電話代行で身につく様々なスキル

2020.02.07電話代行
Pocket

電話対応というのは、相手に会社の印象を与える重要な仕事であるため、様々なスキルを必要とされます。電話対応のプロである電話代行で働くことで、マナーやコミュニケーション能力といったビジネスにおける重要なスキルを身に付けることができます。そこで今回は電話代行で働くことで身に付く様々なスキルをご紹介していきます。

オペレーター

 

コミュニケーションスキルが磨かれる

電話代行の仕事は様々な人と話すという経験を積むことで、コミュニケーション能力の向上が期待できます。相手の姿が見えない分、声だけで必要なことを伝えて判断する必要があるので、相手のタイプや年齢に合わせた声や言葉のチョイスができるようになります。また、相手に失礼のない対応をするために正しい敬語を必然と身に付けるようになります。高いコミュニケーションスキルは誰とでも良好な人間関係を築くことができますし、マナーを知っておくことは自分の人間性を高めることにつながるので、こうした能力は日常生活でも活かすことができます。

 

ビジネスの流れが分かった

PDCA

窓口業務である電話代行ではビジネスの流れを学ぶことができます。どのようにして相手にマーケティングを行いどのような結果を望めるのか、といった部分を最前線で見届けることができるのです。

また、ビジネスにおいてはPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字をとったPDCAサイクルというビジネス用語がよく使われています。目標を設定し計画を立て、その計画を元に実行します。その後、計画に沿った実行ができていたのかの検証を行い、検証結果で見えた改善案を見出すというサイクルがビジネスにおいて大切だといわれています。

臨機応変なサービスが求められる電話代行を経験すると、このPDCAサイクルを自然と回せるようになるでしょう。

 

内容を記録する入力の正確性とスピード

電話代行の仕事は、電話対応の他に依頼主に電話対応の内容を知らせるということがあります。サポート内容によっても異なりますが、対応内容をデータ化した資料を作成することもあるため、必然的にタイピングスキルや入力速度を向上させることができます。タイピングは早さだけではなく、正確性を高められるというのもポイントです。現代の日本においてはビジネスのみならずPCを使うシーンは多々あり、高いタイピングスキルを持っていることはどんな仕事についても作業効率をアップさせることができるので、能力を発揮しやすくなります。

傾聴の力が付き、耳が発達する

傾聴

電話代行は基本的に口頭での対応となるため、傾聴力を高めることができます。

これにより、

・相手が言いたいことを即座に要約できる
・内容を即座に要約することで問題解決の糸口を見出せる

といったスキルを身に付けられるようになります。

コミュニケーション能力の1つでもある傾聴力を上げることでより深く相手を理解できるようになり、相手が何を求めているのかが明確になった上で行動できるのでよい人間関係を築きやすくなります。

 

おわりに

このように電話代行ではマナーはもちろんのこと、高いコミュニケーション能力や傾聴力といったスキルを身に付けることができます。これらは、ビジネスで成功する要素が凝縮されているだけではなく、人間としての力量を高められるスキルを身に付けられるのは、電話代行ならではのメリットです。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ