕事の質が時間の経過とともに下がってしまったりします。なので、適当なタイミングで上手く息抜きするスキルを身に付ける必要があるのです。

前述の“素直な人”と少し重なりますが、多量の業務で押しつぶされてしまいそうであれば、周囲に甘えながら業務を進めるとよいでしょう。もちろん、頼るばかりでなく周囲の仲間が力を抜けるよう、助け合う姿勢を見せることも大事です。

 

おわりに

どんな業務にも得意不得意はあり、もちろん電話代行の仕事も同じです。本記事を読んで、電話代行で働くために必要なスキルはいずれも日頃の意識次第で習得できることがわかって頂けたと思います。

ここまでに挙げたポイントを見て「自分は〇〇に当てはまるから不向きなんだ」と捉えるのではなく、「〇〇のようにすれば大丈夫なんだ」といった具合に参考としてみてください。どのような人であっても、自ら成長する強い意思さえあれば電話代行の仕事に向いているといえるのです。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ