求人受付専門 電話代行が派遣会社の人手不足を救う

2020.02.12電話代行
Pocket

いま、多くの人材派遣会社にとって人手不足は大きな悩みの種になっています。しっかり人材を確保したいと考えるなら、応募者からの電話には時間がかかっても丁寧に対応することが望まれるでしょう。多忙のため時間的余裕がないなら、『求人受付専門 電話代行』が力になります。今回はこのサービスが人材派遣会社にどんなメリットをもたらすかご紹介しますので、ぜひお役立て下さい。

派遣会社

 

人材派遣会社によく見られる問題点

最近、人材派遣会社によく見られる問題点が人手不足です。派遣業そのものは需要が低くないものの、人材確保に苦労する業者は増加傾向にあります。

 

派遣会社にとって人材確保は重要性が高い

人材派遣会社の仕事は、簡単にいうと人手を求める企業と働きたい方を橋渡しすることです。とはいえ具体的な業務は多岐にわたります。人材を派遣して終わりではありません。

まず派遣先となる企業を見つけ、同時に派遣するスタッフを用意する必要があります。両方がそろわないと、派遣会社は仲介できません。企業にスタッフを受け入れてもらうため営業活動は怠れませんが、そのニーズに応えられる人材の確保も重要になります。業務をスムーズに進めるには、より多くの方に派遣スタッフとして登録してもらうことが不可欠です。

企業にスタッフを配置した後は、就労状況の確認が欠かせません。多くの場合、定期的に派遣先を訪れ不都合がないかチェックします。よく起きる問題は、欠員の発生です。個人的な理由で仕事を辞めるケース、また人間関係のトラブルで配置転換になる場合もあります。派遣先の要望に合わせ人員補充するために、派遣会社では登録スタッフを十分に用意しておかなければなりません。

これらの事情から、派遣会社において人材確保は業務を遂行するうえで必須となる重要な要素に位置づけられています。

 

多くの会社を悩ませる人材確保の難しさ

さまざまな業務に深く関わる人材確保ですが、近年、その難しさが多くの会社を悩ませています。

こんな状況が生まれた背景として、ひとつには派遣会社の増加が挙げられます。派遣スタッフとして働こうと考える方は、数多くの選択肢を検討できる様になりました。各々が自分の希望に見合ったところを選ぶことで、登録者はさまざまな会社に分散したのです。同業者の競争が激しくなるなか、人材の確保はかつてほど容易ではなくなっていきます。

もうひとつの大きな要因は、派遣スタッフの雇用状況があまり恵まれていない点です。派遣スタッフは短期契約になるケースが目立ち、正規社員ほど条件がよくないと指摘されています。最近は景気回復の兆しもあり、多くの企業は正規の採用枠を広げ始めました。その影響により正規雇用の希望者が増え、派遣会社に登録する人数は減少傾向にあります。

厳しい社会状況のなか豊富な人材を確保していくには、応募者に対する受付体制をしっかり整えて取りこぼさないことが大切と考えられます。

 

 

『求人受付専門 電話代行』の特長とメリット

派遣会社に限らず求人に応募してきた方への電話受付を充実するなら、『求人受付専門 電話代行』はおすすめのサービスです。

 

サービスの特長

『求人受付専門 電話代行』は、応募者にとって入り口となる電話受付において応対業務を適切に進めます。

まず大きな特長となるのが、応答率の高さです。平均98%以上の実績がある弊社なら、せっかく電話してきてくれた応募者を長くお待たせする心配はありません。貴社が数多くの業務に追われている場合や人手が少なく電話を受ける余裕がない時も、取りこぼしなく確実に対応いたします。

受付窓口を一元化できる点も、このサービスならではの特長です。ひとつの窓口だけで対応するため、案内する内容や説明方法を統一できます。応募者が職種や勤務先を選べる場合には、希望内容に応じて説明項目を変えることも可能です。いずれにしても、窓口が分散することで応募者に伝わる情報が違ってしまう心配はありません。

24時間365日体制で電話対応に臨めるところも、主要な特長に挙げられます。応募者からの電話は、業務時間外や週末にかかってくる場合もあります。そんな時、会社で対応するとなれば残業や休日出勤を避けられないでしょう。終日にわたり弊社のオペレーターが着信を受ければ、会社の負担を減らせるとともに人材確保の増加にもつながります。

 

人材派遣会社で活用するメリット

『求人受付専門 電話代行』を人材派遣会社で活用する主なメリットは、確実に電話を受けられ柔軟に対応できる点です。

現在、とりわけ人材確保が難しいといわれる派遣会社の場合、着信の取りこぼしは少しでも防ぎたいところでしょう。弊社は、これまでに蓄積したデータをもとに必要な人数のオペレーターを配置します。コール数が増えた際、ご要望があれば人員補充にも対応可能です。過不足ない人手で業務に臨むため、98%以上に達する応答率を実現できています。

派遣会社はさまざまな職種で求人広告を出しており、応募内容も多様です。通常のバイト募集と異なり、電話対応では案件によって説明を変えなければいけません。弊社のサービスには柔軟性があり、応募者の希望に合わせ情報提供いたします。各々の案件ごとに応募資格や勤務地を細かく説明するので、応募者に満足していただける可能性は高いでしょう。

『求人受付専門 電話代行』は、取りこぼしなく臨機応変に電話対応できる意味で人材派遣会社とは相性のよいサービスといえます。

 

 

柔軟性に富むトーク事例をご紹介

人材派遣会社にはいろいろな応募者から電話が寄せられます。一律な案内では処理しきれません。以下は、希望の異なるA様とB様のお問い合わせに『求人受付専門 電話代行』のオペレーターがどんな具合に対応を変えるか示したトーク事例です。

 

とりあえず登録希望のA様

オペレーター「お電話ありがとうございます。人材派遣の□□です」

A様「そちらにスタッフ登録をお願いしたいのですが」

オペレーター「ご登録希望ですね。最初に、お名前とご連絡先を頂戴できますか?」

A様「名前は○○、電話番号は××です」

オペレーター「(復唱する)ありがとうございます。弊社に未登録の方には、まず登録手続きを済ませていただいております。次回は△△ビルにて来週の月曜日と木曜日に登録会を開催予定ですが、どちらに参加されますか?」

A様「月曜でお願いします」

オペレーター「承りました。では、来週の月曜日に△△ビルへお越し下さい。その際、身分証と筆記用具をご持参下さい」

A様「分かりました」

オペレーター「他に、何か不明点があればお伺いします」

A様「いえ、ありません」

オペレーター「承知しました。では当日、現地にてお待ちしております。登録会場が分からない時などは、遠慮なくお電話下さい。では、失礼いたします」

 

事務職希望のB様

オペレーター「お電話ありがとうございます。人材派遣の□□です」

B様「先日、そちらに登録した▽▽です。事務職を希望したのですが、どんな派遣先があるか教えてもらえますか?」

オペレーター「弊社でご紹介できる派遣先についてのご質問ですね。現在、紹介可能な企業様は5社ございます」

B様「勤務地はどこでしょうか?」

オペレーター「東京都新宿区が3件と千代田区が2件です」

B様「何か、必要な応募資格はありますか?」

オペレーター「いずれの企業様も、2年以上の事務経験を希望されています」

B様「時給はどれくらいですか?」

オペレーター「基本は1,200円ですが、経験年数などを考慮するとのことです」

B様「分かりました。いろいろ確認できて、助かりました。ありがとうございます」

オペレーター「いいえ、とんでもありません。また何か疑問点などありましたら、いつでもご連絡下さい。では、失礼いたします」

 

人材派遣会社の電話対応では、応募者への説明に多くの時間を要します。それでも、丁寧に回答すれば会社のイメージを向上できるでしょう。応募者の信頼を獲得し人手不足を解消するためにも、『求人受付専門 電話代行』の活用をおすすめします。

 

参考サイト:

https://biz-journal.jp/2019/04/post_27269_2.html

https://www.j-cast.com/kaisha/2018/02/13321018.html?p=all

https://careergarden.jp/jinzaihakenkaisha/work/

https://denwadaikou.jp/service/job-offer/

 

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ